方法、手法

交渉では絶対に相手を倒してはいけない理由

交渉では相手を倒してはいけない理由

相手を倒すと大損する

人というのは、仲間にしてもあまり得することがありませんが、敵にしてしまうと大いに損をします。

交渉では、絶対に相手を倒さないことが鉄則。

なぜなら、倒すと相手が敵になるから。

 

相手に勝ったと思わせる

交渉の基本は、相手に勝ったと思ってもらうこと。

これが交渉の大原則であって基本中の基本。

Taking obtained by loss

損して得取れ

別に英語を書く必要はなかったかも知れませんが、なんとなく・・・

 

具体的な方法

例えば、他社と比べて、あきらかに高額な(価格で負けている)商品を売る場合、どのように販売すればいいでしょうか。

商品を売りたいけど、他社の方が安いので買ってもらえない状況だったら?

あなたなら、どうしますか?

 

価格競争では負けてしまうので、品質で勝負するしかありません。

※人柄などの要素は便宜上関係ないものとします。

多くの人は価格重視。

さて、どうやって交渉しますか?

 

【言っても無意味な例】

わが社の製品のほうが価格は高いですが、品質は良いです。

こんなこと言って商売できるなら誰も苦労しません。

こんな言い方では、限りなく100%に近い確立で買ってくれません。

 

こちらの主張を相手に言わせること

営業マン:「他社さんを使っていますが、やっぱり価格重視ですね?」

お客さん:「もちろん、そうですよ。」

営業マン:「ということは、品質は重視していないってことでしょうか?」

お客さん:「いや、そんなことはありません。」

お客さんに、「品質を無視しているわけではない」と言わせる。

ここで、自社製品の品質をアピールすれば成功する確率が非常に上がります。

なんでも必殺技は、使うタイミングが重要なんです。

今回は、品質が唯一の突破口なので、これをいつ押すかがポイントになります。

最初から品質を売りにした交渉をすると、「価格重視なのでいりません」と断られます。

お客さんに「品質を無視しているわけではない」という内容の発言をさせてから交渉すれば、成約率はグーンとあがります。

 

まとめ

交渉は相手に勝利感を与えることが大切。

品質も重視する」は、お客さんが言った言葉だから、お客さんは説得されたという気がしません。

つまり、お客さんには負けた感覚がないことがポイント。

 

交渉の手順を簡単にまとめると・・・

1.先にお客さんの主張を言わせる。

2.それに対する決めつけをする。

3.お客さんが反論してくる。

4.そこで、営業マンのあなたが主張する。

お客さんには、まるで自分の反論が通ったかのような勝利感を味わってもらいつつ、営業マンであるあなたの狙い通りに誘導できたことになります。

 

 

善:「だからか~」

瀧 :「なに、なんか気がついたん?」

善:「ウルトラマンとか、いつも必殺技が終盤に出てくるのは」

瀧 :「ちょっと違うような気もするけど・・・」

善:「水戸黄門もそうやな」

瀧 :「古いよ、さっきから、あなたは、おっさんですか?」

善:「あーそうや・・・でもな、おまえは俺と一緒ってことを忘れんなよな。」

瀧 :「まぁ、未だに30歳くらいにしか見られんけどな。」

善:「ボケかぁオマエ!ええかげん平等に歳取れや! (-_-;) 」

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ コスト編

    設計者は、モノづくりの観点を考慮しないで設計すると、大幅に原価が増える…

  2. 方法、手法

    エアコンの電気代を節約する方法

    日中は、外出したとしてもエアコンを消さない。でも夜は(18時〜23時)…

  3. 方法、手法

    A4サイズを封筒にピッタリ収まるように、三つ折りにする方法

    申込用紙や手紙などは、A4サイズが主流です。それを、入れる封筒は、三つ…

  4. 方法、手法

    炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

    炭酸が抜けないようにする方法はたったひとつ。飲み残した炭酸飲料に金属の…

  5. 方法、手法

    意外と知らない、歯磨きの常識

    知らず知らずのうちに、自己流になっていることが多いようです。ここで一度…

  6. 方法、手法

    知的財産(特許)関連のリンク集

    知的財産(特許)関連のリンク集です。外国の特許庁に関しては、簡易的な調…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    エアコン工事のプロ達は、お掃除ロボット付のルームエアコンを選ばない
  2. 考え方

    『エコキャップ運動』は本当にエコなのか?
  3. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 1
  4. トレンド

    ブラック企業のエピソードを投稿してみる?
  5. 考え方

    予習より復習が大切な理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。