方法、手法

へこんだ畳の修復方法

畳の宿命

畳の宿命は、避けられないのだろうか。

畳の表面に使われている、イグサは中に空洞がたくさんあります。

ですから、そんなに重くない物であっても、長時間置いておくと簡単にへこみます。

そう、へこんでいるのはイグサなんです。

部屋の模様替えをしたときに、家具を移動させると、畳にはくっきりと型が残っています。

つい先日も、友人宅にお邪魔したとき、畳がへこんでいるのを見つけました。

このへこみは、ものすごく簡単に修復できるのですが、へこんだままってことは修復方法を知らないんだろうなと思い教えてあげました。

もしかして、他にも知らない人がたくさんいるかもしれないと思って記事にしてみました。

とにかく、ものすごく簡単にできますので、やらない選択がありません。

 

修復のしくみ

先ほど説明したように、イグサの中には空洞がたくさんあります。

へこんでいるのは、その空洞が潰れているのが原因です。

イグサに水をしみこませると、潰れていた空洞が水で満たされるので、膨らみます。

(ひじきを水で戻すイメージです。)

さらに、それが乾くと元の形まで戻っていきます。

 

へこんだ畳の修復方法

準備するものは、「水の入った霧吹き」と「ドライヤー」のみです。

まず、畳のへこんだ部分に霧吹きを3~5回ほどスプレーします。

その後、手で”トントン”と、軽くたたいて水をイグサに染み込ませます。

30秒ほど放置したら、次はドライヤーで乾かします。

この時に注意しないといけないのは、ドライヤーを近づけすぎないことです。

目安は、15cm離してドライヤーで乾かせます。

もしも、一回でへこみが思ったように戻らない場合は、2回ほど繰り返してください。

畳の製造工程にも霧吹きを使用

畳を作るときも、イグサに霧吹きをしながら作ります。

霧吹きを使わないと、ピンと張った畳が作れないといいます。

これは、イグサの性質をうまく利用した作り方だったんです。

この性質を利用して、へこんだ畳に応用した修正方法です。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    あなたの鼻毛は大丈夫ですか?

    実に大切な役割を果たしている鼻毛。とても必要なものですが、見えるとめち…

  2. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計のねじ穴編

    今回の記事は、板金設計における穴やねじなどの加工についての設計ノウハウ…

  3. 方法、手法

    A4サイズを封筒にピッタリ収まるように、三つ折りにする方法

    申込用紙や手紙などは、A4サイズが主流です。それを、入れる封筒は、三つ…

  4. 方法、手法

    家庭用コンセントのお話

    意外に知らない人が多いのですが、電位がゼロの大きい方の穴は、大地にもつ…

  5. 方法、手法

    新車を安く買う方法、レクサスだって例外じゃない!

    このマニュアルには53万円の値引きが実現しているとなっています。…

  6. 方法、手法

    怒りの気持ちと上手に付き合う方法

    どうやって、伝えればいいのか伝える時には、「私(俺)」を主語にして話す…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. トレンド

    2017年12月6日 NHKが裁判で負けました。
  2. 考え方

    眼の錯覚なのか、エアコンの室内機が傾いているように見えるのはなぜか
  3. 方法、手法

    集中力を高めるための環境づくり
  4. 思い出

    活字やニュースを鵜呑みにしてはいけない
  5. 方法、手法

    交通事故の被害者になったときに絶対抑えておくべきポイントを公開
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。