方法、手法

自動車の車幅感覚を身につける方法

自動車の車幅感覚を身につける方法

 

車を運転するうえで、実は必須の車幅感覚

でも、なんとなく感だけ(だいたい)で運転している人も多いのではないでしょうか。

普通に十分な広さのある車道なら、車幅なんてだいたいで把握していても、なんの問題なく運転できてしまう。

でも、車がギリギリ2台通れるような狭い道で車同士がすれ違う時、車幅感覚がない人は、まったく端に寄られません。

もしくは寄せすぎて、端に溝があるのに脱輪したり、ガードレールに接触したりと車幅感覚が身についていないドライバーは困ります。

 

自分の車

車種によって、感覚のつかみ方が異なります。

せめて、自分の車の車幅ぐらいは、きっちり身に着けておくことが望ましい。

右ハンドルの場合、右側は目視できるのですが、問題は左側です。

左タイヤの端が運転席から見て把握するためにはどうすればよいか。

これから基本的な方法を紹介しますので、自分の車にアレンジしてみてください。

 

練習場所

溝やガードレールでもいいのですが、失敗すると大変ですから、初めは左側に白線がある場所を見つけます。

他の車両の邪魔にならないように注意しましょう。

 

目印を決める

基本的にはダッシュボードの中央に目印を決める。

もしくは、ワイパーブレードなどでも構いませんが、社内の出来るだけ中央に目印を決めておきます。

目印がどうしても決められないもしくは、ないなら、シールを貼ってもいいかもしれません。

 

ボンネットが見える場合

運転席から、ボンネットの左端が目視できる場合は、運転席から先ほど決めた目印とボンネットの左端を結んだ延長線上に道路の白線を合わします。

そして、車を止めて左タイヤの位置を確認してみてください。

すると、左タイヤは道路の白線をきれいに踏んでいないでしょうか。

もしも、ずれているようであれば、目印の位置を変更して再調整します。

 

ステップアップ

うまく、左タイヤの位置が把握できるポイントを見つけたら、次は徐行して白線を踏みながら走行します。

そして、たまに停止して、ちゃんと左タイヤが白線を踏んでいるかを確認します。

これを慣れるまで繰り返します。

特に速度を上げる必要はありません、こんなギリギリの状態で速度をあげる必要がある場面はありませんから。

 

最後に

車の左側が把握できるようになると、通行人や二輪車との接触リスクも減ります。

そして、なんといってもカッコイイ。

運転しながら、身体を前に移動したり、横に移動したりしても、見えないものは見えない。

助手席の人に誘導してもらわずとも、きれいに端に寄せることができれば、あなたの株があがるのは間違いありません。

人の価値が試されるのは、ピンチになったときの対応次第ですから。

それから、この方法では左側が確認できない車種もありますが、要領はおなじです。

目印を2つ決めて、どのように合わせれば、左タイヤが白線を踏むかを見つければよいだけ。

でも、今なら便利なアラウンドビューモニターが搭載している車も多くなってきましたが、まだまだ装備されていない車も多いはずです。

ぜひ、参考にしてください。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    意外と知らない、歯磨きの常識

    知らず知らずのうちに、自己流になっていることが多いようです。ここで一度…

  2. 方法、手法

    とにかく蚊にさされたくない!

    網戸どうも網戸からの侵入が一番多いみたいです。「はい?」意味がわからな…

  3. 方法、手法

    おうぎ形面積の超簡単な求め方

    おうぎ形と三角形は、同じだと考えて大丈夫。底辺は弧の長さで、高さは半径…

  4. 方法、手法

    炭酸飲料の飲み残し保存は蓋を閉めないほうが炭酸は抜けない

    炭酸が抜けないようにする方法はたったひとつ。飲み残した炭酸飲料に金属の…

  5. 方法、手法

    保冷剤の保冷以外の使い方

    吸水性ポリマーは、水を吸収すると、ジェル状になります。ジェル状になった…

  6. 方法、手法

    twitter(ツイッター)で、フォローしてくれない人をリムーブ(アンフォロー)

    パソコンであれば、ファンクションキーの”F5”を押してください。※ファ…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    『いじめ』の対処方法
  2. 方法、手法

    集中力を高めるための環境づくり
  3. メモ

    パソコンのキーボードがおかしくなった原因
  4. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!
  5. 方法、手法

    分厚い書類の束をホッチキスでとめる方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。