考え方

ナメクジの駆除方法・・・塩?いや砂糖?

ナメクジの駆除を考えてみた。たしか塩?いや砂糖?

夏になると、庭にはナメクジがよく現れます。

一番嫌なのは、歩いた後がキラキラ光っていること。

しかも、ナメクジは、新芽を食べるので、せっかくのいちごなどの植物が被害に合います。

 

ナメクジとカタツムリ

アイキャッチ画像はカタツムリですが、ナメクジより見た目が良いと思ったのでカタツムリにしています。

ちなみに、カタツムリの殻を取ると、ナメクジになるのか?

答えは、バツ

カタツムリの殻を取ると、カタツムリは死にます。

カタツムリの殻は、体の一部だから、切り離せば命にかかわります。

また、ナメクジとカタツムリは同じ貝類で、姿も良く似ていますが、まったく違う生き物。

 

ナメクジの駆除

ナメクジの駆除といえば、私は真っ先に「塩」を思い浮かべました。

子供のころ、ナメクジに塩をかけて遊んだことを覚えています。

子供って残酷ですよね、最終的にナメクジは死んでしまうのですが、興味本位でやっちゃっていました。

でも、今でも、庭のナメクジを駆除しているので、今の私のほうが残酷なのかもしれません。

ちなみに、なぜナメクジが塩で死ぬのかご存知でしょうか?

 

 

ナメクジが塩で死ぬ理由

塩による「浸透圧」といった難しい現象が起きるから。

「浸透圧」って言われても、ピンとこないですよね。

浸透圧をわかりやすく説明すると・・・

バスに乗ったとき、前側がいっぱいで、後部側に空間がたくさん空いていれば、後部側に移動しますよね?

これが、浸透圧のイメージ。

物質も、同じ濃さになろうとしますので、塩分濃度が少なく、水分の多いナメクジからは、水分が塩の方に移動し、塩からは塩分がナメクジに移動します。

その結果ナメクジから、どんどん水分がなくなっていきますので小さくなってしまう。

最終的には、高濃度の塩水によって、とどめをさされます。

この浸透圧を利用しているのが漬物のしくみ。

だから、漬物は水分が少なくなるので腐りにくい。

人間と違い、ナメクジの表面の細胞は、半透膜の性質を持っているので、保護されることなく水分が移動してしまいます。

ナメクジは、90%が水分ですので、最終的にはほとんどなくなってしまいます。

人間であれば、水分は60%ですし、そもそも皮膚に守られているので、塩をすり込んだとしても浸透圧の現象はおこりません。

 

 

砂糖でもナメクジは死んでしまうのか

浸透圧の現象によって死んでしまうのなら、砂糖も同じことになります。

むしろ、砂糖のほうが浸透圧の現象は大きく現れるので、塩よりも効果が高い。

駆除するナメクジに一度、試してみてもいいのかもしれません。

でも、漬物には利用しないほうがいいのは当たり前。

もしかして、おいしいスイーツが出来たりして。

ナメクジの駆除を考える・・・つづき

話が脱線していて、駆除を考えていませんでした。

私はいつも、市販のなめトールを撒いたりしています。

かなり効果があるのでおすすめできる商品。

でも、私は自作が好きなので自分で何か出来ないか考えました。

調べてみると、ナメクジはビールが大好きなよう。

そして、ビールを飲んで、酔っ払って溺死するらしい・・・?

さっそく試してみました。

ペットボトルをカットして、もったいけど、ビールを入れて一晩置いてみました。

気持ち悪いので画像は乗せませんが、翌朝見ると4匹溺死していました。

でも、ナメトールを使用したときと比べると、数が少なすぎます。

もう一晩挑戦

夜行性ですので、夜の10時ごろ、こっそり見に行きました。

すると・・・

 

ぎゃぁぁぁ~

 

見るべきではありませんでした。

20匹以上のナメクジが、ごくごくとビールをおいしそうに飲んでいます。

うっしっしー

気持ち悪いと思いながらも、それだけのナメクジが溺死することを期待しました。

翌朝、確認してみると・・・

2匹しか溺死していません。

無銭飲食

ただただ、ナメクジにビールを飲ませただけ。

このままでは引き下がれませんので改良しました。

今度は、飲んで、帰るときに、帰りにくくしてみます。

隙間から、逃げられるといやなので、テープですきまを埋めました。

そもそも、ペットボトルを重ねているので、テープで止めているほうがいい。

こんな感じです。

 

結果

同じように、夜見に行きました。

すると・・・・

ぎゃぁぁぁ~

そう、お客の数は10匹以上いることは確認しています。

翌朝、12匹溺死していました。

 

まとめ

費用対効果が悪すぎます。

私の場合は、ビールをほとんど飲まないので、この方法はもったいない。

毎日、ビールを飲む人なら、いいのかもしれません。

しかし、後の処理がキモイのでおすすめできません。

実は、ビール以外にも、水に米ぬかを混ぜたものでも試しました。

同じように効果がありましたが、なんせ後の処理がキモイ。

結論は、ナメクジの駆除に関しては、自作せず、ナメトールを使用するのがベストだと思いました。

実は、ナメトールに落ち着くまでいろいろ試していますが、ナメトールが今のところダントツで効果があります。

結局、市販品になってしまいました。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    上司や先輩から仕事を教えてもえない場合

    今は、「悟り世代」や「ゆとり世代」などと言いますが、かつては「指示待ち…

  2. 考え方

    ダニのアナフィラキシーは突然に!

    粉もんを一度開封した場合の保管は、冷蔵庫での保管が望ましいと言えます。…

  3. 考え方

    月までおよそ38万km。身近な物が月まで到達する距離になる

    答えは、約70万km地球と月の距離はおよそ38万kmなので、月をはるか…

  4. 考え方

    「ロッキー」って映画の話

    無名俳優からトップスターになったシルベスタ・スタローンは、「ロッキー」…

  5. 考え方

    肌の弾力を保つならコラーゲンを飲むよりビタミンCを摂取しましょう!

    コラーゲンの原料は想像できると思いますが、動物の皮膚や魚の骨とかうろこ…

  6. 考え方

    「形容詞」を「動詞」に変換すると話し方に角が立たない

    「形容詞」には、感情が入るのに対して、「動詞」には、感情が入らない特徴…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    ダイオキシンは、そんなに有害じゃない
  2. 方法、手法

    切れない包丁でも、きれいに切れるのはなぜ?
  3. 考え方

    「形容詞」を「動詞」に変換すると話し方に角が立たない
  4. 方法、手法

    教科書にはない機構設計ノウハウ コスト編
  5. 考え方

    ケチャップを加熱するとオレンジ色になる理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。