方法、手法

A4サイズを封筒にピッタリ収まるように、三つ折りにする方法

A4サイズをピッタリ三つ折にする方法

A4サイズ

申込用紙や手紙などは、A4サイズが主流。

それを、入れる封筒は、三つ折にしたらピッタリと収まります。

二つ折や、四つ折なら、それこそ簡単に、誰でもできるのですが、三つ折りとなると均等に折るのはむずかしい。

定規で測りながら折る人もいるかもしれませんが、かなり面倒。

私が提案したいのは、即席で治具を作って折ることです。

 

治具(じぐ)とは

加工や組立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。

「治具」という日本語は同義の英単語 “jig” に漢字を当てたものです。

つまり、治具は当て字ってこと。

 

治具の作り方

A4サイズを封筒に入るサイズに三つ折りにする治具の作り方

A4サイズのコピー用紙(広告でも何でも構いません)を1枚用意します。

A4サイズ: 横 210mm 縦 297mm

材料は、これだけです。

長い方(縦)を4等分に四つ折りします。

 

4等分に四つ折りしたあと、1/4を折り返して3等分にします。

これで、治具は出来上がりです。

ね、とても簡単でしょ。

 

治具の使い方

 

 

3等分にしたA4用紙を広げて、対角に結んだ線の長さが 約305mmとなっています。

ですから、三つ折りにしたいA4用紙を、この対角に合わせます。

厳密に言えば、297mmを305mmに合わすので、両端4mmずつ内側に寄せてください。

 

 

すると、治具の折り目と、三つ折りにしたい紙の交点が101.5mmになります。

 

 

A4サイズ: 横 210mm 縦 297mm

この、101.5mmこそが、封筒にきれいに収まるジャストサイズ。

このポイントで折れば、封筒にきれいに収まる三つ折りにすることができます。

この治具のいいところは、即席で作れるところ。

ですから、場所を選ばず利用できることが最大のメリット。

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    いろんなワインコルクの開け方

    ワインは衝撃によって、多少味が変化しますので、高級なワインではおすすめ…

  2. 方法、手法

    【料理は科学】ナポリタンの作り方

    お店では、注文が入ってからパスタを茹でることはしていないことがほとんど…

  3. 方法、手法

    インスタントコーヒーがおいしくなる作り方

    コーヒーに使う水は、カルシウムやマグネシウムの濃度が低い水道水がおすす…

  4. 方法、手法

    NTTの屋内配線使用料は無料に出来ます。

    116にダイヤルして、「屋内配線を買い取ります!」と言えば、年間720…

  5. 方法、手法

    会社や自宅にかかってくる営業電話の撃退方法

    実際に私が対応している方法で、実績もあるのでビビらずに実践してほしい。…

  6. 方法、手法

    【ダイエット】その1 水をたくさん飲む

    水分ではなく、『水』を飲む事がポイントってこと。お茶やコーヒーは、水で…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    自分と相手を大切にする表現技法
  2. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計の曲げ加工編
  3. 考え方

    入学祝いに贈りたいもの
  4. 方法、手法

    男女問わず薄毛必見!毛が増えるシャンプーのやり方
  5. 考え方

    おすすめの標準電卓 機能編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。