考え方

手帳型スマホケースのマグネットには注意

手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要

手帳型スマホケース

しっかりとガードされていて、傷に対しては死角がないように思います。
多くのスマホケースと違って、液晶画面まで保護されているので非常に安心。
私が使っているスマホケースはチェーンストラップも付いていますので持ちやすさもよい感じ。
この手帳型のスマホケースには、ほとんどの場合にカード入れがあったりします。
ここに、電子マネー系のカードやクレジットカードを入れておけば、スマホだけ持ってコンビニなどの、ちょっとしたお出かけにも気軽に行くことができますので非常に便利。

注意点

閉じる機構がマジックテープやホックなどが存在しますが、圧倒的に多いのはマグネットタイプ。
このマグネットは見過ごされがちですが、まぁまぁ磁気の強度が強い。
しかも、閉じたときには丁度カード入れの近くにセットされています。
ご自身のクレジットカードを確認してほしいのですが黒い線がありませんか?
これを、「磁気ストライプ」といいます。

この、磁気ストライプに磁石を長時間近づけると磁気不良が発生する可能性があります。

クレジットカードを入れる場合

基本的に磁気ストライプのついたクレジットカードは入れないことが懸命。
まぁ厳密に言えば、磁気ストライプのないクレジットカードも存在しますので、その場合はいいのですが。
どうしても、クレジットカードを手帳型スマホケースに入れる必要がある場合は、マグネットを取り外すかマグネット以外の固定方法の手帳を選択するべき。

FeliCaなどの非接触ICカード

FeliCaは、磁気に影響されることはありません。
同じように他の接触ICカードも影響されることがありません。
IC部分は問題なくても、磁気ストライプと併用されている場合は結果的に磁気はNG。
「iD」・「Edy」・「QUICPay」・鉄道系などの電子マネーも気になるところですが、これらも問題ありません。
私が個人的に思うのは、日本のお札は磁気インクで印刷しているので、お金に対する影響はどうなのかなぁと思ったりはします。
でも、今までお札の不具合は聞いたことがないので、きっと問題ないのでしょう。

スマホにも磁石が入っている

スマホのマイクとスピーカー部分にも磁石が内臓されていますが、そんなに強くないので気にしなくてもいい程度です。
スマホにも影響ない程度なのでご安心ください。

まとめ

多くの方が知っている情報です。
しかし、磁気ストライプのあるカードを手帳型ケースに入れているのを昨日も見かけました。
知っているのかどうかわかりませんでしたが、もしかして知らない人もいるかもしれないと思ってこの記事を投稿しました。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

スケジュール帳を上手に使う方法前のページ

裏メニューのメモ帳次のページ

関連記事

  1. 考え方

    清潔に見える「ジェット式の送風タオル」が不潔な理由

    あなたは普段、トイレで手を洗った後のタオルはなにを使用していますか?使…

  2. 考え方

    エアコンのプロは、お掃除ロボット付のルームエアコンを選ばない

    ルームエアコンは三菱の霧ヶ峰ので決まりです。…

  3. 考え方

    ヘナを買う時に考えるべきポイント

    ヘナは天然だからこそ、ちゃんと選ばないとダメなんです。500種類以上と…

  4. 考え方

    『エコキャップ運動』は本当にエコなのか?

    この活動を『エコキャップ運動』といいますが、確かに、2005年までペッ…

  5. 考え方

    日記を書き続けると知恵が発揮される理由

    いくら遅くなっても布団に入る前に一人で一日を静かに振り返ります。そして…

  6. 考え方

    バイクに自動車用のエンジンオイルを使うとどうなるのか?

    バイクは、エンジンとミッションにエンジンオイルが潤滑しています。車は、…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    カリスマ的な力がなくてもリーダーシップは発揮できる
  2. 方法、手法

    家庭用コンセントは感電する
  3. 方法、手法

    セスキってなに?
  4. 思い出

    忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん
  5. メモ

    スマホをカーナビ代わりに使うときは違反に要注意
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。