考え方

バイクに自動車用のエンジンオイルを使うとどうなるのか?

バイクに自動車用のエンジンオイルを使うとどうなるのか?

価格の違い

ガソリン自動車用とバイク用のエンジンオイルの値段を比較すると、2~3倍ほど価格が変わります。
自動車用:980円/4L ~
バイク用:660円/L(2640円/4L) ~
上記の価格は、2018年1月時点での最安値を示しています。

バイクに使用する量は車よりも少ないとはいえ、同じ4サイクルエンジン用のオイルで、なぜこんなにも価格に違いがあるのか不思議に思う人もいるでしょう。
理由は後で説明するとして、バイクを所持している人なら、「車用のエンジンオイルを使っても問題ないのでは?」と思う人も少なくない。
実際に、バイクに車用のエンジンオイルを使っている人もたくさんいます。

バイクと車のエンジンオイルの違い

バイクは、エンジンとミッションにエンジンオイルが潤滑しています。
車は、エンジンにのみオイルが潤滑しており、ミッションにはミッションオイルが別に潤滑されています。
※一部の例外もありますが、一般的にはこの解釈でいいでしょう。
バイク用のエンジンオイルには、ミッションの磨耗を防ぐために粒状の減摩材が添加されています。
車用のエンジンオイルには、磨耗低減剤の添加剤がグレードが上がればあがるほどたくさん入っています。

磨耗低減剤の添加剤は、クラッチに影響するため、バイク用のエンジンオイルには入っていません。

発生する不具合

ミッションの磨耗を防ぐために粒状の減摩材が添加されていない車用のエンジンオイルをバイクに入れれば、ミッションが磨耗しやすくなります。
最悪ミッションが壊れますし、実際にミッションが焼きついて壊れた人もたくさんいます。
また、車用のエンジンオイルには、磨耗低減剤の添加剤が添加されているため、クラッチの密着性がさがります。
これによりクラッチ(湿式クラッチ)が滑りやすくなります。

バイクのエンジン回転数は自動車の約2倍ありますし、車よりも多くの部品を潤滑しているので、車用のエンジンオイルではこれらの性能を満たすことはできません。
そして、これらの不具合は短期間では現れず徐々に進行します。
気がついたときには、エンジンオイルで浮いたお金以上のインパクトがあるかもしれません。

暫定として使うなら

ずっと、車用のエンジンオイルを使っていても不具合がないバイクユーザーも実際にいます。
あまりお勧めは出来ませんが、たまにだとか緊急的にとか金欠??などの諸事情により、どうしても車ようのエンジンオイルを入れなければいけない場合は、一番グレードの低い、安いエンジンオイルを選択してください。

グレードの高い車用のエンジンオイルには、磨耗低減剤の添加剤がたくさん添加されているので、クラッチに影響を与える可能性があります。
「スーパーカブはサラダ油でも大丈夫」なんて都市伝説も聞いたことがありますが、丈夫なスーパーカブだったとしても車用のエンジンオイルを入れるのはおすすめできません。
ただ、ボロボロのバイクでそんなに長く愛用するつもりがないのなら、いいのかもしれません。

まとめ

この記事を読んでいるのは、バイクユーザーが多いと思いますが、排気量が上がると発熱量も比例して上がります。
50cc(原付)くらいなら、車用のエンジンオイルでも大丈夫なのかもしれませんが、自動二輪になれば必ずバイク用のエンジンオイルを使用したほうが結果的に安くなるはずです。
2サイクルエンジンのバイクに関しては、ミッションには車と同じミッションオイルが別に使用されています。
エンジンオイルに関しても、まったく違うものになるので、間違えることはないとおもいますが間違えないように注意してください。
ちなみに、エンジンオイルの使用期限は、2年から3年と言われていますが、それはあくまでも目安。
直接オイルを手で触ってみて、粘度を体感すれば劣化しているかどうかは判断できます。
参加して劣化したオイルは、水のようにサラサラになっていますから。
なので、保管環境が悪ければ、1年でも劣化するかもしれないし、良ければ5年でもまったく問題ない場合もあります。

関連記事:車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

あなたも知らない間に仮想通貨を使っている前のページ

日本語入力のままで英語(アルファベット)を入力する方法次のページ

関連記事

  1. 考え方

    ガス給湯器のエコジョーズはお得なのか?

    業者の中には、「ちょっと効率がいいだけで、機器の価格が高いのでおすすめ…

  2. 考え方

    電子レンジの考察

    電子レンジは、マイクロ波を照射して水分にエネルギーを与えて、温める構造…

  3. 考え方

    工事中の様子が気になり人へ

    凝視するユーザーがいますが、多くの人間は見られると緊張するもの。それは…

  4. 考え方

    プルタブ集めは必要ないって話

    エコキャップ運動』(ペットボトルのキャップ)にくれべれば、採算性はあり…

  5. 考え方

    受託と請負の違い

    請負(うけおい)とは、受託(じゅたく)に含まれるものですが、契約の内容…

  6. 考え方

    予習より復習が大切な理由

    授業を受けて1時間経過すると、その授業の56%の内容を忘れると言われて…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 思い出

    告白はどこへいってしまったのか
  2. 考え方

    ソフトバンクの都市伝説
  3. メモ

    パソコンで、たまに見かける「Thumbs.db」ファイルって一体なに?
  4. 方法、手法

    ボルトやナットを締付け過ぎたらダメな理由
  5. 考え方

    カリスマ的な力がなくてもリーダーシップは発揮できる
PAGE TOP