考え方

コンセントにアースがない場合


アースがない家電

アース(接地)工事を必要としない家電はたくさんありますが、洗濯機や冷蔵庫、エアコンや給湯器と言った水と関係がある家電には必ずアース工事をする必要があります。
私たちは、現場ではアース工事のない洗濯機や冷蔵庫を見ることがありますが、これは非常に危険な状況なんです。
詳しくは割愛しますが、アース工事を省略して良い理由なんて、やっぱりないんです。
職人にアース工事を勧められたら。追加料金が発生するかもしれませんが、やっぱりお願いすることをお勧めします。

コンセントにアースがない場合

アース工事をしないとってわかっていても、アースの接続がないコンセントもあるんですよね。

この場合、大きく方法は2つです。
・ビリビリガードを取り付けする。
これだったら、機械音痴の人でも資格なしに取付することができます。
ビリビリガード経由でコンセントを差しているいれば、いざという時に通電が停止されるので安全なんです。

・アース(接地)工事を行う。
近くに接地付きコンセントがあれば、他の家電と共有しても良いし、なければ外の地面に接地する工事となります。
かなり面倒で、材料も必要なので、工事料金も比例するとは思います。
近くに水道管でもあれば、それに巻き付けてテープで固定しても良いのですが、ガス管だけは絶対に使用してはいけません!

工事業者向け

エアコンの室内機は、大量のドレン水が発生しますし、室外機は雨にさらされることが多くなります。
また、エアコンは専用コンセントでの接続が必須なほど、大電流を使用するため、室内機と室内機の両方に必ずアース(接地)工事が必要です。
例えば、マンションのベランダなど、室外機のアース工事が出来ないような状況も考えられますが、その場合は室内までアース線を伸ばして、室内のコンセントにあるアース接続するようにしましょう。
アース接続工事は、標準工事に含まれるかどうかはグレーゾーンですので、工事の難易度に応じて追加工事費を請求すると良いでしょう。
いくら面倒でも、アース接続を省略する工事だけは避けるようにお願い致します。

引越しなどの移設時

引越しの際は、電気工事士のように知識のない人が冷蔵庫などを設置する場合があります。
こんな時、高確率でアース接続していないと想像しています。
お客様の方でも、気が付かれたらアース工事をお願いするように言うことをお勧めします。
その場合、追加費用は覚悟しておく必要があります。

さいごに

アースは、メーカーの最後の砦と言われるほど重要な工事です。
アース接続するネジは、腐食しにくい高価な材料が使用されるほどしっかりとした材料が使用されています。
アース工事をしなくても、一見何も影響がないように見えるのが恐ろしいところです。
今一度、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、食器洗い乾燥機などなど、アースが必要な家電にアース工事がされているかの確認をすることをお勧めします。
アース工事がされていなければ、「ビリビリガード」を購入すれば大丈夫です。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

本気で募金したいなら赤い羽根はやめたほうがいい理由前のページ

既存の電動シャッターにリモコンを増設次のページ

関連記事

  1. 考え方

    コーヒーの最適な飲み頃をキープするカップ

    ものすごく良いマグカップを見つけました。マグカップと考えると少し高いけ…

  2. 考え方

    カビキラーの噂は本当なのか?

    カビキラーの噂を考察インターネットで“カビキラー“を検索するとかならず…

  3. 考え方

    挑戦を避けた未来はめっちゃ怖い

    今すぐ行動しないと、歳を重ねた時に必ず後悔することになるということ。出…

  4. 考え方

    バイクにスクリーンと屋根があると快適な理由

    屋根付を乗るようになってからは、これ以外考えられないというのが職直な感…

  5. 考え方

    出来る人ほど適当に計算する!

    数字は細かく見ると混乱してしまって確信が見えなくなるものです。ざっくり…

  6. 考え方

    世界中がずっこける『Yes We Can』

    「Yes We Can」の訳は、「私たちなら出来る」です。これは、元ア…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    白砂糖の危険性について
  2. 考え方

    コーヒーの最適な飲み頃をキープするカップ
  3. メモ

    【ガリ傷】クルマのアルミホイールは自分でも修理ができる
  4. 考え方

    日記を書き続けると知恵が発揮される理由
  5. 考え方

    エアコンのプロは、お掃除ロボット付のルームエアコンを選ばない
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。