思い出

人を疑うことを知らない善ちゃん

人を疑うことを知らない善ちゃん

 

 

素直な性格

エスキ―ジャパンの善ちゃんは、とても素直な嘘の付けない熱血感あふれる工事人です。

高校時代のエピソードになりますが、少し練習すれば誰でも出来るような簡単な手品を見せ合いして遊んでいた時です。

当時、世間ではミスターマリックのハンドパワーで盛り上がっていた時代でもありました。

高校生の男って、ほんとアホですから、手品が終わるたびに「ハンドパワーです!」なんて言っていたのを思い出します。

ほとんどの者が持ちネタを一通り披露した後で、西くんが言います。

 

西:「善ちゃんは、やらんのかぁ」

善:「俺は、ハンドパワーがないからなぁ、悪いけど、でけへんわ」

一同:「やばっ!善ちゃん、それめっちゃやばいよ!」

善:「やばいのは、おまえらの方やろ!なんでそんなにハンドパワー持ってるやつばっかおるねん!」

西:「えっ?普通やけど?」

善:「しず!ハンドパワーなんて、誰でも持ってないよな?」

しず:「普通だいたい、中学生のはじめくらいになったら出始めるから」

善:「マッ・ジッ・デッ!」

西:「あぁ大マジや!おまえ、病院行った方がよくないか?」

善:「何科に行ったらええねん!皮膚科か?」

 

タネ明かし

善ちゃんがマジで信じはじめちゃいましたので、タネ明かしをすることにしました

しず:「俺がやったマジックのやり方を説明するからよく聞いてよ。」

善:「わかった。」

 

私は善ちゃんに、自分の披露したスプーン曲げのタネを教えることにしました。

【スプーン曲げのタネ明かし】

1.まず、持った瞬間からリアクションを入れた状態で、力で曲げてる。

ポイントは大きく曲げないこと。

持ち方で決まるから、力点、作用点を意識してスプーンを持つとすごく簡単に曲がる。

2.すでにスプーンは、少し曲がっているので、動きを止めずに手のひらに乗せる。

ここで、動きを止めるとすでに曲がっていることがばれる。

3.それから、ゆっくりと手を反らすと、手を触れていないのにスプーンが曲がっていくように演出できる。

4.そのスプーンをテーブルに置いたら、ほんとに曲がっているのでフィニッシュ

 

しず:「どう?これでわかった?」

善:「だいたいわかったけど・・・」

しず:「なにぃ、全部わからんかった?」

善:「うん、ハンドパワーは、どの部分で使うの?」

 

この発言の後、学校の先生も含めて、大爆笑の嵐が巻き起こりました。

正直者は馬鹿を見る?

私の通っていた高校は、男女共学でありながら、私の学年には女子が一人も在籍していませんでしたから、むしろ男子校と同じです。

男子だけになると、アホさ加減が暴走し、ほんとアホばっかり揃っていました。

その中に正直者で信じやすい善ちゃんは、かなり翻弄された高校生活を送ったに違いないと思う。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

    なぜ、レストランでアルバイトしたかったかというと、とても楽そうに見えた…

  2. 思い出

    「UPがHOT」?これって英語なのですか!

    一呼吸置いて落ち着いた様子で彼の説明は続くのだが、第一声に「UPがHO…

  3. 思い出

    究極の選択は突然に訪れる

    時間にして1秒もない時間、この1秒もない時間で人生の究極の選択を迫られ…

  4. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!

    ってかー、普通間違わんやろーっこれは悪意さえ感じる。…

  5. 思い出

    子どもをくじく、大人の一言

    私にも、救われた一言と、心をくじかれた一言があります。たった一言、言っ…

  6. 思い出

    『備忘録』 阪神・淡路大震災の記憶

    阪神・淡路大震災以外にも、たくさん被害のあった大地震や災害はたくさんあ…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. メモ

    サメは年間約10人の命を奪う!年間約70万人の命を奪う動物とは?
  2. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 通風編
  3. 方法、手法

    Googleの検索結果は、あなた専用だったんです。
  4. 方法、手法

    米国特許庁から特許公報・公開公報を参照する方法
  5. 考え方

    エアコンを6月初旬の涼しい時期に試運転するべき理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。