考え方

スマホのガラスフィルムがすぐに割れる理由


スマホのガラスフィルム

ガラケーとは違いスマホぐらい液晶範囲が広くなったら普通のフィルムを貼るのは至難の業です。
でもガラスフィルムなら、埃(ほこり)さえ取り除いておけば、空気が入ることはまずありません。
それにフィルムのようにフニャフニャしていませんから位置がきっちり決まってくれます。
私はフィルムを貼るのがヘタクソでしたからガラスフィルムの登場は助かりました。

表面強度9Hってどれくらい強いの?


硬度9といえばサファイヤと同じ硬度です。
ガラスフィルム広告を見ると、このような画像を見受けられますが流石に疑わしいです。
表面強度9Hとは、9Hの鉛筆でひっかいても傷が付かないってことです。
ならば、カッターの刃は鉛筆の9Hと当等なのでしょうか?
広告写真のようにカッターの刃でひっかくと傷が付く可能性が非常に高いと私は思います。興味本位でやらないほうが良いですね。
それから硬度9は、ダイヤモンドの次に硬いサファイヤと同じ硬度です。
でも落としたらすぐに割れますよね?
なんだか違和感がありませんか?
最高硬度 10という、ダイヤモンドだったとしても、簡単に割れます

「はい?」

例えば、釘を打つ金槌でダイヤモンドをたたくとどうなるでしょうか?

ダイヤモンドはいとも簡単に粉々になります。
ですから硬度9のガラスフィルムであっても簡単に割れるのはあたりまえの話なのです。

割れにくさを示す単位は「靱性(じんせい)」

先ほども説明したように硬度は「ひっかき硬度」とも言われ、ひっかき傷に対する耐性を表すものです。
ダイヤモンドやサファイヤが固いからといって乱雑に扱うと、非常に簡単に粉々に割れますから注意してくださいね。
多くの人が勘違いされていることですが割れにくさを表すのは「靱性」といいます。
ダイヤモンドの靱性は7.5なのでちょうど水晶と同じくらい。
水晶なら落としただけで割れそうなイメージありませんか?
ダイヤモンドも同じです。
ちなみに、ダイヤモンドをデザインカットするのはレーザーやダイヤモンドの粉です。
話をガラスフィルムに戻しますと、硬度が硬くても衝撃にはすごく弱くてすぐに割れるので、やっぱり取り扱いは注意しなければいけません。
ただ、ひっかき傷に対しては大変優秀な耐性を持っているのは間違いありません。
でもカッターなら傷つく可能性は高いと思います。
勇気ある人はお試しを…


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

放射能とは何か?前のページ

書類をめくる時はペロペロ舐めるな次のページ

関連記事

  1. 考え方

    カリスマ的な力がなくてもリーダーシップは発揮できる

    リーダーシップとは、カリスマ的な力で人をぐいぐい引っ張っていくような、…

  2. 考え方

    本の紹介「眠れなくなるほど面白い糖質の話」

    糖質を摂り過ぎてしまうと、エネルギーとして使われなかったブドウ糖は、グ…

  3. 考え方

    本の紹介「7つの習慣」

    7つの習慣は、とても難しい内容ですので理解するのに時間がかかると思いま…

  4. 考え方

    掃除機選びのコツ

    掃除機を選ぶポイントいきなり、結論を書きますが、掃除機は絶対に実機を見…

  5. 考え方

    メガネを購入した理由

    当初予定していた予算は大幅に超えましたが、非常に納得のいく買い物ができ…

  6. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 4

    癌になった家族にできることは、何があるのでしょうか。私なりによく考えて…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. メモ

    宇宙戦艦ヤマトの船底はなぜ赤い?
  2. 思い出

    読み込み出来ないはずのバーコードが!
  3. 考え方

    ガソリンスタンドを上手に利用するコツ
  4. トレンド

    詐欺ハガキ
  5. 方法、手法

    トルクレンチを使っても狙ったトルクで締め付けられていない理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。