方法、手法

エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 街探検編

エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 街探検編

 

この記事は、夏にエアコンに頼らず涼しく過ごすための方法を記事にしたものです。

第一回から読まれる方は、こちらをクリックしてください。 ←リンク貼っています。

 

街探検

普段、なにげに過ごしている街をすこし違った角度で探検しました。

家を涼しくするためのヒントを探すための街探検です。

今回は、街を探検し、放射温度計でいろんなものを測定して来ました。

 

放射温度計とは、物に触れずに温度を測定できる優れものです。

 

暑かったところ

測定時の気温・・・32度

白いガードレール・・・42度

住宅の黒っぽい壁・・・・58度

アスファルトの道路・・・60度

住宅の屋根・・・・75度

停止している車の車体・・・77度

 

涼しかったところ

測定時の気温・・・32度

公園の土の道・・・・28度

木の表面温度・・・・25度

池の水面温度・・・・24度

 

 

微気候(ミクロクリマ)

暑いところに共通しているのは、樹木が少なく、土が少ないところ。

さらに、暖まったモノから放射される輻射熱が原因になっていることがわかります。

暑いところを抜けて、緑に包まれた公園に入った瞬間、涼しい風が吹いていました。

涼しいところに共通しているのは、樹木が多く生えているところ。

つまり、緑に覆われた公園については、どこを測定しても暑いところはありませんでした。

同じように、日の当たっている道に関しても公園と住宅街では、2倍以上温度差がありました。

住宅街の道路・・・60度

公園の道・・・28度

こうした、街の中といった、狭い範囲での環境の違いを「微気候」といい、微気候と樹木には大きな関係がありそうです。

微気候とは、「びきこう」と読みますが、ミクロクリマのことをいいます。

ミクロクリマと言われるほうが、意味がわかりにくいかもしれませんね。

それはつまり、局所的って意味ですが、もっとちゃんと説明します。

テレビの天気情報では、外気温が33度と発表されているのに、家の温度計で外気温を測定してみると37度だったりします。

室内の気候は、外気温だけではなく、住まいを取り巻く環境で、かなり変化するものです。

そのような住まいと、その周辺に限った局地的な気候のことを、微気候(マクロクリマ)と言います。

 

 

微気候はデザインすることができる

室内気候だけをコントロールするエアコンに頼りすぎず、植栽や建物をデザイン(工夫)することで、心地よい微気候を作り出すことができるのです。

そしてこの、心地よい微気候の連鎖が、快適な街の気候をつくることになるのです。

 

エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 つづき ←リンク貼っています。

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    ICAD/SXはカスタムすればストレスがなくなる

    ICADはデフォルト設定に配慮がありません。慣れればいいって話もありま…

  2. 方法、手法

    インスタントコーヒーがおいしくなる作り方

    コーヒーに使う水は、カルシウムやマグネシウムの濃度が低い水道水がおすす…

  3. 方法、手法

    あなたの鼻毛は大丈夫ですか?

    実に大切な役割を果たしている鼻毛。とても必要なものですが、見えるとめち…

  4. 方法、手法

    エンジンルームから悲鳴のようなキュルキュル音が・・・

    車のエンジンをかけると、『キュルキュル』と悲鳴のような異音がする!とて…

  5. 方法、手法

    ブログに全国の天気予報を貼り付ける方法

    ブログに天気予報を貼り付ける目的は、ユーザビリティの向上が目的だと思い…

  6. 方法、手法

    A4サイズを封筒にピッタリ収まるように、三つ折りにする方法

    申込用紙や手紙などは、A4サイズが主流です。それを、入れる封筒は、三つ…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 思い出

    ラーメン屋パニック
  2. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ コスト編
  3. 考え方

    わき毛を抜くと、わきのニオイがひどくなるのは本当か?
  4. 考え方

    冷風扇とミストファンはどちらが涼しいのか?
  5. トレンド

    明治のカールが東日本へのお土産の定番になる
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。