考え方

20℃ → 30℃ は1.5倍ではない理由



梅雨が終わって暑い夏になると、つい北海道が羨ましくなります。
北海道の夏の平均気温は 22.4℃
沖縄の夏の平均気温は 31.5℃
これを見て「沖縄の気温は北海道の1.5倍も高い!」なんて言う人がいます。
文系の人が聞いても違和感がないのかもしれないけど、理系の人がこれを聞くと「は?」っとなる場合があります。

絶対零度

これ以上低い温度は存在しないと言われている温度があります。
正確な温度の単位はケルビン「K」で表しますので、「絶対零度」は 0K となります。
普段よく見る単位はセルシウス「℃」ですが、この単位で表すと −273.15 °C となります。

セルシウス

「℃」は、18世紀にセルシウスという科学者が考案したもので、セルシウス(Celsius)の頭文字に由来します。
セルシウスは、水が1気圧で凍る温度のことを0℃と表し、その差で温度を表現しました。
なぜ氷を基準にしたのかは明確ではないですが、今でも使われているんだから感覚的にわかりやすいってことだったんですね。
ちなみにこの頃、まだ絶対零度の存在は知られていませんでした。

正しい表現

温度を正しく表すためには「K」(ケルビン)という単位を使用します。
数値が細かくなるとややこしいので丸めます。

20℃ → 293K
30℃ → 303K

30℃ ÷  20℃ = 1.5倍
303K ÷ 293K = 1.03倍

1.5倍 ではなく 1.03倍 というのが正しい表現だったんですね。
理系の人たちの集まる場所だと、本気で注意されることがあるんですよ(笑)

さいごに

セルシウスが考案した「℃」は、とっても使いやすいのですが基準が曖昧なところに設定されていたんです。
そのおかげで、私たちの生活には馴染みやすく使いやすくなっていました。
だから 293K と 303K って言われても「ものすごく暑い!」という感じはしませんよね。
私たちの生活で触れる温度はだいたい 300K(27℃)付近なので、無理して正しい単位である「K」を使うよりも、氷を基準とした「℃」を使うほうが、遥かに感覚的に使いやすいはずです。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

高品質のエクストラバージンオリーブオイルを見分ける方法前のページ

宝くじの当選確率(雷に打たれる確率と比較)次のページ

関連記事

  1. 考え方

    人工知能はトロッコ問題をどう解決するのか?

    とある哲学の問題にトロッコ問題(トロリー問題)というのがあって、ついに…

  2. 考え方

    知ってるほうがいい、マスクの良いところと悪いところ

    ちょっとしたライフハックですが、メガネが曇りにくくなる方法を紹介します…

  3. 考え方

    本の紹介「カントの哲学」

    カントは真面目で平和を愛する哲学者。この本を読めば「人間とは何か?」「…

  4. 考え方

    葬式で着用するマスクの色

    葬儀屋さんにも確認しましたが、やっぱり白で問題なく、マナー違反でも何で…

  5. 考え方

    工事中の様子が気になり人へ

    凝視するユーザーがいますが、多くの人間は見られると緊張するもの。それは…

  6. 考え方

    アイドリングストップは無意味

    トヨタは、総合的に見てユーザー負担と環境負荷を考えた結果、スマート&ス…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. メモ

    丸亀製麺の裏メニューとおすすめの食べ方
  2. 思い出

    究極の選択は突然に訪れる
  3. トレンド

    『Jアラート』5分後に着弾します!どうすりゃいいの?
  4. トレンド

    2017年12月6日 NHKが裁判で負けました。
  5. 方法、手法

    スケジュール帳を上手に使う方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。