考え方

車の内部循環と外気導入は普段どうするの?

車の内部循環と外気導入は、普段どうするのか?

基本は外気導入

多くの車に搭載されている取扱説明書には、通常運転時は、外気導入をしてくださいと記載されているはず。

ですので、通常は外気導入にしておくのが正解。

善:「えー、俺ずっと内部循環だぞー。」

しず:「実は、俺も」

善:「ん?じゃーなんで?」

しず:「それぞれに、メリットデメリットがあって、うまく使い分けるといいみたい。」

 

内部循環はいつ使うの?

夏に、冷房運転をつけた時、早く温度が下がるのは、内部循環です。

冷房をつけた時、特に初期の段階では、内部循環がおすすめです。

最近の車は、AUTOエアコンが多いです。AUTOといっても、最近の車では内部循環と外気導入までコントロールしてくれる車種もあります。

このような、車であれば、なにも考えなくてもいいのですが、ひとつ注意があります。

熱いからといって、AUTOにせず、手動で18℃設定にして、送風を強にしたりする人がいますが、まったく無意味。

やってはいけないとまでは言いませんが、どちらかと言うと、効率が悪くなりますので損。

他には、外の空気が汚れているトンネル内とか渋滞時、牛小屋の近くを通過するときなんかは、内部循環のほうがよさそうです。

善:「牛小屋って、ものすごくニッチなケースやな」

 

ずっと内部循環は駄目?

エアコンの効率があがるので、コンプレッサーの負担が少ないぶん、燃費は良くなる傾向があります。

しかし、酸素濃度が問題になります。

酸素濃度が低下すると、意識レベルが安定しなくなります。

また、睡魔もおそってきて、安全の観点からは、オススメできません。

自動車メーカーが外気導入を進めているのはこの観点だと言えます。

 

外気導入で車内が汚れる噂

すべての車には装備されていませんが、最近の車では多くの車種で、エアコンフィルターが付いています。

このフィルターの性能は思った以上に良いので、普段は外気導入でも問題ありません。

善:「こんな車でも内部循環の切替え装置ついてるのかなぁ? あ、そうそうエアコンフィルターとかも」

しず:「・・・はぁ~ぁ(ーー;)」

窓ガラスが曇るとき

内部循環だと、湿気が上がる一方ですので、車内の窓ガラスは曇る傾向にあります。

特に、冬だとすごく曇りやすいし、コンプレッサーも気にしなくていいので、ほぼ外気導入でよさそうです。

メーカーは、安全第一なので、窓が曇っては、安全運転に支障が出ると考えているので、通常は外気導入としているのでしょう。

いかがでしたか? 内部循環と外気導入にはそれぞれメリットがあります。

その状況に応じて使い分けることで、車内環境を快適に保ち運転することができます。

通常は、外気導入が正しい。

善:「じゃぁ、曇ってきたり、眠くなったりしたら、外気導入にして、牛小屋の近くを通るときには必ず、内部循環にすればいいな!」

しず:「善ちゃんは、牛小屋に食いつくんですね。」

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    知ってるほうがいい、マスクの良いところと悪いところ

    ちょっとしたライフハックですが、メガネが曇りにくくなる方法を紹介します…

  2. 考え方

    『エコキャップ運動』は本当にエコなのか?

    この活動を『エコキャップ運動』といいますが、確かに、2005年までペッ…

  3. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くない

    気象庁の、気温上昇予測によると、年間平均で3℃あまり気温が上がり、10…

  4. 考え方

    趣味の探し方と見つけ方

    「趣味」とは私の辞書で、調べてみると、このように書かれていました。「仕…

  5. 考え方

    洗濯機は、ドラム型と縦型ではどちらを選ぶべきか?

    実際にどうなのかトータルなコストを比較してみました。ご覧のとおり、ドラ…

  6. 考え方

    眼の錯覚なのか、エアコンの室内機が傾いているように見えるのはなぜか

    エアコン工事が終わり、室内機を凝視すると、気が付く人がいるかも知れませ…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    書類をめくる時は、指サックを付けなくても、ペロペロ舐めなくてもいいのです。
  2. 方法、手法

    カビキラーもどきの作り方
  3. 方法、手法

    セスキってなに?
  4. 方法、手法

    加工硬化とは
  5. 方法、手法

    交渉では絶対に相手を倒してはいけない理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。