考え方

ダイオキシンは、そんなに有害じゃない

ダイオキシンは、そんなに有害じゃない

ダイオキシンに、怯える善ちゃん

倉庫にしている土地に、雑草が良く生える場所があります。

平面は、土地改良剤で、カチカチに固めて、さらに砕石を分厚く敷き詰めているので、トラックの乗り入れにも耐えられるし、雑草が生えることもありません。

ただ、経費の都合で、法面(のりめん)だけは、なにも処理をしていません。

※法面とは、土地の斜面になっている部分を言います。

そんなこともあって、法面は、油断したら雑草がすぐに生えてしまいます。

去年(2016年)の事でしたが、春の繁忙期と夏の繁忙期の間に、休息の谷間の時期も、まぁまぁ忙しく、法面の雑草を放置していた時期がありました。

 

 

秋の時期

秋の時期も、まぁまぁ忙しく、冬に差し掛かろうとしていた時

ふと、土地の法面を見てみると、雑草が思った以上に成長していました。

いや、成長しすぎて、もはや、それは木にまで成長していました。

 

善:「あのー、やっと雑草処理しようと思えた時に、法面を見たら、めっちゃびっくりしたわ。」

しず:「なになに、マツタケでも生えてたんか?」

善:「そうそう、マツタケが生えてて・・・って、しょーもないノリつっこみさせるな! そうじゃなくてー・・・雑草が、木になってんねん」

しず:「じゃ俺も、ノコギリ持って、手伝いに行くから、一緒に雑草処理しよっか」

善:「ちゃうねん、もう、そんなレベルと違うねん。法面が雑木林っぽくなってるから」

私も、確認しましたが、本当に雑木林っぽくなっていました。

木々の成長の速さに、びっくり。

ノコギリでは、時間がかかりすぎます、そこで、チェーンソーを調達しました。

チェーンソーはすごいです、あれだけあった木が、あっという間に伐採できました。

その時の様子

善:「よっしゃー、これさえあれば、楽勝。むしろ、楽しいかも!」

しず:「軽トラを下に置いとくから、荷台にどんどん投げ入れてねー」

善:「順調、順調」

しず:「怪我せんようになー、俺はチェーンソーが怖いから上で、焼却炉の準備しとくわー」

 

数分後

 

イデッ

 

イッたー

 

痛い!

 

めっちゃ痛い、なにこれ?

 

あー、くっそー

 

 

いっ痛い!

 

 

しず:「どっどうしたん?さっきから・・・大丈夫?」

善:「くっそー、野バラもいっぱい生えてるわ」

しず:「楽勝とか、楽しそうとか、言ったけど、けっこう茨(いばら)の道やな」

善:「うまいこと言ってる場合ちゃうわ! 痛すぎて、だんだんムカついてきたわ」

しず:「まぁ、落ち着こうよ、休憩しながらゆっくりやろうよ。」

 

そんなこんなで、雑草(木々)の伐採が終わって、焼却していた・・・その時。

 

善:「これって、いっぱいダイオキシンが出てるのと違うか?」

しず:「いや、ほとんど出てないよ、きっと。」

 

ダイオキシンの発生条件

最近の研究結果から、ダイオキシンの事も、よくわかるようになってきました。

ダイオキシンが発生する条件は、塩分のあるところで、有機物を、300℃~500℃で燃焼させると合成されることがわかっています。

 

善:「ふーん、そうなん、なるほど・・・じゃぁ大丈夫やな。・・・ん?ちょっと待って」

しず:「なに?」

善:「じゃぁ、俺がよく行っている、焼き鳥屋って、どうなるんやろう」

しず:「まぁ、ダイオキシンの製造工場やな」

善:「ひっひぇ~」

しず:「別に、ダイオキシンぐらい、全然大した事ないから、そんなに気にするなって」

善:「俺、ダイオキシンが一番きらいやねん!」

しず:「この前、虫が一番嫌いって言ってたよ。」

善:「俺が言う、一番きらいは、とにかくたくさんあるねん」

善ちゃんの言っているように、焼き鳥屋はまさに、鳥(有機物)に塩を振って、焼いて(燃焼させて)いるので、ダイオキシンの発生条件にぴったりと当てはまります。

でもこれ、ご家庭でも、同じことが起きています。

魚(有機物)に塩を振って、焼いて(燃焼させて)いるので、やっぱりダイオキシンは発生しています。

別に、いまさら驚く必要はありません、こんなことは、昔からやっていたことです。

それで、病気になったって聞いたこともありません。

 

