考え方

ヤクルトを1ダース全部、一気飲みする?

たった65ml

ヤクルトの容量は、たった65mlしかありません。

その大きな理由は、それだけで、乳酸菌が200億個以上入っているから、十分なのです。

ヤクルト400の場合、乳酸菌400億個

ヤクルトAceの場合、乳酸菌300億個

ニューヤクルトの場合、乳酸菌200億個

ヤクルトの乳酸菌は、「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」と言います。

 

飲み方

ヤクルトといえば、アルミのフタがついているのが特徴です。

さて、このアルミの蓋をみなさんは、どうやって攻略していますか?

私は子どものころ、指を「ブスッ」と突き刺して、その指を舐めてから飲むといった、下品な飲み方をしていました。

同級生の女子がストローを刺して飲んでいるのを見たときは、とても衝撃的だったことを覚えています。

ヤクルトは容量が少ないので、どうやって長く楽しむか悩んだ結果、歯でアルミ蓋を突き刺し、穴が開いたかどうか微妙な大きさの穴を開けて、ちびちび飲んだりもしていました。

台湾では、ヤクルトはアルミ蓋からは飲まず、下から飲むとの噂もあります。

大人飲み

善ちゃんは、ヤクルトがとても大好きです。

栄養満点で身体によく、味がおいしいからって言いながら、よく飲んでいます。

善ちゃんが飲むときは、一回に5個です。

薄汚い画像で申し訳ありません。

こんな感じで、一気に5個を飲みます。

アルミ蓋なんて、跡形もなくきれいに全部はがしています。

これは、ニューヤクルトなので200億 × 5個 = 1千億個の乳酸菌を摂取しています。

いくら身体に良いからといっても、やりすぎはよくありません。

 

 

ヤクルト緑茶

やっぱり、5個はいくらなんでも飲みすぎです。

善ちゃんには、ヤクルト2個で、十分ヤクルトを堪能できる飲み方を薦めてみます。

ヤクルトの味を損なわず、おいしく大量に飲めるレシピを紹介します。

台湾では、ヤクルト緑茶として、普通に売られているものです。

これを、自分で作る方法です。

準備するもの

500mlの緑茶

ヤクルト2本(130ml)

ガムシロップ1個

作り方

準備したものをシェーカーなどに入れて混ぜると出来上がりです。

個人的には、ガムシロップは無しでも良いぐらいですので、少な目から試してみてください。

 

一見、アンマッチに思うこの組み合わせですが、文章では味を伝え切れませんから、ぜひ一度作ってみてください。

私は、結構好きです。

最後に

これを善ちゃんに教えてあげたら、ヤクルトの量を今までの40%に抑えられ、かつ今以上においしいヤクルトを大量に飲む事ができるはずです。

もっと早く、夏に教えてあげたほうがよかった気もする。

今でも、ダイエットといいながら、ヤクルトを大量に飲んでいるなら、こっちに切り替えることをお勧めしたい。

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    2年間使った枕の重さの10%はダニの重さ

    イギリスの研究機関の研究によると2年間使った枕の重さの3分の1はダニ・…

  2. 考え方

    電子レンジを振り返って見る

    電子レンジは、マイクロ波を照射して水分にエネルギーを与えて、温める構造…

  3. 考え方

    ルームエアコンは本当にクリーニングで綺麗になるのだろうか

    費用対効果の面でエアコンのクリーニングはしなくても良いと判断出来るかも…

  4. 考え方

    家庭に常備されている白砂糖の危険性

    なんと、砂糖は麻薬と似たような効能があります。副作用があり、中毒性があ…

  5. 考え方

    依存のすべてが悪いものばかりではない

    自立している人を見ると尊敬できます。そんな風に自立している人になら、多…

  6. 考え方

    【衝撃の結果】勉強を時給に換算してみたら…

    勉強が嫌いな人は、その知識の必要性に疑問があり、勉強する意味を理解でき…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    EWWW Image Optimizerでブログの画像容量を減らしてみた。
  2. 方法、手法

    車のヘッドライトの黄ばみは簡単に透明にできる
  3. 方法、手法

    女性に好感の持たれる体臭を目指すための対策 
  4. メモ

    サメは年間約10人の命を奪う!年間約70万人の命を奪う動物とは?
  5. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ 公差編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。