考え方

予習より復習が大切な理由

予習より復習が大切な理由

予習は効率が悪い

私は、予習なんてする必要ないと思っています。

もちろん例外もありますが、信頼できる先生に教わっているのであれば、予習は必要ありません。

授業をより理解して進めるために必要との見解もありますが、信頼できる指導者を信じるなら、その勉強のやり方を授業で習って習得できるなら、予測することによって、我流で勉強しないほうがいいと考えています。

真っ白なキャンパスのほうが、綺麗に絵が書けるように、新しく何かを覚えるときは、ヘタに知識を持たないほうがいいと私は思っています。

それに、自宅で勉強する時間には限りがあって、時間を有効に利用するなら、予習に時間を費やすよりも、復習に費やしたほうがいいからです。

予習は、想像以上に時間のいる作業だから。

 

授業に着いていけなくなる理由

忘却曲線って、聞いたことはないでしょうか。

簡単に説明すると、授業を受けて1時間経過すると、その授業の56%の内容を忘れると言われています。

そして、24時間(1日)経過すると、70%の内容を忘れると言われています。

そして、復習しないで次の日の授業を迎えると、授業は前回終了したところからスタートします。

すると、すでに70%の内容を忘れているので、70%分だけ授業にギャップが生まれます。

当然これを繰り返せば、授業についていけなくなり、落ちこぼれていきます。

だから、復習はとても大切だったんです。

予習をして、貯金しておきたい気持ちはわかりますが、復習に力を入れるようにしましょう。

そして、復習時間は授業を受ける時間の2倍くらいかかることを知っておいてください。

 

授業を受ける時間

授業を受ける時間を考えて見ましょう。

復習が大切であることは説明しましたが、復習できる時間を越えて授業を受けるとどうなるでしょうか?

1時間の授業を受ければ、2時間以上の復習時間が必要です。

復習の大切さを知らない人は、学習塾などでインプットの時間を増やす傾向があります。

復習できないインプット時間など、常人には無駄でしかありません。

もちろん、朝から夜までインプットし続けて、それに着いていける生徒も存在するのですが、そんな人はこの記事を参考にしないほうがいいでしょう。

学習塾を考えている場合は、復習できる時間も含めて、受講できるコマ数を計算しておいてください。

親の立場からすると、インプットの時間を増やしておけば安心する傾向が強いようですが、子どもはロボットではありませんので、復習できる時間も考えてあげてください。

 

先生のスキル不足

公立学校の場合、先生の教えるスキルがあまりにも低いことがあります。

※私立でもありえますが・・・

教えるのがヘタすぎるのか、本人もあまり理解していないのか、教科書を音読するだけの、まったく意味のない授業が実際に存在します。

そして、生徒にしてみれば、この状況は災難でしかありません。

いったい、こんな時はどうすればいいのでしょうか。

 

方法1

校長先生に相談してみる。

「えっ、いきなり校長?」

と思ったかもしれませんが、教師を指導するのは校長先生です。

教頭先生でも良さそうですが、できるだけ校長先生に声が届くように言わないと、改善されません。

校長先生に授業を見学していただくようにお願いしてみましょう。

公立学校の場合で、校長先生が動いてくれない場合は、教育委員会に相談してみましょう。

 

方法2

その授業科目は学校で勉強するのをやめる。

そして、それが必要な科目であれば、学習塾に通うか、スタディーサプリなどの動画授業で補うようにします。

 

学習塾

学習塾に通う人はどんな人か、それは自力では勉強できない人や現在、成績がよくない人など、なんらかの不安を抱えている人が通うケースが多くあります。

つまり、みなさん勉強が嫌いなんです。

勉強が嫌いな人に、無理やりインプットし続けても途中で投げ出します。

はじめは、科目を1つに絞って受講させるのがポイントだと私は思っています。

はじめにまとめ払いを要求するような塾は避けるべきで、月謝払いで運営している塾は、自信があるからだと思うので、そのあたりも含めて検討してみてください。

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    【狙われる!】もしも家の鍵がこれだったら、20秒で開けられます

    ドアに付いているのぞき窓は、外から簡単に外すことが出来てしまいます。で…

  2. 考え方

    「この買い物は得した!」あなたの脳は錯覚している!

    買い物の場面では、私たちの脳に錯覚を起こさせる仕掛けがたくさん存在しま…

  3. 考え方

    事故の多い意外な家電とは

    意外に見過ごしがちなのが中古の家電。店頭や専門業者が売っているものなら…

  4. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由

    今の自分のからだが、なにを求めているのかを見極める必要があります。この…

  5. 考え方

    2年間使った枕の重さの10%はダニの重さ

    イギリスの研究機関の研究によると2年間使った枕の重さの3分の1はダニ・…

  6. 考え方

    冷風扇とミストファンはどちらが涼しいのか?

    エアコンの冷房を一切使用しない場合は、冷風扇の購入がおすすめ!冷風扇を…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    数字当てゲームの説明書
  2. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 1
  3. 方法、手法

    受験の小論文の書き方
  4. メモ

    大雪警報は全国統一なのでしょうか?
  5. メモ

    ペットにとって毒になる観葉植物の種類とは
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。