方法、手法

レンズから静電気を除去してほこりが付かないようにするには

レンズから静電気を除去してほこりが付かないようにするには

昔と違ってメガネやカメラのレンズはプラスチック製であることが多い。

プラスチックは静電気が帯びやすい特徴があるため、どうしてもほこりなどが付きやすくなります。

ほこりが付く原因をしり、対策する方法を一緒に見てみましょう。

 

静電気

静電気とは、静止した電荷によって引き起こされる物理現象のこと。

つまり、物体に電荷(電気)が蓄えられている状態や、蓄えられている電荷そのものを言います。

下敷きを擦ったときに発生する静電気を摩擦帯電といい、「摩擦帯電=静電気現象」と思われがちですが、摩擦帯電は静電気現象のひとつでしかありません。

雷は放電現象ですが、雲に蓄えられる静電気によって引き起こされるので、この放電現象も静電気現象のひとつ。

静電気は、湿度の低い条件で発生しやすくなる。

それは、空気が湿っていると静電気が逃げやすくなるから。

帯電した物質には埃や塵を吸い寄せる性質があることを知っておかなければいけません。

 

静電気対策

物質が静電気を帯びると、ほこりなどが吸着する原因となります。

静電気が物質に帯びないようにするためには、その物質の導電性を高めることが対策。

導電性っていうのは、電気を流しやすくすること。

電気の流れが悪いと、電気が渋滞して帯電し、静電気が生じることになります。

 

導電性を高める

そもそも、プラスチックのメガネレンズのように導電性がないものに、導電性もたせることが出来るかどうかがポイント。

その方法は、導電性を高める性質を持つ薬品を使用すること。

つまり、帯電防止剤を塗布すれば、良いことになります。

メガネなどのレンズは導電性が低いプラスチックですが、帯電防止剤により導電性が高まったり、放電されたりすれば、帯電して静電気とはなりません。

静電気が生じなければ、ほこりなどの吸着を避けることができます。

プラスチック製品にはプラスチック添加剤が帯電防止剤となります。

 

界面活性剤

市販の静電気防止剤の主成分は界面活性剤。

界面活性剤は疎水性物質の表面で水を吸着することにより導電性を高める効果を発揮しますさらに摩擦を弱める効果もある。

まとめ

静電気は、ほこりなどの吸着の他に繊維製品や頭髪などの傷み、または放電現象による電子機器の破損、火災や爆発の危険など、とても悪影響があるのでレンズだけには留まらず、いろんな物質から積極的に除去行う必要がある。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    速さ・時間・距離の公式

    速さ(km/h) = 距離(km) ÷ 時間(h)時間(h) = 距離…

  2. 方法、手法

    ファンヒーターへの給油のイライラはすべて解消できる!

    一昔前から、これに灯油をいれて石油ファンヒーターなどに給油する人がいま…

  3. 方法、手法

    いろんなワインコルクの開け方

    ワインは衝撃によって、多少味が変化しますので、高級なワインではおすすめ…

  4. 方法、手法

    英語の発音が難しいと感じる理由

    ネイティブアメリカンが言葉を省略して発音するように、日本人も日本語を省…

  5. 方法、手法

    【ダイエット】その1 水をたくさん飲む

    水分ではなく、『水』を飲む事がポイントってこと。お茶やコーヒーは、水で…

  6. 方法、手法

    誘いや頼まれごとを4つのステップで上手に断る方法

    嫌な仕事を無理に受けていたり、行きたくもない飲み会に参加したりするのは…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 思い出

    昭和時代には、ほんとうにあった、今ではすごいと思う物
  2. 思い出

    両目を失ったガリレオ
  3. 方法、手法

    金属の鍋がなくても、お湯を沸かすことができます。
  4. 考え方

    バイクに自動車用のエンジンオイルを使うとどうなるのか?
  5. 考え方

    わき毛を抜くと、わきのニオイがひどくなるのは本当か?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。