思い出

レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

レストランでアルバイト

私がレストランでアルバイトしていたのは高校3年生の18歳になったときからでした。

夜間高校だったから、21時ごろまでは学校にいました。

そのため、22時以降に働く必要があったので、18歳になるまでレストランでのアルバイトを我慢していました。

なぜ、レストランでアルバイトしたかったかというと・・・

とても楽そうに見えたから。

こんな、不純な動機を持って入店したわけ。

ほんと、世間知らずって恐ろしい事です。

レストランの仕事が、こんなにもハードな仕事だったなんて実際に働くまで全く気が付きませんでした。

ただ、それ以上に楽しくもあり、自分を飛躍的に成長させてくれた、かけがいのない経験であったことは確かです。

今でも、この時の経験が、非常に自分自身を助けてくれています。

このような背景もあり、私がレストランで学んだことを綴ってみたいと思います。

これから、レストランで働こうと考えている人や、すでにレストランデ働いていて、なにかで悩んでいる人にとって、なにかの気付きを与えることが出来れば幸いです。

 

意外に難しいレストランの業務

私がアルバイトしていたレストランは、全国にチェーン店のある、大きなファミリーレストランが経営する系列で、お洒落なアーリーアメリカン風のお店でした。

当時、「ガスト」と呼ばれるファミリーレストランも存在していない、そんな時代でした。

そこでは、カクテルも作っていましたし、豪華な料理を運んだりしていました。

カクテルを作る時間はあまりなくて、ほとんど料理を運んだり、注文を伺ったりするような業務内容でした。

そこでは、料理を運ぶ人のことを「パントリー」と呼んでいました。

この呼び名は、非常にレアですので、これでどこのレストランなのかわかった人もいるかもしれません。

ちなみに、オーダーを伺う人は、「ブロック」と呼ばれていました。

このレストランでは、業務がすっぱりと分けれていて、パントリーの人は決して注文を聞くことがない変わったシステムでした。(今でもそうなのかもしれませんが・・・)

私は、なかなかオーダーを取る業務はやらせてもらえず、初めてお客さんのオーダーを伺ったのが、アルバイトを始めてから5か月目だったことを今でも覚えています。

女の子は、入店後すぐに、オーダーをとったり、レジをしたりしていましたので、とてもうらやましかった。

きっと、料理を運ぶのは体力が要るので、パントリーは男が適任だったようです。

このレストランでは、お客さんのオーダーを伺うのに紙とボールペンなんてものは、使いませんでした。

今では当たり前になりましたが、当時には珍しく「ターミナル」と呼ばれるハイテク機器での注文を受け付けるシステムでした。

(この時代ではレストランでは手書きが主流でした)

フロアで「ターミナル」にオーダーを打ち込むとキッチンに直接情報が転送されるシステム。

この「ターミナル」の操作が、初心者には意外に難しく、左右に見開きの操作パネルを開くと、そこにはぎっしりとメニューが “略して” 記載されていました。

※この略語がそもそもの元凶だったのです!

後ほど。

それを、お客さんが言うと同時に押すといった、まさに神経衰弱のようなものでした。

慣れれば、場所も覚えているので、全然問題ないのですが、初心者のそれは、本当にきつい操作パネルでした。

この「ターミナル」によって、私がフロアに崩れそうになった体験談を綴ります。

 

初めてのオーダー

キャプテン:[そろそろ、お前もブロックやってみるか?」

遅すぎた春に私は、今更感があり、あまり喜びませんでした。(-.-)

ちょっと、ふくれっ面です。

早速、40分ほどトレーニングを受け、いざ本番です!

しず:「お待たせしました! ご注文はお決まりでしょうか!」

お客さん:「はい、私はグラスワインとフィレステーキで、彼女がビーフのパイ包み。」

心の叫び:「字が小さくて、略して書いているし、どんな法則でこれ並んでいるんだぁ?」

お客さん:「それから、」

しず:「すいません!少々お待ちください!」

お客さん:「あぁ、ボタンを探しているのね、いいですよ待ちましょう」

しばらくして

 

しず:「はいっ!お待たせしました!それでは、パンとライスはどちらになさいますか?」

お客さん:「私はライスで、彼女はパンで」

心の叫び:「えっと~、ライスは見つかったけど、パンが見当たらないなぁ~」

しず:「ソースはいかが致しましょうか?」

お客さん:「私が、オニオンソースで彼女が和風ソースね」

心の叫び:「はい、えっとー、オニオンソースはどこだぁ?」

 

しず:「はいっ!大変お待たせしました、他にご注文はございますか?」

などと、続きながら、普段汗をあまり書かない体質の私が汗びっしょりとなっていました。

余談ですが、私はサウナに入っても全然汗が出ないので、サウナが全く楽しめません!

他の人が汗だくになっているのにいつも、全然汗を出さないので、非常に不思議がられます。

普段は、それくらい汗がでません、きっと異常体質ですね。

これてって、完全に自律神経が狂っています。

こうして、初めてのオーダーは、非常に緊張している状況でなんとか終えました。

しばらくすると、安心してボーっとしている私の前を料理が通過しました。

ふと料理に目を向けると、キッチンからそのテーブルに運ばれる料理の様子がおかしいことに気が付きました。

よく見ると、「サーロインステーキ」と「子牛のカルパッチョ」。

 

「はい?」

 

「あれ?注文した料理と違うぞ!」

 

私はすぐに、お客さんのテーブルに行きました。

しず:「たいへん申し訳ございません、注文ミスしたようです!すぐに作り直しをさせていただきます。」

お客さん:「ん?別にこれでもいいよ、気を使ってくれてありがとう!」

すかさず、キャプテンがジンジャエールを持って、謝罪しに来てくれました。

やっと、オーダーを取らせてくれたのに、オーダーミスです。

ショックで、私はクラクラめまいがしました。

いいお客さんだったので、さらにショックが身に染みます!

 

この話には続きが

このまま終わってしまうと、私はレストランでなにも学んでいないことになります。

続きを読んでいただけるなら、下記のリンクをクリックして、読み進めてください。

全部読まれない方にとっては無駄なダウンロードになりますので、記事を分割しています。

レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 思い出

    レストランのアルバイト マニュアル編

    100回 同じ事を言っても、その答えは100回共同じ同じことを何度も言…

  2. 思い出

    希望部署に配属されなくても得るモノはたくさんある話 前編

    希望に満ち溢れた状況で就職を果たし、長い入社研修が終わった後に待ち受け…

  3. 思い出

    あの先行者はどうなったのか?

    日本ではHONDAがASIMOを開発し、ソニーもAIBOを開発していた…

  4. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  5. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半

    ラッシュに入る前に、オーダーの練習をしようと思っていましたが、現実は無…

  6. 思い出

    思い込みの激しいコロンブス

    コロンブスが「ゆで卵を立ててごらん」って言います。言われた人は、慎重に…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    集中力を高めるための環境づくり
  2. 方法、手法

    絶対に得をする礼儀作法
  3. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。
  4. メモ

    『餃子の王将』の裏メニュー
  5. 方法、手法

    英語の発音が難しいと感じる理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。