考え方

犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由

犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由

ワンちゃんが好きなら知っておいて欲しい

犬が苦手な人は、そんなに気にしなくていいと思いますがワンちゃんが好きな人はぜひ知っていてほしいことがあります。
それは「イエロードッグプロジェクト」と呼ばれるもの。

イエロードッグプロジェクトとは

突然、知らない人に撫でられると辛いと感じるワンちゃんがいます。
それは健康上の問題であったり、社会復帰のために訓練中だったりと理由は様々。
つまり、「そばに寄らずにそっとしておいてね」というとてもシンプルなメッセージを伝えるプロジェクト。
「黄色いリボンのメッセージ」をきっかけに、人と犬との正しい付き合い方を多くの人に知ってもらうことが目的。

どんなワンちゃん?

病中や病みあがりで外的なストレスを受けたくないワンちゃん
極端に他の犬を怖がるワンちゃん
他の犬に強く反応してしまうワンちゃん
過去のトラウマから社会復帰のためにリハビリ中のワンちゃん
トレーニング中のワンちゃん
など、飼い主が今はそっとしておいてほしいと願いを込めているワンちゃんです。

犬の飼い主が注意すること

様々な理由で対外的にアピールしたいときには黄色のリボンをリードに付けることですが、飼い主の一方的な考えで「イエロードッグプロジェクト」扱いすることのないように注意してください。
例えば、社交性のない飼い主がこのプロジェクトを乱用しワンちゃんの社交性を奪ってしまうことがないようにしてほしいのです。
必要でもないワンちゃんを「イエロードッグ」にしてしまうと、ワンちゃんの社会化のチャンスを奪ってしまうかもしれないからです。

黄色のリボンを見つけた人が気を付けること

ワンちゃんが好きな人はつい近づきたくなりますが、ぐっと我慢して近付かないようにしてあげること。
それから、通り道を少しあけたり他の犬を近づけないようにしたり配慮するといいのかもしれません。
特に、ご自身がワンちゃんを飼っているならイエロードックプロジェクトの知識を持っていてほしいです。
エロードッグプロジェクト

この活動を広めるために

現在は、ホームページやフェイスブックページなどが開設されて「イエロードッグプロジェクト」の主旨に賛同した有志によってホームページや啓発用ポスターなどが各国の言葉に訳され広まっています。
現在、同プロジェクトはインターネットを通じて静かに世界に浸透しつつあります。
このプロジェクトに賛同いただけるかたは拡散していただけると幸いです。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

リポビタンDとオロナミンCの違い前のページ

言葉以外のコミュニケーションを意識する理由次のページ

関連記事

  1. 考え方

    ギャンブルをする人の計算には間違いがある話

    宝くじの1等の当選確率は、1000万分の1これは、香川県上空から1円玉…

  2. 考え方

    受託と請負の違い

    請負(うけおい)とは、受託(じゅたく)に含まれるものですが、契約の内容…

  3. 考え方

    洗濯機はカビの製造工場みたいなもの

    洗濯機はカビが爆発的に増えるすべての条件を満たしてしまっていることが多…

  4. 考え方

    カップ麺の消費期限

    暖かい時期の保存は賞味期限内であっても、短めにしておくほうがいいのでは…

  5. 考え方

    普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?

    半年以上続けた結果、なんと、犠牲にするものがなにもありませんでした。む…

  6. 考え方

    挑戦を避けた未来はめっちゃ怖い

    今すぐ行動しないと、歳を重ねた時に必ず後悔することになるということ。出…

役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

  1. 方法、手法

    電車で痴漢の犯人に疑われたときに覚えておくこと!
  2. 考え方

    タイムマネジメント(時間管理)とは
  3. 方法、手法

    XML サイトマップ作成方法(Google XML Sitemaps)
  4. 思い出

    「ワシントンの斧」の話はどこが逸話なのか?私の心の叫びを聞いて欲しい
  5. メモ

    震度8が存在しない理由
PAGE TOP