方法、手法

A4サイズを封筒にピッタリ収まるように、三つ折りにする方法

A4サイズをピッタリ三つ折にする方法

A4サイズ

申込用紙や手紙などは、A4サイズが主流。

それを、入れる封筒は、三つ折にしたらピッタリと収まります。

二つ折や、四つ折なら、それこそ簡単に、誰でもできるのですが、三つ折りとなると均等に折るのはむずかしい。

定規で測りながら折る人もいるかもしれませんが、かなり面倒。

私が提案したいのは、即席で治具を作って折ることです。

 

治具(じぐ)とは

加工や組立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。

「治具」という日本語は同義の英単語 “jig” に漢字を当てたものです。

つまり、治具は当て字ってこと。

 

治具の作り方

A4サイズを封筒に入るサイズに三つ折りにする治具の作り方

A4サイズのコピー用紙(広告でも何でも構いません)を1枚用意します。

A4サイズ: 横 210mm 縦 297mm

材料は、これだけです。

長い方(縦)を4等分に四つ折りします。

 

4等分に四つ折りしたあと、1/4を折り返して3等分にします。

これで、治具は出来上がりです。

ね、とても簡単でしょ。

 

治具の使い方

 

 

3等分にしたA4用紙を広げて、対角に結んだ線の長さが 約305mmとなっています。

ですから、三つ折りにしたいA4用紙を、この対角に合わせます。

厳密に言えば、297mmを305mmに合わすので、両端4mmずつ内側に寄せてください。

 

 

すると、治具の折り目と、三つ折りにしたい紙の交点が101.5mmになります。

 

 

A4サイズ: 横 210mm 縦 297mm

この、101.5mmこそが、封筒にきれいに収まるジャストサイズ。

このポイントで折れば、封筒にきれいに収まる三つ折りにすることができます。

この治具のいいところは、即席で作れるところ。

ですから、場所を選ばず利用できることが最大のメリット。

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    受験の小論文の書き方

    知識は日ごろから新聞を読んでいないと得ることが出来ませんから、新聞のコ…

  2. 方法、手法

    業者に任せず、自分でエアコンのクリーニングを行う方法!

    エアコンは自分でクリーニングできます。エアコンを、取り外すことがない簡…

  3. 方法、手法

    有線のネットワークしかない場合に、Wi-Fi機器をネット接続する方法

    今の時代になっても、Wi-Fi環境がなく、有線LANしかないビジネスホ…

  4. 方法、手法

    アルミホイルの便利な利用方法

    アルミホイルって、料理以外にもいろいろ使えることがわかりました。ほんの…

  5. 方法、手法

    怒りの気持ちと上手に付き合う方法

    どうやって、伝えればいいのか伝える時には、「私(俺)」を主語にして話す…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?
  2. トレンド

    【朗報】iPhone SE 再び 片手で操作しやすい4インチは継続される!
  3. 方法、手法

    メッキ加工は自分でも出来る!
  4. 考え方

    視覚障害の方のことを考えて、ブログ記事を見直します。
  5. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ 公差編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。