思い出

逆襲のオコゼ

ヒメオコゼの逆襲

ヒメオコゼの逆襲

前回書いたアナフィラキシーショクの記事で、私自身にも思い当たる節がありました。
善ちゃんはハチで抗体が出来ているかもしれませんが、僕はオコゼ。

善:「”シャア”じゃなくて、オコゼですか」

瀧 :「”シャア”・・・って、なに?」

善:「いや、もういいです。続けてください。」
※本当に、わからなくて数日後にもう一回聞きました。
それが、「逆襲のシャア」
いや、オタクしかわからんし。

僕はねぇのんびりと防波堤で小物を釣るのが好き。
ゆったり、まったりと釣りを楽しむはずの、いつもの釣りが悲劇を産むこともあります。
釣りたくもないボラが釣れてどうにもできなくなったり、サビキ釣りで「おまえらバカか!」って思うぐらいアジやイワシが釣れて、楽しいはずの釣りがただの作業っぽくなってるとき。
フグばかりが釣れて猛攻を受けて撃沈することだってあります。
しかし、そんなものは全然悲劇ではありませんでした。
その日は、朝からヒメオコゼばっかりが釣れてた日

「今日はダメだなぁ」
そう思っていた時にまさに悲劇は訪れた。
釣っては、針を外して逃がしの連続。
だんだんとヒメオコゼに嫌気をさしてきて、後半になると結構雑に釣れたオコゼを処理するようになっていました。

ある瞬間、釣れたオコゼを掴もうとしたらハリスが竿立てにあたり、竿たてにあたったハリスの部分が支点になりオコゼがすごい勢いで1回転しました。
まさに、一瞬の出来事。

1回転した拍子に腕、ちょうど手首に近い血管がものすごくよく流れていそうな部分にオコゼの棘部分がジャストミート。

最悪

すごく痛いし、なによりも刺さった痛み以上のものを実感する。
なにか嫌な予感。

これは毒が身体に注入されているような感覚があります。
なんだか熱っぽくもなってきました。
いつもなら、このような役は善ちゃんです。

善:「いやいや、そんなアクシデントは、人生のアクセサリーみたいなもんやから、いいと思うよ俺はね。」

恐るべしヒメオコゼ。
後に病院で抗体検査をしましたが、抗体はありませんでした。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

ハチに刺されたら覚えておくこと前のページ

忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん次のページ

関連記事

  1. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半

    なぜ、レストランでアルバイトしたかったかというと、とても楽そうに見えた…

  2. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  3. 思い出

    生涯で一度しか笑ったことがないニュートン

    いかがでしたでしょうか、リンゴが落ちるレアな瞬間を見るって、どれだけ長…

  4. 思い出

    見習いに殺されかけた善ちゃん!

    「俺から、盗めるものがあったら、なんでも盗めよ」次の日、車から道具が結…

  5. 思い出

    波もなく流れもないため池で、なぜ溺死するのか

    ロープ1本あれば安全に助けることが出来そうです。落ち着きさえすれば、陸…

  6. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 前編

    披露宴の始まりライトアップされたフロアは、まるで1枚の絵のように周囲の…

役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

  1. 考え方

    本の紹介「あなたの体は9割が細菌」
  2. 思い出

    司会などとは無縁の人間が、人生初の司会を行うとどうなるのか? 前編
  3. メモ

    ステロイドから解放された意外なもの
  4. 考え方

    「形容詞」を「動詞」に変換すると話し方に角が立たない
  5. メモ

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計の曲げ加工編
PAGE TOP