考え方

素数が強い理由

素数が強い理由

私は素数が好き

私は、素数の不思議な力にいつも魅力を感じています。

素数とは、「1とその数自身との外には約数がない正の整数」。

素数は無数に存在します。

例えば、2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, ・・・

と続くわけです。

素数は、大きくなればなるほど強いと感じています。

身近な自然に関係ある素数は、せいぜい 17 あたりまでだと思います。

私は、仕事でもプライベートでも、常に素数を意識しています。

なぜっていうのは、これから説明していきますが、確信的なものはありません。

ただ、数に迷ったときには、素数で決めるようにしています。

 

素数ゼミ

北アメリカには、13年や17年目ごとに大量発生するセミがいますが、このセミのことを「素数ゼミ」と呼んでいます。

なぜ、このセミが素数である、13年や17年の周期で大量発生するのかは、まだ解明されていません。

ですが、この周期にセミが羽化するのは、「生存上のリスクを減らしているのではないか?」と考えられています。

なぜ、そう考えられているのか?

大きな怪獣を例にして、一緒に考えて見ましょう。

 

階段を下りるときの歩幅を見てみる

背の低いこどもは、階段を下りるときは、1段ずつ降りるとします。

背の高い大人は、階段を下りるときは、2段ずつ降りるとします。

さらに大きな怪獣なら、階段を下りるときは、3段ずつ降りるとします。

それぞれの降りる段数は、規則性があるので一定です。

小さな怪獣は、3段ずつでしたが、さらに大きくなると4段ずつ、5段ずつと増えていきます。

どこまでもいくと、キリが無いので、一番大きな怪獣の歩幅を10段としておきます。

 

怪獣に踏まれないようにするためには

運悪く、大人と怪獣が降りてくる階段の途中に、アリがいるとします。

大人や怪獣に踏まれたら即死。

どうしても、踏まれたくないので、アリは考えました。

どこか、安全な段はないものか?

アリたちは、階段についている足跡を見てみました。

すると、1段目を除くと、11段目、13段目、17段目、19段目・・・121段目、143段目、169段目・・・には足跡がないことがわかった。

つまり、10よりも大きな素数と、その素数の倍数の階段だけは、踏まれる心配がないことがわかりました。

アリたちは、急いで、10よりも大きな素数の段数にそれぞれ移動した。

 

素数ゼミ つづき

素数ゼミが、羽化するのは確か、10よりも大きな素数の年でした。

これは、まだ解明されていませんので定かではありませんが、生存上のリスクを減らすために、10よりも大きな素数の年に羽化すると考えられている根拠がわかったような気がしませんか?

日本のセミは、羽化のタイミングがいつなのか確認されていません。

セミの種類によって、4年とか6年とか7年とかいろいろ憶測があります。

私の予測は、素数の年ではないかと睨んでいます。

ですので、5年とか7年周期で羽化しているのではないでしょうか。

 

私は素数を選択する

仕事柄、チームを組むことが、よくあるのですが、そのときは、リーダー以外は1人を作らずに、素数の人数でチームを組むように分担しています。

2人よりも3人の方がいいです。

機械のネジを固定する数も、素数を選ぶことが多いです。

なぜ、素数を選んでいるのかやっぱり、明確な答えは言えませんが、私の経験上、素数は一番強い印象を持っています。

あなたも、もしも数で迷ったときには、素数を意識すればいいのかもしれません。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

ありがとうの反対語を知っていますか?前のページ

心が折れた瞬間 二輪整備編次のページ

関連記事

  1. 考え方

    趣味の探し方と見つけ方

    「趣味」とは私の辞書で、調べてみると、このように書かれていました。「仕…

  2. 考え方

    腹が立ったら横にしたらええ

    おばあちゃんの口癖むかし、おばあちゃんがまだ生きていた頃、誰かが「もう…

  3. 考え方

    冷風扇とミストファンはどちらが涼しいのか?

    エアコンの冷房を一切使用しない場合は、冷風扇の購入がおすすめ!冷風扇を…

  4. 考え方

    工事中の様子は気になります

    凝視するユーザーがいますが、多くの人間は見られると緊張するもの。それは…

  5. 考え方

    運動はダイエットのために最も適した方法ではない

    脳科学では、体がエネルギー不足を感知すると、脳が体に「あまり動くな」と…

  6. 考え方

    毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない

    今のように売り上げを上げることしか考えが及ばないようであれば、近い将来…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. メモ

    便利なショートカット集
  2. 考え方

    世界中がずっこける『Yes We Can』
  3. 方法、手法

    【料理は科学】ナポリタンの作り方
  4. 考え方

    手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要
  5. 思い出

    「UPがHOT」?これって英語なのですか!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。