考え方

犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由

犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由

ワンちゃんが好きなら知っておいて欲しい

犬が苦手な人は、そんなに気にしなくていいと思いますが、ワンちゃんが好きな人はぜひ知っていてほしいことがあります。

それは、「イエロードッグプロジェクト」と呼ばれるもの。

 

イエロードッグプロジェクトとは

突然、知らない人に撫でられると、辛いと感じるワンちゃんがいます。

それは、健康上の問題であったり、社会復帰のために訓練中だったりと理由は様々。

つまり、「そばに寄らずに、そっとしておいてね」というとてもシンプルなメッセージを伝えるプロジェクトです。

「黄色いリボンのメッセージ」をきっかけに、人と犬との正しい付き合い方を多くの人に知ってもらうことが目的。

 

 

どんなワンちゃん?

病中や病みあがりで、外的なストレスを受けたくないワンちゃん

極端に、他の犬を怖がるワンちゃん

他の犬に強く反応してしまうワンちゃん

過去のトラウマから社会復帰のために、リハビリ中のワンちゃん

トレーニング中のワンちゃん

など、飼い主が、今はそっとしておいてほしいと願いを込めているワンちゃんです。

 

犬の飼い主が注意すること

様々な理由で、対外的にアピールしたいときには、黄色のリボンをリードに付けることですが、飼い主の一方的な考えで「イエロードッグプロジェクト」扱いすることのないように注意してください。

例えば、社交性のない飼い主が、このプロジェクトを乱用し、ワンちゃんの社交性を奪ってしまうことがないようにしてほしいのです。

必要でもないワンちゃんを「イエロードッグ」にしてしまうと、ワンちゃんの社会化のチャンスを奪ってしまうかもしれないからです。

 

黄色のリボンを見つけた人が気を付けること

ワンちゃんが好きな人は、つい近づきたくなりますが、ぐっと我慢して、近付かないようにしてあげること。

それから、通り道を少しあけたり、他の犬を近づけないようにしたり、配慮するといいのかもしれません。

特に、ご自身がワンちゃんを飼っているなら、イエロードックプロジェクトの知識を持っていてほしいです。

 

エロードッグプロジェクト

 

この活動を広めるために

現在は、ホームページやフェイスブックページなどが開設されて、「イエロードッグプロジェクト」の主旨に賛同した有志によってホームページや啓発用ポスターなどが各国の言葉に訳され広まっています。

現在、同プロジェクトはインターネットを通じて、静かに世界に浸透しつつある。

このプロジェクトに賛同いただけるかたは、拡散していただけると幸いです。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    アルバイトのサボりによる損失を計算

    【サボり】とは、フランス語の“sabotage(サボタージュ)”を略し…

  2. 考え方

    エアコンの引越しは単独で依頼するべき

    手間を惜しむとエアコンの引っ越しで大損しているかもしれません!…

  3. 考え方

    俺のオナラは、臭くない!

    オナラの成分約75%:窒素約15%:水素約5%:二酸化炭素残りわずかに…

  4. 考え方

    【悪用禁止】砂糖の不思議な力。使い方次第では便利な効果も!

    油と砂糖には親和性があります。油の成分:炭素、水素、酸素砂糖の成分:炭…

  5. 考え方

    自分と相手を大切にする表現技法

    人間は、自分の気持ちや考えを表現したいと思い、希望を聞いてほしいと願う…

  6. 考え方

    腹が立ったら横にしたらええ

    おばあちゃんの口癖むかし、おばあちゃんがまだ生きていた頃、誰かが「もう…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由
  2. 方法、手法

    サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません
  3. 方法、手法

    交通事故の被害者になったときに絶対抑えておくべきポイントを公開
  4. 考え方

    実は酸よりもアルカリの方が危険
  5. 考え方

    タイムマネジメント(時間管理)とは
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。