方法、手法

パック寿司をおいしく食べる方法とお店での基本的な食べ方

パック寿司をおいしく食べる方法とお店での基本的な食べ方

基本的な、お寿司の食べ方。

スーパーに打っているパック寿司をおいしく食べる方法。

この2点の記事を書いてみました。

 

お寿司の食べ方

正しいお寿司の食べ方を調べてみると、いろいろあります。

基本的には作法など気にせず、お気軽に食べても大丈夫です。

私からは、最低限のマナーだけ記載します。

お寿司は、お箸でも手で食べてもどちらでも大丈夫。

どちらが正式ということがありません。

お箸であっても、食べる前は手を洗い、おしぼりで手をきれいにしておきます。

お醤油はたくさん入れないこと。

何度も追加すればよいので、少量だけお皿に入れます。

手で食べる場合は、親指と中指と人指し指の3本の指でお寿司を挟みます。

ネタの先にすこしお醤油をつけて食べます。

箸の場合は、手で持つようにホールドできませんので、横になるように掴んでネタの先にすこしお醤油をつけて食べます。

薬味がついたお寿司や軍艦巻きなどは、適量のガリ(生姜)をお醤油に浸して、そのガリで”ちょんちょん”とネタにつけて食べます。

いくらの場合は、醤油漬けしていることが多いので、お醤油をつけずに食べます。

 

注文するネタの順番にも、暗黙のルールがあります。

いきなり、味の濃いアナゴを注文すると、影で笑われるかもしれません。

特にこだわりがないなら、次の順番で注文するといいでしょう。

サッパリ系のネタ → 味の濃いネタ → 甘いネタ → 軍艦

なんでも通は、一番初めにコハダを注文するようです。

理由は、そのお店の板さんの“腕”がわかるから。

青物のコハダは意外に難しく、腕の差がよくわかるみたい。

パック寿司にひと手間かけておいしくする

1.ネタとシャリを分解します。

2.シャリは電子レンジで温めます。

500Wで20秒

3.ネタは素早くささっと水洗いします。

洗うというより、水でさっと流す程度。

※手の温度がネタに移らないように手早く

※水の温度が高いと脂が溶けるので冷水がよい

4.ネタの水分はキッチンペーパーで素早くふき取る。

5.ネタとシャリを合体(戻す)させれば完成。

 

さいごに

お寿司の食べ方は、お醤油をつけすぎないことと、シャリにお醤油をつけないことがポイント。

食べる順番は、一番初めの注文だけ気をつけていれば、そんなに大きな問題にはなりません。

鯛などの白身のネタを先に注文するようにすればよいでしょう。

スーパーで売っているようなパック寿司でも、少しの手間でお寿司屋さんで食べるように、握りたてのような感じに仕上がります。

シャリは、崩れやすくなってることもあるので、手で食べることをおすすめします。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    水槽で使う、ぶくぶくポンプの作り方

    作り方によっては、本当に静音仕様に作ることが出来ます。夏休みの工作にい…

  2. 方法、手法

    しゃっくりをすぐに止める方法 善ちゃんのレポート付き

    4.飲み物を口に含んだ状態で10秒カウント5.カウント終了後、吸いとっ…

  3. 方法、手法

    米国特許庁から特許公報・公開公報を参照する方法

    米国特許庁のホームページでは、1976年1月以降の特許公報のデータと、…

  4. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 汗編

    私たちの生活では、クーラーがあるのが、あたりまえになっています。クーラ…

  5. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。

    ご飯は、電気炊飯器のほうが上手に炊けるという”常識”を疑って見ましょう…

  6. 方法、手法

    LINEを使えば固定電話や国際電話にも無料通話ができる。

    1日5回まで利用可能固定電話への通話:3分/回携帯電話への通話:1分/…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    一時的ではなく、根本的に口臭を消す方法
  2. 方法、手法

    エアコンの電気代を節約する方法
  3. 方法、手法

    ICAD/SXはカスタムすればストレスがなくなる
  4. 考え方

    【衝撃の結果】勉強を時給に換算してみたら…
  5. 方法、手法

    家庭用コンセントのお話
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。