方法、手法

表示されたメッセージの対処方法を調べるには

表示されたメッセージの対処方法を調べるには

パソコンのエラーメッセージ

パソコンを使っていたら、このようなエラーメッセージが出ることがあります。

そのエラーメッセージが知っているものであれば苦労しませんが、対処方法が判らないときはGoogie検索で調べると思います。
その時に、検索窓にエラーメッセージを転記するのが面倒に感じることはありませんか?
「このメッセージをコピペで検索できたら便利なのになぁ」って思います。
実はコピーできます。
やり方はとっても簡単で、このエラー表示が出てきたとき(アクティブ状態になっているとき)にキーボードの「Ctrl」を押しながら「C」を押せばクリップボードに文字としてのテキストと画像が貼り付けされされます。
「クリップボードってなに?」と思った方もいるでしょうが一旦深く考えないでおきましょう。
クリップボードに貼り付けられたものは表面上見えませんが貼り付け待機している状態になっています。
ですので、クリップボードに貼り付けされているなら、それを貼り付けすることができるのです。

貼り付け操作方法

貼り付け操作は「Ctrl」を押しながら「V」を押せば貼り付けの操作になります。
例えばこのエラー表示を「Ctrl」を押しながら「C」でコピーします。(クリップボードに貼り付けする)

次に、ペイントを開いて「Ctrl」を押しながら「V」を押せば上記のように画像で貼り付けで着ます。
メモ帳などのエディタを開いて「Ctrl」を押しながら「V」を押せば下記のように貼り付けされます。

[Window Title]
名前の変更
[Content]
拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。
変更しますか?
[はい(Y)] [いいえ(N)]

一旦メモ帳などに貼り付けすれば、必要なところだけを抜き出して検索エンジンに張り付けすることも出来るので非常に手間が省けます。
今回のような簡単なメッセージなら必要性は薄く感じられますが、エラーメッセージの内容は時に非常に難解な表示もあるため、絶対に重宝するときがあるので覚えておいて損はありません。
今回の場合であれば、検索に必要なワードは「拡張子を変更するとファイルが使えなくなる可能性があります。」を検索窓に貼り付けすればいいわけです。

Googleエンジンで検索

早速Googleエンジンに入力すればこのように対処方法が検索できます。

このように、正確なワードで検索すれば適切な対処方法が見つかることが多いです。
もっと正確に検索するなら「フレーズ検索」がおすすめ。

フレーズ検索方法はこちらをご覧ください。

いかがでしたでしょうか、一見コピペ出来ないように思うものも意外にコピペ出来たりしますので是非覚えていてください。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

継ぎ足しのタレが腐らない科学的理由前のページ

普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?次のページ

関連記事

  1. 方法、手法

    黄ばんだプラスチックを元の色に戻すには

    段ボールや押し入れに保管している物ほど、久しぶりに取り出してみたら黄ば…

  2. 方法、手法

    トルクレンチを使っても狙ったトルクで締め付けられていない理由

    トルクレンチは、設定した締め付け力のポイントで、「カッチン」と音が鳴る…

  3. 方法、手法

    ユーチューブから音だけをmp3でダウンロードする方法は?

    音楽以外にも落語だとかあると思いますが、音源だけがほしい場合ってありま…

  4. 方法、手法

    加工硬化とは

    瀧 :「エアコンの配管(銅パイプ)も暖房運転 / 冷房運転の運転停止で…

  5. 方法、手法

    買取屋が危険な理由

    フットインザドア一歩でも玄関に足を踏み入れたら契約まで勝ち取れるそんな…

  6. 方法、手法

    使い捨てカイロの有効利用方法

    電気カイロのように、ONとOFFのスイッチがあったら、結構長持ちします…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. メモ

    丸亀製麺の裏メニューとおすすめの食べ方
  2. 方法、手法

    米国特許庁から特許公報・公開公報を参照する方法
  3. 考え方

    挑戦を避けた未来はめっちゃ怖い
  4. 考え方

    知ってるほうがいい、マスクの良いところと悪いところ
  5. メモ

    本の紹介「科学的な適職」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。