考え方

お年玉の相場!そして、お盆玉とは?

お年玉の相場!そして、お盆玉とは?

標準的な相場

対象金額
未就学児 1000円
小学校低学年2000円
小学校高学年3000円
中学生5000円
高校生5000円
大学生10000円

これは、50%を超える人が渡している金額となっています。

例えば高校生なら、20%の人は1万円を渡しているようですが、70%の人は5千円と、回答しているため「5000円」としています。

 

でも、お年玉として渡す金額は、この表にあるようには決められません。

仮に、中学生の甥や姪が20人居れば、10万円(5000円 X 20人)の出費になるかというと、「それは流石にキツいから勘弁してほしいわ」ってなると思います。

逆に、対象になる中学生の甥や姪が2人しか居なければ、通常5000円のところ、1万円を渡すこともあるでしょう。

やっぱり、総額も考慮する必要があります。

 

総額の目安

全体の60%の人が、総額で5万円以下となっています。

残りの40%は例外として切り捨てて考えます。

ですから、総額が5万円近くになっているようなら、上限だと認識していい金額です。

さらに、総額を5万円使う人は、60分の4 なので、かなり少数派。

もっとも多い総額は、18000円

ですから、世間の多くは、お年玉に使っている総額は、1~3万円が大多数を占めていることがわかります。

ここから、判断できる結論としては、対象者が多い人は3万円の総額で、割り振ってみてください。

逆に、対象者が少ない人は1万円の総額で、割り振ってみてもいいことになります。

 

参考例 1

会社員 35歳 新婚家庭の男性

対象者

中学生 4人

小学生高学年 3人

未就学児 6人

 

相場で渡すと・・・

中学生 5000円 x 4人 =2万円

小学生高学年 3000円 x 3人 =9000円

未就学児 1000円 x 6人 =6000円

総額 : 35000円

 

総額が3万円を超えているので、妥当とは言えません。

ここは、3万円以下に抑えて渡すことを検討します。

中学生 4000円 x 4人 =16000円

小学生高学年 2000円 x 3人 =6000円

未就学児 1000円 x 6人 =6000円

総額 : 28000円

小学生と中学生には、2千円札で渡してあげましょう。

ちょっと、ケチくさい気もしますが、どこかで割り切る必要があります。

今回のように、5千円ぐらいの予算オーバーならいいかもしれませんが、どこかで線を引くべきだと考えます。

 

参考例 2

会社員 38歳 独身女性

対象者

中学生 2人

小学生低学年 2人

 

相場で渡すと・・・

中学生 5000円 x 2人 =1万円

小学生低学年 2000円 x 2人 =4000円

総額 : 14000円

 

もっとも多い総額が18000円だから、もう少し考慮して検討します。

少しだけ増額して・・・

中学生 6000円 x 2人 =12000円

小学生低学年 3000円 x 2人 =6000円

総額 : 18000円

中学生には、2千円札を3枚入れて上げましょう。

どうしても、5000円の次は1万円となりそうですが、2千円札をうまく活用して、出来るだけ適正価格で気分を害さない程度に渡してあげればいいのではないでしょうか。

 

さいごに

お互いの総額が同じになるように、対象者の数が違う家族同士で相談する人もいると聞きますが、私個人的には、このやり方は好きではありません。

子どもが多く居る家庭には、たくさんお年玉が集まってもいいんじゃないでしょうか。

正解はありませんが、形にとらわれずに決められる基準を作ればいいと考えています。

ここで書いた記事は、ひとつのアンサーにしかすぎません。

みなさんの参考になれば、幸いです。

私は、毎年25000円の総額で分配しています。

それは、たまに飛び入りがあるので、少しだけ抑えています。

それから、あまり見かけない2千円札は、子ども達には人気がありますので、私はよく使っています。

 

地域によっては、「お盆玉」なるものがあるそうです。

これは、対象者が少ない場合、「一度にたくさんあげるよりも、分けて渡したい」といったアイデアだと聞きました。

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    性格や心理状態で目に見える色が変わる

    今見えている色は、心理状態によって変わると言われています。定期的に、挑…

  2. 考え方

    専業主婦には休日がない

    その家で生活している者が家事をするのは当たり前です。出来ることは率先し…

  3. 考え方

    お風呂の循環金具(風呂アダプター)の寿命

    構造的には、とてもシンプルで、故障するイメージがありません。メンテナン…

  4. 考え方

    台風が接近!事前に私たちが備えることは?

    「ちょっと田んぼの様子を見てくる」これ、ギャグではありません。毎年、こ…

  5. 考え方

    ボウリングとカーリングの違い

    なぜブラシで氷の表面をこすると狙った方向に曲げたりしてコントロールでき…

  6. 考え方

    傘がない雨の場合、走っても歩いても濡れる量は同じ?

    傘を持っていない時に、雨が降ってきました。急いで目的地にたどり着くため…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    洋式トイレの正しい座り方
  2. 方法、手法

    食パンを止めているこれ、捨てないで利用できます。
  3. 考え方

    毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない
  4. トレンド

    2017年12月6日 NHKが裁判で負けました。
  5. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 風編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。