方法、手法

有線のネットワークしかない場合に、Wi-Fi機器をネット接続する方法

有線のネットワークしかない場合に、Wi-Fi機器をネット接続する方法

 

外出先で有線LAN接続しかできない場合

有線LAN接続しかできない設備の場合、有線のインターフェイスが装備されている端末であれば、ネット接続することが出来ますが、スマホなどWi-Fi接続以外にネット接続することができない端末の場合、いったいどうすればいいのでしょうか?

これは、一般家庭での話ではなく、ビジネスホテルなどの外泊先では、よくある場面です。

3つの方法を紹介しますので、全てご覧になり、最も適しているとおもった方法を選択してください。

 

家庭用のWi-Fiルーターを利用する

家庭用のWi-Fiルーターを使用する。

「おちょくっているのか!」って言われそうですが、これも一つの方法です。

家庭用でも、有線LAN接続からWi-Fi(無線)環境を作るときに使用するWi-Fiルーターを持参する方法。

設定方法や使い方は、割愛します。

 

ホテル用Wi-Fiルーターを利用する

ホテル用Wi-Fiルーターを使用する。

先ほど紹介した方法よりは、現実的です。

メリットは、使用方法が非常に簡単です。

デメリットは、「ホテル用Wi-Fiルーター」を購入する費用が要ります。

パソコンをWi-Fiの親機にする方法!

パソコンをWi-Fiルーターに設定して使用する。

今回の記事の肝がこちらの方法です。

 

この方法であれば、別途機器を購入する必要はありません。

Windows7からサポートされているSoftAP(ソフトウェア・アクセス・ポイント)機能を利用する方法です。

 

今回はWindows7のノートパソコンを使って説明します。

 

 

 

 

設定手順方

はじめに、Wi-Fiが接続されていないことを確認しておきます。

 

「コントロールパネル」 →

「ネットワークと共有センター」 →

「アダプターの設定変更」 をクリック

 

下の画像のように、Wi-Fiが接続されていなく、ローカルエリア接続のみとなっていることが確認できます。

これは、パソコンを有線で接続していることを表しています。

では、これからWi-Fi環境を構築します。

まずは、上の画像のグレーアウトになっている「ワイヤレスネットワーク接続 2」を有効にしておきます。

 

「ワイヤレスネットワーク接続 2」のアイコンの上で右クリックすると、リストがプルダウンするので、その中から「有効」をクリックします。

 

これで、「ワイヤレスネットワーク接続 2」を使用する準備が出来ました。

 

 

次に、「コマンド プロンプト」を起動させて、設定していきます。

ショートカットキー  「ウィンドウズキー」+「R」 を押すと下の画像のようなウィンドウが起動します。

名前のところに cmd と入力します。

「OK」をクリックすると「コマンド プロンプト」が起動します。

 

これは、管理者権限で実行できていますが、もしも、管理者として実行できていない場合は、一旦、「コマンド プロンプト」を終了させます。

※だいたい、管理者として実行できていないことが多いです。

 

次に、画面左下の「スタート」をクリックします。

すると、さきほど起動させた「コマンド プロンプト」がすぐあるはずですので、「コマンド プロンプト」の上にマウスを移動させて、右クリックします。

すると、プルダウンリストが現れ、その中の「管理者として実行」がありますので、それを選択します。

そうすれば、今度は管理者として実行している「コマンド プロンプト」が起動します。

次に、以下のコマンドを入力します。

コピペできませんから、間違えないように入力してください。

netsh wlan set hostednetwork mode=allow

そして、エンターをクリック

下の画像のように、「ホストされたネットワークモードは許可に設定されています」と表示します。

これで、Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterを有効化することができました。

 

次は、「SSID」と「セキュリティキー(パスワード)」を設定します。

入力するコマンドは以下です。

netsh wlan set hostednetwork ssid=SSID名 key=セキュリティキー keyusage=persistent

SSID名:4文字のアルファベット

セキュリティキー:8文字の数字

 

今回の設定

SSID名:esky

セキュリティキー:12345678

netsh wlan set hostednetwork ssid=esky key=12345678 keyusage=persistent

入力が終わったら、エンターを押します。

画面では、パスワードが 34567 と入力されていますが、これではエラーになりますから注意してください。

きちんと、8文字設定します。

 

設定が成功すれば、下の画像のように、「ホストされたネットワークのSSIDが正常に変更されました。ホストされたネットワークのユーザーキー パスフレーズが正常に変更されました。」と表示します。

尚、SoftAPでは暗号化方式はAESで認証方式はWPA2-PSKとなっています。

 

いよいよパソコン側の設定は終わりに近づいてきました。

SoftAPを開始させます。

 

入力するコマンドは以下です。

netsh wlan start hostednetwork

 

入力が完了すれば、エンターキーを押します。

そうすれば、サービスが開始し、下の画像のように表示します。

画像を見ればわかると思いますが、何度か失敗しています。

原因は、初めに「ワイヤレスネット接続 2」を有効化するのを忘れていたからです。

下の画像参照

 

再び、ネットワーク接続を確認してみると、「ワイヤレスネット接続 2」がWi-Fi環境を作っていることがわかります。

下の画像を参照

 

最後に、「インターネット接続の共有設定」を行います。

「ワイヤレスネット接続 2」を右クリック

「プロパティ」を選択

「共有」タブをクリック

 

下の画像のようにチェックしてホーム ネットワーク接続で「ワイヤレスネットワーク接続 2」を選択してOKをクリックするとパソコン側の設定は完了です。

 

スマートフォンから通常通りSSID「esky」を選択します。

 

パスワード「12345678」を入力すれば無事に接続されます。

 

いかがでしたでしょうか、ちゃんと接続することが出来たでしょうか。

 

まとめ

今の時代になっても、Wi-Fi環境がなく、有線LANしかないビジネスホテルは多くあります。

私が利用するビジネスホテルでも、あまりWi-Fi環境がないことが多いです。

 

でも、出張にはたいていパソコンを持参していますので、これがWi-Fiルーターになるのなら、パソコンを使う方法が一番活用できています。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    交渉では絶対に相手を倒してはいけない理由

    人というのは、仲間にしてもあまり得することがありませんが、敵にしてしま…

  2. 方法、手法

    いろんなワインコルクの開け方

    ワインは衝撃によって、多少味が変化しますので、高級なワインではおすすめ…

  3. 方法、手法

    集中力を高めるための環境づくり

    「視覚」、「聴覚」、「嗅覚」、「触覚」、「味覚」の五感は、集中力にとて…

  4. 方法、手法

    耳掃除をしないほうが良いのは本当なのか?

    Q-tips社からのアドバイス自社の綿棒を使用する方法として、耳の中に…

  5. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 輻射熱退治編

    すだれに水の膜があれば、非常に家の中が涼しくなることがわかりました。実…

  6. 方法、手法

    A4サイズを封筒にピッタリ収まるように、三つ折りにする方法

    申込用紙や手紙などは、A4サイズが主流です。それを、入れる封筒は、三つ…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法
  2. 考え方

    学歴フィルターがある理由
  3. 方法、手法

    買い物依存症を克服するには
  4. 考え方

    『猫バンバン』のやりすぎで車が凹む?!
  5. 考え方

    ネズミ講とマルチ商法の違い
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。