考え方

お祭り嫌いなインテリ男が祭りに参加した結果・・・

 お祭り嫌いなインテリ男が祭りに参加したら

祭りに縁のない男

私のプロフィールを見ればわかりますが、幼少時代はかなり貧困だったこともあり、地域のお祭りには近づくこともしませんでした。

テレビで、祭りの様子を見ても、なぜあんなに盛り上がれるのかがさっぱり理解できません。

高校生になってからも、近くで祭りがあっても、まったく心が踊ることはありませんでした。

同級生の西くんはお祭りが大好きで、「太鼓の練習や」と言いながら稽古に行っていました。

面白半分で、西くんの稽古を何度か見に行ったことがあります。

太鼓練習を見学してみると、それはすごくハードな練習で、それはもうボロカスに怒られ、半泣きで練習しているのを見ていて、これのどこが楽しいのか意味不明でした。

 

祭りに理解のない男

大人になってから戸建てに住むようになると、すぐ近くに神社がありました。

普段の神社はもの静かで、子供が遊ぶこともないので、すごく静まり返っています。

そんな様子だったので、自宅の近くに神社があることは、さほど気にすることなく、むしろいい雰囲気だとさえ思い、その場所を選びました。

ただ、年に一度の秋祭りは例外でした…

私が住んでいる地域では毎年、10月の中旬に秋祭りが行われます。

祭りは、2日間ですが、準備(練習)期間が2週間あります。

その2週間の間、夜の間ずっと太鼓蔵で太鼓と囃子(歌)の練習をしています。

太鼓蔵は、結構近くにあります。

人の家の近所で、ひたすら大声で囃子(はやし)を歌いながら、太鼓をたたくわけです。

祭りに理解のない私にとっては、騒音被害でしかありません。

 

祭りが嫌いになる男

祭りの当日になれば、私の家の近所では、大量の自転車で埋め尽くされ、車も自由に出せない状態になります。

しかも、花火や果物が家の周りに散乱します。

ときどき家にもミカンやりんごが入ってきて、祭りがマジで嫌いになっていました。

だから、近所で行われる祭りにも関わらず、見にも行きませんでした。

祭りに理解のない私は、自転車を止めさせないように対策し、太鼓の音が少しでもマシになるように壁を作ったりしました。

その結果、私の家は要塞のように高い壁で覆われるように変化することに・・・

近所の人からは、「豪華な壁ですねぇ」って言われましたが、内心「こいつ大丈夫か?」って思っていたのかもしれません。

ただ、私は近所の人からは社交的と言われるので、閉鎖的な家だとは思われていないはずなんですが。

祭りだからって、家に果物を投げられてヘラヘラ笑って楽しめるわけありません。

ほんと「祭り」って大嫌い!

 

神輿の乗り子

ふと気が付けば、自分の息子が神輿の乗り子になれる年齢になってきました。

私の息子は、そんなに活動的な子どもではなかったので、最初は乗り子に興味を示しませんでした。

ただ、私が一切祭りに関わってこなかったので、祭りで何が行われているのか、気にはなっていました。

ですから、子どもに言いました。

「いやになったら、すぐに帰ってきていいから、一度参加しておいで」(ほぼ偵察部隊)

参加するのに5000円のお花代が必要ですが、そんなことは構いません。

乗り子が出来るのは、小学校5・6年生の2年間のみ。

※地域によって違います。

後で「参加しておけばよかった」なんて思うかもしれないので、お花代が無駄になってもいいから参加させました。

 

息子の太鼓練習の初日

いやー、なんて身勝手なんでしょうか、いつもは、ただうるさいだけの太鼓練習ですが、自分の息子がやっていると思うだけで、まったくうるさいとは思いませんでした。

そして、途中で帰ってくるかもしれないと思って、家で待機していたら、なんと最後まで練習に付き合い、帰宅したときには、いい意味で顔付きが変わっていました。

どうも、かなり気に入ったみたいで、「神輿に乗る!」と言って張り切っていました。

私と違って、荒々しいおっちゃんばかり、しかもガンガンに怒鳴られているのに、なにが楽しいのか全く理解できませんでしたが、息子には荒々しいおっちゃん達が非常に新鮮だったようです。

