考え方

手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要

手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要

手帳型スマホケース

しっかりとガードされていて、傷に対しては死角がないように思います。

多くのスマホケースと違って、液晶画面まで保護されているので、非常に安心。

私が使っているスマホケースは、チェーンストラップも付いていますので、持ちやすさもよい感じ。

この手帳型のスマホケースには、ほとんどの場合にカード入れがあったりします。

ここに、電子マネー系のカードやクレジットカードを入れておけば、スマホだけ持ってコンビニなどの、ちょっとしたお出かけにも気軽に行くことができますので、非常に便利。

 

 

 

注意点

閉じる機構が、マジックテープやホックなどが存在しますが、圧倒的に多いのはマグネットタイプ。

このマグネットは見過ごされがちですが、まぁまぁ磁気の強度が強い。

しかも、閉じたときには、丁度カード入れの近くにセットされています。

ご自身のクレジットカードを確認してほしいのですが、黒い線がありませんか?

これを、「磁気ストライプ」といいます。

 

この、磁気ストライプに磁石を長時間近づけると、磁気不良が発生する可能性があります。

 

クレジットカードを入れる場合

基本的に磁気ストライプのついたクレジットカードは入れないことが懸命。

まぁ、厳密に言えば、磁気ストライプのないクレジットカードも存在しますので、その場合はいいのですが。

どうしても、クレジットカードを手帳型スマホケースに入れる必要がある場合は、マグネットを取り外すか、マグネット以外の固定方法の手帳を選択するべき。

 

FeliCaなどの非接触ICカード

FeliCaは、磁気に影響されることはありません。

同じように、他の接触ICカードも影響されることがありません。

IC部分は問題なくても、磁気ストライプと併用されている場合は、結果的に磁気はNG。

「iD」・「Edy」・「QUICPay」・鉄道系などの電子マネーも気になるところですが、これらも問題ありません。

私が個人的に思うのは、日本のお札は磁気インクで印刷しているので、お金に対する影響はどうなのかなぁと思ったりはします。

でも、今までお札の不具合は聞いたことがないので、きっと問題ないのでしょう。

 

スマホにも磁石が入っている

スマホのマイクとスピーカー部分にも磁石が内臓されていますが、そんなに強くないので気にしなくてもいい程度だと考えられます。

スマホにも影響ない程度なのでご安心ください。

 

まとめ

多くの方が知っている情報です。

しかし、磁気ストライプのあるカードを手帳型ケースに入れているのを昨日も見かけました。

知っているのかどうかわかりませんでしたが、もしかして知らない人もいるかもしれないと思ってこの記事を投稿しました。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    ありがとうの反対語を知っていますか?

    言葉で「ありがとう」というのは簡単です。「人に親切にされたら、ありがと…

  2. 考え方

    あの、カビキラーの噂は、本当なのか?

    カビキラーの噂を考察インターネットで“カビキラー“を検索するとかならず…

  3. 考え方

    入学祝いに贈りたいもの

    人生において、学びとは最高の贅沢だと、私は思っています。小学校の教育が…

  4. 考え方

    家庭に常備されている白砂糖の危険性

    なんと、砂糖は麻薬と似たような効能があります。副作用があり、中毒性があ…

  5. 考え方

    居酒屋やレストランには、このサービスを取り入れて欲しい

    デートサイトで知り合った相手が、サイト上のプロフィールと違う?なんだか…

  6. 考え方

    実は身体に良い二度寝! 正しい二度寝の方法とは

    実は、分割睡眠こそが、人間の本来の睡眠方法だったのかもしれません。22…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 思い出

    「名は体を表す」姓名が与える恐ろしいほどの影響とは
  2. 方法、手法

    アウトドアや非常時に炎を手に入れる方法
  3. 考え方

    自動販売機に1円硬貨や5円硬貨が使える
  4. 考え方

    アルバイトのサボりによる損失を計算
  5. 方法、手法

    書類をめくる時は、指サックを付けなくても、ペロペロ舐めなくてもいいのです。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。