方法、手法

炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

炭酸飲料の飲み残し

炭酸飲料の飲み残しは、蓋を閉めて保存している人が多いですが、そんなことしても炭酸は抜けてしまいます。

炭酸が抜けないようにする方法はたったひとつ。

飲み残した炭酸飲料に金属の棒を入れればよいだけ。

銅やアルミといった金属が一番ベストですが、普通の金属でも大丈夫。

例えば、フォークやナイフ、あるいはスプーンなら、どこの家庭でもあると思うので、それを飲み残した炭酸飲料に挿し入れて、冷蔵庫に保管してください。

常温保管では、絶対に炭酸が抜けてしまうので、必ず冷蔵庫保管してください。

ペットボトルの場合、飲み残しが少なく、金属の棒が挿せないときは、コップに移してください。

コップに移す場合は、出来るだけ細いコップを選び、出来るだけ液体の深さが大きくなるほうが効果は高い。

 

メカニズム

炭酸飲料を製造する過程では、炭酸ガスを飲料に入れるとき、元になる飲料水を極端に冷やします。

冷えれば冷えるほど、炭酸ガス(二酸化炭素)は入りやす(溶解度がたか)くなります。

ということは、飲料が温もれば炭酸は出ていきやすくなります。

だから、炭酸飲料は必ず冷やして保管する必要があります。

とはいえ、炭酸飲料が冷えていても、炭酸ガスは徐々に抜けていきます。

それを防止するために、炭酸飲料に温度の違う層を作ります。

その手段として、金属の棒を挿すわけ。

これを「コールドプラグ」といいます。

熱伝導率の良い金属の棒を挿すと、差し込まれていない部分よりも冷えます。

参考:水は4℃が一番密度が高く重くなる。

つまり、冷えた炭酸飲料は比重が高くなるので重くなり、下にたまります。

炭酸ガスの溶解度は、温度が低い方によく溶けるから、炭酸ガスは温度が低い液体側に移動します。

すると、飲み残した炭酸飲料の上部分には、気体が溶解しにくい層があるので、ちょうど蓋をされているようなことになります。

 

炭酸飲料は水筒に入れてはいけない

いくつか理由がありますが、今回の記事のテーマとして、まず炭酸ガスが抜けます。

水筒は、液体の密閉ができるように設計されていますが、気体の密閉は考慮されていません。

一見、炭酸が抜けにくそうに思いますが、炭酸は抜けます。

あと、炭酸の影響で水筒の中の圧力が高くなり、蓋が開かなくなります。

絶対に危険ですから、水筒に炭酸飲料を入れることはしないようにお願いします。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    超初心者向けの重量計算の方法

    重量を求める式はとても簡単で、体積に比重をかけるだけ。重量 = 体積 …

  2. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計の組み立て編

    板金設計の分野はシリーズ化して記事を投稿しています。曲げ加工編、ねじ穴…

  3. 方法、手法

    AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート対応

    どうも、「ポリシー違反の疑いがあるページがあります」ってことらしいです…

  4. 方法、手法

    携帯電話が圏外になったら15cm移動してみて

    街中で携帯電話が圏外になったら、1歩踏み出して移動してみる。街中で携帯…

  5. 方法、手法

    冬のバイク生活に必要なグリップヒーターの自作

    市販のグリップヒーターはグリップのゴム内部にニクロム線が埋め込まれてい…

  6. 方法、手法

    溺れた人を助けに行って死ぬってどういうことなのか?

    毎年、溺れている人を救助した人がお亡くなりになっています。私は、自分が…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    タオルが臭わなくなる方法
  2. 考え方

    性格や心理状態で目に見える色が変わる
  3. 考え方

    ナメクジの駆除方法・・・塩?いや砂糖?
  4. 方法、手法

    アイソメ図の書き方
  5. 考え方

    視覚障害の方のことを考えて、ブログ記事を見直します。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。