ダイオキシンの毒性

ダイオキシンの生物への影響が発覚したのは1970年ごろ。

それは、ベトナム戦争で、使用された「枯れ葉剤」の成分がダイオキシンだったから。

さらに、マウスなどの動物実験で、非常に強い毒性を示す、実験結果がでました。

この実験結果に基づいて、日本では90年代の後半ごろから、ダイオキシン規制が始まりました。

これは、学問的に現時点では、明確に判っていないので、予防的に規制するという「予防原則の規定」からのもの。

私は、わからないことについては、大事をとっておいて、厳しい数値で規制しておくとした、この姿勢は間違っていないと思います。

かつて、日本では、公害問題によって、数々の被害を受けていることを忘れてはいけません。

 

・亜硫酸ガスが四日市ぜんそくの原因だったこと

・メチル水銀化合物が水俣病の原因だったこと。

・カドミウムがイタイイタイ病の原因だったこと。

これらの事実は後でわかったことです。

公害物質と、人体との因果関係が、事実として確定するには、時間がかかります。

ですから、その間も、患者がでる危険性があることから、ダイオキシンを早期に規制した判断は、正しいものといえます。

 

最近の研究結果のつづき

最近では、何度も実験を繰り返していくうちに、ダイオキシンの毒性は、それほど強くないということがわかってきました。

東京大学の和田攻名誉教授が、2001年に論文でこのように発表しています。

少なくとも人は、モルモットのようなダイオキシン感受性動物ではない。

また現状の環境中ダイオキシン発生状況からみて、一般の人々にダイオキシンによる県央被害が発生する可能性は、サリン事件のような特殊な場合を除いて、ほとんどないと考えられる

現在は、2017年ですが、2001年の論文発表から今まで、この論文が否定されることはありませんでした。

また、ダイオキシン被害による患者も、存在していないのではないでしょうか。

 

ダイオキシン規制が続く理由

学問的に、安全だと証明されたものに、なぜいつまでも規制が続けられるのか?

研究が進んだ今、毒性が極めて低いことが、判明したにも関わらず、それを公にしないのは不思議です。

現に、世間一般の人々は、今でもダイオキシンは、「史上最強の毒物」だと信じている。

その規制が続くのには理由があるはず。

 

1800億円の利権

ダイオキシンは年間約1800億円の利権がある。

どうやら、ダイオキシンが、史上最強の毒物にあることによって、潤っている人達がいるようです。

 

善:「そんなこと、許されへんぞ! 焼き鳥屋がピンチやないか!」

しず:「そうそう、ついでに焼き肉屋とかもね・・・えっ そこ?」

善:「ほんとうに、利権のためなのか?」

しず:「ダイオキシンがもし、史上最強の猛毒だったら、焼き鳥や焼き肉屋の焼き場で、働く人達はみんだダイオキシン中毒患者になるもんね」

善:「でも、どうやって?」

 

同じ手口

このパターンって、ほとんど同じ手口。

まず、ダイオキシンは猛毒だとでっちあげる。

そうなると、規制運動をするための天下り機関や新たな団体を作ることが出来ます。

そして、ダイオキシンは規制するべきだとの建前が作られます。

そうなれば、焼却施設が建設されたり、ダイオキシン測定業者が儲かる構図。

それに、いまさら「実はよく調べてみたらダイオキシンはそんなに有害ではなかった」って言えないのかも知れません。

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    雨の日は洗車日和!実は雨の日が一番きれいになります。

    本当に車を大切にしている人は、雨の日にも洗車をしています。そして、晴れ…

  2. 考え方

    日記を書き続けると知恵が発揮される理由

    いくら遅くなっても布団に入る前に一人で一日を静かに振り返ります。そして…

  3. 考え方

    自動車の給油は必要な分だけ給油する方がメリットがある理由

    メリットとデメリットを書いてみましたが、実際のところは程度によります。…

  4. 考え方

    カメムシを1000匹以上駆除した達人に聞く! 駆除する時の注意事項とは

    まさか、こんな記事を書く時が来るなんて思ってもみませんでした。カメムシ…

  5. 考え方

    私がメガネ購入した理由

    当初予定していた予算は大幅に超えましたが、非常に納得のいく買い物ができ…

  6. 考え方

    依存のすべてが悪いものばかりではない

    自立している人を見ると尊敬できます。そんな風に自立している人になら、多…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    NTTの屋内配線使用料は無料に出来ます。
  2. 方法、手法

    会社や自宅にかかってくる営業電話の撃退方法
  3. 方法、手法

    ヤフオクで過去の落札分を表示させる方法
  4. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計の組み立て編
  5. 方法、手法

    twitter(ツイッター)で、フォローしてくれない人をリムーブ(アンフォロー)…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。