考え方

眼の錯覚なのか、エアコンの室内機が傾いているように見えるのはなぜか

眼の錯覚なのか、エアコンの室内機が傾いているように見えるのはなぜか

エアコン工事が終わり、室内機を凝視すると、気が付く人がいるかも知れません。

エアコンの室内機が傾いている?

そう、エアコンの室内機が傾いているように見えることがあるかもしれません。

それは施工ミスではない可能性が高いです。

 

ユーザーにとって不具合

冷房時のエアコンの室内機内では、結露によるドレン水が大量発生しています。

そのドレン水が室内に流れ落ちると、お客さんにとっては大変な迷惑となりますから、絶対にあってはならない事象です。

そうならないように、ドレン水が確実に排水されるように室内機は室外機に接続するホース側に、若干傾けて設置するのが機能的には正解となります。

もしも、この傾き方向が逆なら確実に施工ミスですのでクレームを言ってもいい状況です。

とは言え、室内機が傾いていると美観に影響が出るので、パッと見てわからない程度の傾きで、ユーザーが気付かない程度で取り付けるように心がけているはずです。

なので、繊細なユーザーにとっては、”あれ?ちょっと傾いてない?”って気になるかもしれません。

その時は、もっと水平にお願いしますと声をかけていただければ良いと思います。

このように繊細なユーザーのエアコンは信頼できるメーカーの新しい機器を選んで設置することが多いですので基本的に問題ない可能性は高いのですが、リスクがあるのは承知いただかないといけません。

上記にも少し触れましたが、最近の信頼のあるメーカーだと、こういった構造を考慮して設計されているので、新品且つ、国内メーカー(一部除く)であればほぼ水平に取り付けしても問題ないようになっています。

しかし、より排水性を良くして、室内機内の水の滞留時間を減らすことで防カビ効果も期待できますので、気にならない程度に傾いている方が安心できる施工なのです。

残念ながらすべてのエアコンがちゃんと設計できているわけではありませんのでここは注意が必要です。

特に引っ越しに伴う、エアコンの取り付けの場合は、古いエアコンが多いので、このあたりを考慮する必要があります。

よく、引越しのエアコン工事の代金を5000円とか安く表示しているところが多いですが、配管は別料金になっていることが多いので注意ください。

その際は、「配管の4mはその費用に入っていますか?」とお尋ねください。

特殊な取り付けで無いかぎり、4メートルの配管で済むことが多いですので。

2階から、地上まで室外機を伸ばす場合は、かなり配管を延長する必要がありますので、配管の追加料金を伺っておくことをお勧めします。

基本料金がすごく安くても、追加料金がすごく高い業者もおおいですから。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    バイクに自動車用のエンジンオイルを使うとどうなるのか?

    バイクは、エンジンとミッションにエンジンオイルが潤滑しています。車は、…

  2. 考え方

    エアコンを6月初旬の涼しい時期に試運転するべき理由

    7月になると、点検や修理に関する問い合わせが増えることが毎年の特徴です…

  3. 考え方

    素数が強い理由

    素数は、大きくなればなるほど強いと感じています。身近な自然に関係ある素…

  4. 考え方

    感受性が強いがゆえに苦しむ場合

    感受性の豊かさには、長所と短所の両面があることを正しく理解した上で、自…

  5. 考え方

    もしも車を運転中に煽られた場合

    この事件を受けて、道路交通法の見直しがあるのは間違いないと見ています。…

  6. 考え方

    性格や心理状態で目に見える色が変わる

    今見えている色は、心理状態によって変わると言われています。定期的に、挑…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. トレンド

    ビットコインの歴史と流通する理由
  2. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 緑のカーテン編
  3. 方法、手法

    エアコンの電気代を節約する方法
  4. 考え方

    日本は破綻しなくて国民は借金などしていない事実
  5. 方法、手法

    携帯電話が圏外になったら15cm移動してみて
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。