 

祭りの当日

乗り子の保護者は、巡行にお供することになっていたから私も参加せざるを得ません。

私は空気のように自分の気配を消して神輿についていきます。

神輿が巡業中は、お花を出してくれた家の前で停止し、囃子を歌いながら太鼓をリズムよく叩きます。

荒々しい人たちのそれは、遊びではなく真剣そのもの。

その中で私も、やるからには中途半端なことはできません。

わからないなりに真剣に祭りに取り組んでいるフリをしていました。

ただ、最初フリだったのが、だんだんマジになってきました。

気が付けば、その巡業でたくさんの出会いと感動があり、最後の締めを終わったころには、「祭りって最高!」って叫んでいました。

 

ケーブルテレビのインタビュー

私はX Japan のYOSHIKIに顔やしぐさがよく似ていると言われるのですが、祭りが初心者の私が荒々しいおっさんたちの中にいると、返って目立つようで、ケーブルテレビのカメラマンにロックオンされました。

神輿を担いでいるときも、カメラが狙っているのがわかったから、下を向いていました。

すると、カメラは下から覗き込むようなアングルで私を撮影し始めました。

私はもう、開き直って、カメラを意識せず楽しむことにしました。

休憩中には、インタビューまで受けてしまいました。

つい最近まで、祭りを否定していた男がインタビューなんて受けたら何を言い出すか自分でも怖かった。

私はそのインタビューで、「祭りの良さは参加しないと理解できない」とか「真剣に取り組んでいるからこそ感動する」とか、後で考えたら偉そうにしゃべりすぎていました。

その放送は、近所の人がたくさん見ていたようで、私のことを深く知らない人は「祭り男」にしか見えないようなことも言っていました。

 

最後に

インタビューの中でも答えたし、この記事を読んでわかったと思いますが、祭りって見ているのと参加しているのとではまったく違う世界があります。

地域によっては、参加するのが難しいこともあるかもしれませんが、今は少子化で、祭りに参加できる人が少なくなってくる傾向にあるはずです。

いつも見学している祭りに、ちょっと参加することで新しい自分を見つけることができる可能性があるので、是非勇気をもって祭りに参加してみてください。

祭りに参加すると、神輿を担いだり、巡業のために歩き回ったり、大きな声も出すので、かなりの体力を消耗させますが、それ以上の価値があると私は言いたい。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    『猫バンバン』のやりすぎで車が凹む?!

    車のメンテナンスをするためにボンネットを開けたら、鳥の骨がよくあったそ…

  2. 考え方

    私がメガネ購入した理由

    当初予定していた予算は大幅に超えましたが、非常に納得のいく買い物ができ…

  3. 考え方

    「この買い物は得した!」あなたの脳は錯覚している!

    買い物の場面では、私たちの脳に錯覚を起こさせる仕掛けがたくさん存在しま…

  4. 考え方

    アメンボから連想する大きな水たまりの話

    もうすぐ梅雨の季節ですので、アメンボが飛んだ時のことをふと思い出したの…

  5. 考え方

    考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

    事実とは、多くの皆が認識しておる事柄のこと。真実とは、多くの皆の認識と…

  6. 考え方

    男性専用車両も作るべき理由

    女性専用車両があることで「同じ賃料を払っているのに不公平だ。」という意…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    日程調整が楽になる方法
  2. 方法、手法

    サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません
  3. 方法、手法

    特定ページを個別に、記憶したIDやパスワードを削除する方法
  4. トレンド

    消費税の10%はいつから?
  5. 思い出

    ドリアンを食べているときにビールを飲むと死ぬ?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。