方法、手法

男女問わず薄毛必見!毛が増えるシャンプーのやり方

男女問わず薄毛必見!毛が増えるシャンプーのやり方

自然脱毛

正常な状態でも、1日50本の髪の毛は抜けます。

これを「自然脱毛」といいます。

ですから、それ以上抜けているようであれば、髪の毛の寿命が短くなっている証拠。

危険信号の目安といわれているのは、1日100本

もしも、心当たりがある場合は、薄毛への道をたどっているのかもしれません。

 

新生毛

自然脱毛であっても、どんどん毛が抜けるのにどうしてハゲないのか。

それは、新しく生える毛があるからです。

それを、「新生毛」(しんせいもう)といいます。

新生毛は、自然脱毛よりも多い本数生えると言います。

だから、新生毛を大切に育てることが出来れば、どんどん毛が増えることになります。

しかし、新生毛はとてもでもデリケート

少しでも手荒に扱うと、いとも簡単に抜けてしまうんです。

きっと、これらを考慮して余分に新生毛が生えているのですが、それ以上に知らない間に自分で抜いてしまっていこともあるようです。

 

「はい?」

 

「自分で抜いてしまっている」

そう思いますよね、さきほども書いたように、新生毛はとてもデリケートです。

少しでも扱い方を間違えると、ほんとに簡単に抜けます。

シャンプー

私たちが、普段の生活で、最も新生毛に触れるタイミングは、髪の毛を洗うときです。

つまり、洗髪(シャンプー)のときに、新生毛を自分で抜いてしまっている可能性が非常に高い。

「そんな覚えはない!」

そう言いたくなりますが、厳しい現実があります。

例えば、指の腹で、やさしく地肌をこすって頭を洗っている場合。

このやり方では、新生毛は抜けます。

思わず「えっー!」って言ってしまいそうですよね。

地肌を、やさしく擦るだけで、新生毛は簡単に抜けます。

今生えている髪の毛は、こすられることを運よく回避できた髪の毛たちだと思います。

とにかく、新生毛は非常にデリケートなので、取り扱い注意なのです。

 

薄毛にならないシャンプーの方法

シャンプーのときに、いかに新生毛に負荷を掛けないのかが肝になります。

画像のように、指の腹を頭皮に当てますが、できるだけ指は立てたほうが良いです。

画像の指は、まだ寝ているほうです。

そして、指を動かしてはいけません。

 

「は?」

そう、指を動かしてはいけません。

そのまま指を動かさずに、頭皮だけを動かしてください。

ちょっと意味がわからないかもしれませんが、指で地肌を擦ってはいけません。

指で押さえて、頭皮を動かすのです。

何度も場所を変え、ひたすら頭皮を”グニュグニュ”動かして行きます。

思わず、”ガーッ”ってこすりたくなりますが、我慢して頭皮だけを動かすようにします。

どちらかというと、マッサージしているイメージです。

ここまでは、頭皮へのアプローチです。

髪の毛の汚れは、髪の毛だけを揉むように洗います。

頭皮とこすらないように注意します。

 

頭皮がやわらかくなる

この洗髪方法だと、新生毛が抜けにくくなるメリットの他に、頭皮がやわらかくなるメリットがあります。

ハゲる人の頭皮は、とても硬いのが特徴です。

それは、農業と同じで、運動場のような硬い土壌では、草木が育たないのと同じです。

畑を見てみると、土壌がとてもやわらかくなっているので、ぜんぜん違うことがわかります。

人間の頭皮も同じで、毛の生える土壌はやわらかいほうがいいのです。

頭皮を動かして、洗髪することにより、血行が良くなります。

頭皮の硬い順に並べてみると下記のようになります。

【柔らかい】後頭部 ← 側頭部 ← 生え際 ← 頭頂部【硬い】

ですから、硬いところからハゲるわけです。

あと、頭には3つの筋肉があります。

前頭筋・側頭筋・後頭筋

実は、頭頂部には筋肉がありません。

外から力を加えない限り、頭頂部だけは動かないんですよ。

だから、血液循環がよくならなず薄毛になっていくわけです。

 

頭皮の柔らかさの確認方法

握り拳をつくります。

1.親指と人差し指の付け根


2.手の甲

3.中指の付け根


この3個の部分の弾力を確認しておき、自分の頭皮の硬さと比較してみます。

例えば、頭頂部や生え際の皮膚の硬さが、「中指の付け根」ぐらいの固さだと、かなり要注意です。

硬くなっているのは、それだけ血液の循環が悪いということです。

血液の循環が悪いと、栄養状態が悪くなるので毛は細くなります。

ちなみに、「手の甲」ぐらいが正常範囲で、「親指と人差し指の付け根」ぐらいだと、ものすごく良好ってことになります。

最後に

今回の話は、あくまでもケアの話です。

薄毛には、医学的な観点もあり、ケアだけではどうしようも出来ないこともあります。

ですから、すべての人に有効とは言えませんが、ひとつのアンサーとして捕らえてください。

善ちゃんに、シャンプーの仕方を伺ってみたところ、このようなアイテムを使ってゴシゴシと洗っていると聞きました。

 

シャンプーブラシと言われるアイテムです。この商品の批判をするつもりは一切ありませんが、この記事を読んだ人なら正しい判断ができると信じています。

善ちゃんに、何でこれを使っているのか伺ったところ・・・

「抜けるのは仕方がないから、”ゴッシゴシ”これで洗うねん!」

この後私は、すぐにアドバイスさせていただきました。

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    切れない包丁でも、きれいに切れるのはなぜ?

    切れないから、切れない包丁ですよね?それが、きれいに切れる?意味がわか…

  2. 方法、手法

    ボルトやナット等の締付け管理とは

    ボルトの締めすぎによる問題締めればいいってものではありません。締め付け…

  3. 方法、手法

    ICAD/SXはカスタムすればストレスがなくなる

    ICADはデフォルト設定に配慮がありません。慣れればいいって話もありま…

  4. 方法、手法

    蛍光灯は1時間後にまた付けるなら消さないほうが電気代は安い?

    「蛍光灯は1時間後に付けるなら消さないほうが電気代は安い」このような都…

  5. 方法、手法

    なぜか電気代が増加しているなら漏電かもしれない!

    漏電の可能性がある場合は、素人では判断しにくいので、まずは電力会社に相…

  6. 方法、手法

    【料理は科学】ナポリタンの作り方

    お店では、注文が入ってからパスタを茹でることはしていないことがほとんど…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    日本は破綻しなくて国民は借金などしていない事実
  2. 方法、手法

    WordPressで記事のIDを確認する方法
  3. 方法、手法

    スケジュール帳を上手に使う方法
  4. 方法、手法

    ナチュラル民間療法でいろんなかゆみを撃退したい。
  5. 考え方

    ありがとうの反対語を知っていますか?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。