考え方

葬式で着用するマスクの色


日本の葬儀色は白

日本では、葬儀の色は1000年前から白と決まっていました。
また、海外では、葬儀の色は黒となっている国が多くありました。
それが、明治維新(約100年前)の頃から、欧米列強に合わせて、貴族の間では黒を着用するようになりました。
この明治維新以降では、ちょんまげをする人も少なくなり、刀を持ち歩く人も少なくなってきました。
つまり、日本も洋風化していったわけです。

死装束(ししょうぞく)

日本では、儒教の思想も入っていますが、死装束と言えば白装束(しろしょうぞく)となっていました。
時代劇の切腹シーンを見ていても、死を象徴する色として真っ白な服を着ているのを見たことがあります。
日本では、悲しみを意味する色として白を使用していました。

大切な時には白色

白色は、「新生」「再生」「穢れがない」という意味を持っています。
神聖ということで、花嫁衣裳が真っ白であるように。
結婚とか葬儀とか、大切な時には白色を採用するのが日本の考え方でした。

葬儀の時には「鯨幕」という幕がありますが、これには深い意味がありました。
日本は、自国の白色を残しつつ、海外の黒も折り合いをつけて白黒となり、最終的に葬儀を表したものとなりました。

貸衣装屋さんの都合

太平洋戦争までは、まだ黒が一般化していませんでした。
太平洋戦争で、多くの葬儀が行われるようになり、それまで採用していた白色の服では、汚れを落とすのが大変だったらしいです。
そこで、貸衣裳屋さんが、黒を全国に広めたと言われています。

さいごに

葬儀で着用するマスクが度々議論になることがありますが、白色で全く問題ありません。
コンビニなどでも黒色のマスクはあまり一般的ではないため、入手も困難です。
葬儀で、全員が黒マスクをしているのを見たことはないのですが想像しただけでも怖い感じがしますよね。
葬儀屋さんにも確認しましたが、やっぱり白で問題なく、マナー違反でも何でもないとの見解を頂きました。
何なら、鯨幕マスクを作ってほしいと思いましたが、ちょっとふざけた感じになるかもしれませんね。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

既存の電動シャッターにリモコンを増設前のページ

不動産の譲渡に伴う名義変更を行った備忘録次のページ

関連記事

  1. 考え方

    日本は破綻しなくて国民は借金などしていない事実

    借金をしているのは政府であって、国民は借金をしていません。そして、その…

  2. 考え方

    視覚障害の人に対応した記事にします!

    私は、過去の記事を振り返り、文面だけで理解できるように、句読点の位置に…

  3. 考え方

    専業主婦には休日がない

    その家で生活している者が家事をするのは当たり前です。出来ることは率先し…

  4. 考え方

    バイクに自動車用のエンジンオイルを使うとどうなるのか?

    バイクは、エンジンとミッションにエンジンオイルが潤滑しています。車は、…

  5. 考え方

    自動販売機に1円硬貨や5円硬貨が使える!

    ガソリンの自販機で1円硬貨と5円硬貨が使えるのは、経営者側のメリットが…

  6. 考え方

    いろんなモノの原価

    自販機のコーラは、1缶5円これが、自販機なら110円で、ホテルのレスト…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    工事中の様子が気になり人へ
  2. 考え方

    【衝撃の結果】勉強を時給に換算してみたら…
  3. 方法、手法

    会社や自宅にかかってくる営業電話の撃退方法
  4. 考え方

    こんな人にならないで
  5. 考え方

    ロキソニンの副作用は大げさ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。