考え方

考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

環境は、自分次第

環境は、自分次第、人生も自分次第と教えてくれている寓話があります。

よく聞く物語ですが、知らない方はまず一読を・・・

ある町の入り口に一人の老人が座っていた。 そこに、よその町から一人の若者がやって来た。

若者は老人に尋ねた。「この町はどんな町ですか?… どんな人たちが住んでいますか?」

老人 「君はどんな町からやって来たのかね?」

若者 「僕がいた町は、利己的で悪賢い人が多かった。 安心して住めない、ひどい町でした」

老人 「この町も同じようなものじゃよ」

若者は疑いの目で老人を見ると、町に入っていった。

そして間もなく、老人が言ったとおりの町であることを知った。

 

そのしばらく後、別の若者がやって来て、老人に尋ねた。

「この町はどんな町ですか? どんな人たちが住んでいますか?」

「君はどんな町からやって来たのかね?」

僕がいた町は、やさしくて親切な人が多かった。 とても住みやすい、素敵な町でした」

「この町も同じようなものじゃよ」 若者は老人にお辞儀をすると、町に入っていった。

そして間もなく、老人が言ったとおりの町であることを知った。

ブッダ真理のことば第一章の第一

お釈迦さまのことば、ブッダ真理のことば第一章の第一でも次のように書かれています。

「ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によって作り出される。」

私たちはものごとをありのままには見ていません。

 

事実と真実の違い

しず:「なぁ、善ちゃん・・・いいかげん自白したらどう? 今日のエアコン工事で事故あったやろぉ?」

善:「いっいいや・・・ 俺はエアコン工事中に、電柱に顔面をめっちゃ強打したりしてないよ・・・ ちょっと電柱に顔が触れたかもしれんけどな。」

しず:「どこが違うの? 事故でしょ? お客さんからクレームなかったん? 正直に話してもたぶんクレームにはならない事故だったと思うよ。」

善:「いちいち言わなくてもいいやて・・・ 俺が作業に集中しすぎてて、すぐ横にあった電柱の存在を忘れてて、振り返った瞬間、全力で電柱に顔を強打したところなんて誰にも見られてないし。」

しず:「まぁ、たしかに・・・」

善:「それに俺は、この事を誰にも言っていないから、俺が電柱に顔面を強打した事実は存在しないねん!」

しず:「はぁ~、それで?」

善:「近所でも『エアコン工事してるおっさんが、電柱に思いっきり顔面を強打して鼻血だしながら、泣くのを我慢して作業を続けていた!』なんて話は、まったく出てこなかったし」

しず:「いいわけがましいなぁ」

善:「なんやねん、何が言いたいねん。」

しず:「そりゃぁそうかもしれんけど・・・ その顔みたら、誰でも何かがあったって気づくよ・・・ ってかお客さんも気付いているよ・・・ たぶん。」

善:「俺が顔面を強打した時、誰にも見つかっていないし、あの家には防犯カメラもないし、隣の家にも誰もいなかったから、俺が電柱に顔面を強打したことに誰も気がつかないはず・・・ だから、俺が顔面を強打したなんて事実は、これから先も永遠に存在しないってことやぁ!」

しず:「あ~ぁ、言っちゃった。」

善:「でも、確か作業終了の報告に行ったとき、お客さんの顔がちょっと驚いていたっぽいような・・・?」

しず:「確かに、今現在は俺と善ちゃん以外、誰も善ちゃんが顔面を強打したことを知らないから、『善ちゃんが顔面を強打して涙をこらえて鼻血を袖で拭いた』なんて事実は存在していないかもしれない。」

善:「ようわかっとるやん」

しず:「でも、だからといって、このまま『顔面を強打した』事実が存在しないまま、時間だけが過ぎていくのは、なにかがおかしい気がする・・・?」

 

事実と真実は違う

事実と真実は違います。

善ちゃんが『顔面を強打した』なんて事実は確かに存在していない。

新聞やTVやインターネットを見ても、そんなことはでてこないし、いろいろな人に聞いても答えは聞けない。

今、パソコンやスマホでこの記事を見ている方も、善ちゃんが『顔面を強打した』なんて事実は知らなかったわけやし。

だから、善ちゃんが『顔面を強打した』なんて事実は存在しなくても、善ちゃんが『顔面を強打した』という真実は存在します。

事実とは、多くの皆が認識しておる事柄のこと。

真実とは、多くの皆の認識とは関係なく、実際の本当の事柄のこと。

善:「なるほど! だから、俺が顔面を強打した事実はないってことになるのか! だって、世界中のほぼすべての人が「善ちゃんが電柱に顔面を強打して顔がめっちゃ腫れている!?そんな話は知らない。」と答えるから・・・ つまり、世界中のほぼすべての人が『この事件を知らなくては存在していない』という認識なのか!」

しず:「なんだか長くて、途中は意味がわからんかったけど、そういうことになります。でも、あなたの赤く腫れた顔を見たら誰でも気付くと思うけどなぁ」

善:「あなたっていうな!」

しず:「でも、世界中のほぼすべての人の認識は関係なく、善ちゃんが顔面を強打した、実際の本当の事柄だから、真実です。」

私たちの日常の世界には、皆が認識している事実と、実際の真実が異なることが多々あるです。

これは一種の情報格差。

世の中の多くの人は、TVや新聞やネットや、身近な人からの口コミなどで、事実を知っているつもりになっているけど、真実を知らないことも多い。

一般人には、真実は伝えられていないことも、たくさんあると思う。

そして、事実や真実は、同じ事実や真実でも、人の視点によって違います。

だから、TVニュースや人の口コミ、ネット上の情報を鵜呑みにしてはいけないと思うんですよ。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    ダイオキシンは、そんなに有害じゃない

    善:「じゃぁ、俺がよく行っている、焼き鳥屋って、どうなるんやろう」しず…

  2. 考え方

    猫ちゃんからのプレゼント

    猫を飼ってたことがある方なら、必ず知っているエピソードの数々果たして、…

  3. 考え方

    運動はダイエットのために最も適した方法ではない

    脳科学では、体がエネルギー不足を感知すると、脳が体に「あまり動くな」と…

  4. 考え方

    カメムシを1000匹以上駆除した達人に聞く! 駆除する時の注意事項とは

    まさか、こんな記事を書く時が来るなんて思ってもみませんでした。カメムシ…

  5. 考え方

    『時代を超える普遍的なメッセージ』ギリシャ神話から思うこと

    この神話を通して伝えたいこと大切な家族がこのような状況に遭遇したとき、…

  6. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 4

    癌になった家族にできることは、何があるのでしょうか。私なりによく考えて…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    洗濯機はカビの製造工場みたいなもの
  2. 考え方

    職場の上司と上手に向き合う方法!「怖い」と「厳しい」の違いとは
  3. 方法、手法

    使い捨てカイロの有効利用方法
  4. 方法、手法

    お餅にお醤油を垂らすと網に付かなくなる理由
  5. 考え方

    ガス給湯器は追いだき機能が無いタイプがおすすめ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。