方法、手法

落ちるはずのないブレーカが落ちるのはなぜか?

落ちるはずのないブレーカが落ちるのはなぜか?

落ちるはずの無いブレーカが落ちました、それはなぜでしょう?

使用状況

扇風機を稼働させている部屋を掃除しようと考えました。

消費電力から電流値を計算すると17Aでした。

ブレーカは20Aだったので、問題ないと思って掃除機のスイッチを入れた瞬間にブレーカが落ちてしまった。

ブレーカは20Aを越えると動作するものだから扇風機と掃除機を合計しても20Aは超えないのでブレーカは落ちるはずがないのに?

電圧:100V

扇風機:500W(5A)

掃除機:1200W(12A)

ブレーカ:20A(2000W)

 

原因は力率

家庭用の電気は交流。

交流電気は力率を考慮する必要があります。

実は、交流の電気を使う機械は実際に流れる電流と消費電力から計算で求めた電流と同じにはならないことも多い。

交流の電流を計算するときには「力率」を加えないといけない。

 

モータの力率は「0.8」なので、これを加える必要があります。

扇風機も掃除機もモータが使われています。

 

力率を考慮した電流値の求め方

 

電流(I)=消費電力(P)÷{電圧(V) x 力率}

力率を考慮した扇風機の電流値

 

電流(I)=500÷(100x0.8)=6.25A

 

力率を考慮した掃除機の電流値

 

電流(I)=1200÷(100x0.8)=15A

 

合計:21.25A

 

この計算結果から当然、20Aを超えているのでブレーカは落ちます。

 

力率は製品によって違う

力率の参考値

電熱器・白熱球:1

蛍光灯:0.95

消費電力を表示する定格ラベルに「500VA」と表示されているものは、力率が考慮されている表記。

500「VA」=5A

500「W」=6.25A

 

電化製品に使われる「W」の表記について

掃除機や電子レンジの記事でも書いていますが、実際の消費電力と同じとならない「W」表記があります。

掃除機だと、「W」は仕事率を表しますので、500Wと表記があっても消費電力を別途確認する必要があります。

電子レンジ出力も「W」表記がありますが、これも消費電力と同じとはなりません。

電気をマイクロ波に変換するときにロスが発生しますので下記の計算で消費電力を求める必要があります。

消費電力(W) = 出力(W) x 1.45 と計算

1000Wの出力なら、消費電力は1450W程度となります。

 

まとめ

つまりは、ギリギリで使うといけないってことなんですが、「計算なんてめんどうだ!」って人は、ブレーカーの音を聞いてみてください。

ギリギリで使っているときは、ブレーカーから唸り音が聞こえ始めます。

この唸り音が大きくなってきたら、もうすぐブレーカーが作動することになります。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    なぜか電気代が増加しているなら漏電かもしれない!

    漏電の可能性がある場合は、素人では判断しにくいので、まずは電力会社に相…

  2. 方法、手法

    amazonで90%OFFの商品を買う方法

    amazonを、なにげに見ていると、稀に とんでもない割引率の商品に出…

  3. 方法、手法

    女性に好感の持たれる体臭を目指すための対策 

    最近では、「スメハラ」なんて言葉もあります。悪意はなくても、知らない間…

  4. 方法、手法

    使い捨てカイロの有効利用方法

    電気カイロのように、ONとOFFのスイッチがあったら、結構長持ちします…

  5. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ 公差編

    コスト編では、コストを下げるために、公差をある程度は緩める必要がありま…

  6. 方法、手法

    有料道路で降りるインターを間違えても無料でUターンできる方法

    なにかの拍子に目的のインターチェンジを通過してしまった場合は、堂々とU…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!
  2. 方法、手法

    【悪用禁止】スマホで同じアプリを使用する方法
  3. 方法、手法

    Excelのバックアップファイルを上書きするたび自動作成
  4. 方法、手法

    ICAD/SX で作図中にシャットダウンしてしまったらリスタート!
  5. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ コスト編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。