考え方

打ち水は効果なし!たとえ雨水だとしても意味がない理由

打ち水の目的

本来の目的は、場を清める神道的な意味で行われていました。

家や店の玄関先などへの打ち水は、お客さんへの心づかいとして行われるもの。

江戸時代の「生類憐れみの令」があったときは、「水中のボウフラが死ぬ」として、打ち水は禁止されていたこともありました。

現在の目的としては、清涼感を得るために行われることが多いのではないでしょうか。

 

 

打ち水の効果

気化熱を利用して、涼しい空気を得ることができます。

(どのくらい効果があるのか、後ほど考察しています。)

水が蒸発することにより、対流が発生し、湿った風が発生。

蒸発時に熱が奪われ、湿度が高くなった結果、体感温度が下がると感じる場合があります。

 

 

効果的な打ち水の方法

時間帯は、朝夕の日が高くない時間帯が良いでしょう。

その理由は、一番効果が長続きするから。

打ち水は、舗装されていない道路に撒くのが望ましいです。

後述しますが、アスファルトで舗装された道路へは、打ち水はお勧めしません。

それは、人の体や物に熱を伝えるのは、輻射熱によるものが大きいからです。

真冬でも、焚火は温く感じますが、あれば輻射熱の力。

ですので、熱くなった舗装されていない道路などへ打ち水を撒くことにより、その温度を下げることが最も効果的。

 

 

逆効果になってしまう打ち水の撒き方

日中のアスファルトへの打ち水は、逆に温度が上昇します。

理由は、アスファルトへ打ち水を行うと、濡れている間はアスファルトが黒くなり、太陽熱の吸収率が上がってしまうから。

この時の、熱の吸収率は気化熱で得られる清涼感を上回ってしまいます。

 

姿を減らす打ち水のイベント

一時期は、都市部のヒートアイランド対策として、一斉に打ち水を行うイベントがたくさんありましたが、その効果の低さから年々こうしたイベントが姿を消しつつあります。

しかし、政府が地球温暖化対策キャンペーンの一環として打ち水を奨励していることもあり、今でもたまにニュースなどで、打ち水を行っている様子を見ることがあります。

この時は、環境に配慮することをアピールするために、出したばかりの水道水を使わず、風呂などの残り水を持ち寄って使用することが多いと思います。

 

 

打ち水の費用対効果

それでは、打ち水でどれぐらいの効果があるか計算してみましょう。

水1リットルの場合、蒸発するときに約580kcalの熱を奪います。

一見、すごい効果がありそうですが、それは具体的にどのくらいの効果なのか確認してみます。

1 kcalで1gの水を1℃上昇させることが出来ます。

1gを水に換算するのは少々ややこしいのです、それは、水は温度により質量が変わる特殊な液体だから。

水は、4℃で質量が最大値となり、4℃から離れるとどんどん質量が小さくなります。

この性質があるから、水は自然に対流し、私たちが生活できる環境が出来上がっている。

話は、脱線しましたが、便宜上1g=1ccとします。

つまり、580 kcalとは1リットルの水を0.58℃上昇させる熱量。

電気ケトルで考えると、2秒ぐらいの加熱時間となります。

電気ケトル2秒の電気代金は、約0.125円

1リットルの水道代金は、約0.18円

 

 

結論

もはや、上水を使って打ち水なんて、環境の面から見ても絶対にやってはいけません。

仮に、雨水などを利用した場合は、水代金は0円ですが、得られる効果が低すぎます。

低くても効果があるならと思われるかもしれませんが、打ち水をして得られる効果と、打ち水を行った人間の温度上昇を比較したら、とても効果があるとは思えません。

無理やり、効果を得ようと思うなら、雨水を、自動で散水するシステムを作っておく必要があります。

散水ポンプは、空運転すると壊れますので、水の残量を検知しておく必要があります。

これらの設備投資費用が回収されることを期待することは出来ませんので、やはり打ち水は行う価値がないと判断になります。

それでも雨水タンクはおすすめ

打ち水への使用を止め、植物への水やりとして使用するのが、環境に一番やさしい使用方法と言えそうです。

また、雨水タンクの設置は、ゲリラ豪雨の一時救済と、災害時のインフラ停止による一時回避ができるため、おすすめできる装置だと判断できます。

多くの自治体では、雨水タンクの補助金を準備していますので、設置する前に市役所のホームページなどを確認いただければいいかと思います。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    運動はダイエットのために最も適した方法ではない

    脳科学では、体がエネルギー不足を感知すると、脳が体に「あまり動くな」と…

  2. 考え方

    「形容詞」を「動詞」に変換すると話し方に角が立たない

    「形容詞」には、感情が入るのに対して、「動詞」には、感情が入らない特徴…

  3. 考え方

    おすすめの標準電卓 機能編

    電卓なんてどれも同じだと思っていませんか?私は、何も知らないときは同じ…

  4. 考え方

    電子レンジを振り返って見る

    電子レンジは、マイクロ波を照射して水分にエネルギーを与えて、温める構造…

  5. 考え方

    趣味の探し方と見つけ方

    「趣味」とは私の辞書で、調べてみると、このように書かれていました。「仕…

  6. 考え方

    言葉以外のコミュニケーションを意識する理由

    コミュニケーションを取りたい相手は、千差万別です。性別からはじまり、年…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    「この買い物は得した!」あなたの脳は錯覚している!
  2. 考え方

    予習より復習が大切な理由
  3. 考え方

    自己肯定感を高めたいのに、それを邪魔してしまう習慣とは
  4. 思い出

    スポットライトを浴びる瞬間
  5. 考え方

    月までおよそ38万km。身近な物が月まで到達する距離になる
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。