考え方

蛍光灯の都市伝説

蛍光灯は1時間後にまた付けるなら消さないほうが電気代は安い?

電気代の都市伝説

「蛍光灯は1時間後にまた付けるなら消さないほうが電気代は安い」このような都市伝説を聞いたことはないでしょうか。
これ、子供のころに大人からも言われたことがあります。
本当は、パチパチ点けたり消したりするなってことだったのかもしれません。
答えは、嘘

確かに、蛍光灯は点灯するときに一番電気代がかかるのは事実。
でも、点灯の数秒で1時間分もの消費電力を使うはずがありません。
ちょっと計算してみれは簡単に答えがわかります。

わかりやすく単純に計算するために、力率とか完全無視した物理的にはいい加減な計算を行います。

40Wの蛍光灯を1時間使えば、40Wh(ワット時)の消費電力。
1時間=3600秒
3600秒で40Whの消費電力
蛍光灯の点灯に10秒かかるとして、40Whの電力量を10秒で消費するとなると・・・

10秒で40Whの消費電力
40W x (3600/10秒) = 14400W/10秒

なんと点灯10秒間の蛍光灯の消費電力は14400Wとなりました。
通常使用時の40Wと比べると、実に360倍。

電流で考えると、点灯の10秒間は144Aが続くことになります。
14400W ÷ 100V = 144A
144Aはとても大きな電流。

コンマ数秒ならともかく、10秒間も流れ続けられる訳がありません。
家のブレーカを見てみるとせいぜい60Aまででしょう。
こんな電流が10秒も流れたら確実にブレーカが落ちています。
なので、これは都市伝説というか、なにか別の教えだったのでしょう。

昭和初期の家電なら

100歩譲って、昭和初期の家電なら・・・とも思いましたが…やっぱりありえません。
本題の電気代金の観点で見ると、どれくらい離れるなら消したほうが電気代は安く抑えることができるのか?
これも、計算ですぐに答えは出ます。

でも考慮するのは電気代のみではありません。
機器の寿命も考慮にいれるべきなんです。
省エネルギーセンターのデータをみると、平均寿命1万時間の40Wの蛍光ランプの場合、1回の点滅で約30分寿命が短くなると記載がありました。
なら、30分寿命が短くなるからと言って、単純に30分以内ならば点灯していた方が良いという事ではありません。

点灯していなければ電気代はゼロ

結局、点灯していなければ電気代はゼロ。
でも頻繁な点灯消灯の繰り返しで、すぐに製品が故障することも考えなくてはいけません。
点灯時間が少なく、頻繁に点灯消灯を繰り返す場所には、蛍光灯ではなく白熱球を使用することをオススメします。
白熱球は蛍光灯と比べて電力消費は大きいですが、点灯でのストレスはありませんので頻繁に点灯消灯をする場所に向いているのです。

豆知識

100Vの白熱球より、110Vの白熱球を使用した方が消費電力が少なく、電球自体の寿命も長いんですよ。

いかがでしたでしょうか、少しは参考になりましたでしょうか?


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

ブレーカが落ちる原因前のページ

三相交流が理解できる話次のページ

関連記事

  1. 考え方

    雨の日は洗車日和!実は雨の日が一番きれいになります。

    本当に車を大切にしている人は、雨の日にも洗車をしています。そして、晴れ…

  2. 考え方

    ハリウッド映画でありそうな惑星衝突が現実にあるかもしれない!

    「隕石じゃないの?」と言う。「なバカなぁ」そう思っていましたが、よくよ…

  3. 考え方

    給湯器の寿命とは

    給湯器も他の家電と同じように寿命はあります。普段、あまり目に付かないと…

  4. 考え方

    算数(数学)の本質

    1~100までの数字を全て足しなさいこんな問題を出されたら、どう計算す…

  5. 考え方

    感受性が強いがゆえに苦しむ場合

    感受性の豊かさには、長所と短所の両面があることを正しく理解した上で、自…

  6. 考え方

    『猫バンバン』のやりすぎで車が凹む?!

    車のメンテナンスをするためにボンネットを開けたら、鳥の骨がよくあったそ…

役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

  1. メモ

    本の紹介「タンパク質の話」
  2. 考え方

    お風呂でオシッコをする問題とは
  3. 考え方

    掃除機選びのコツ
  4. 考え方

    蛍光灯の都市伝説
  5. 考え方

    車の運転中、内部循環と外気導入どっちが正解?
PAGE TOP