方法、手法

ポンプダウンとは

ポンプダウンとは

ポンプダウン

エアコンの取り外しで、次も使えるようにするためには確実なポンプダウンが必要になります。

※破棄する場合でもポンプダウンは必須。

ポンプダウンとは室内機と配管パイプ内にあるフロンガスを室外機に回収し封じこめること。

 

 

ポンプダウンのやりかた

ポンプダウンの一般的な作業方法(詳細はメーカー毎確認必要)

 

専門用語をそのまま入れて説明すると

1.三方弁のチャージポートに圧力計(ゲージマニホールド)を取り付ける。

2.二方弁を全閉にする。

3.冷房運転または強制冷房運転させる。(暖房運転不可)

4.圧力計がほぼ0MPa(0kgf/cm2)になるまで運転する。

5.三方弁全閉にし、運転を停止させる。

6.圧力計(ゲージマニホールド)を外し、接続配管を外す。

 

 

出来るだけ簡単に説明すると

1.室外機の配管付近のカバーを開ける。

2.配管のバルブキャップ(2個)をスパナで取り外す。

3.送り側の細い配管のバルブをで閉める。

4.エアコンを冷房運転させる。

冬場なら強制冷房運転スイッチを押す。

5.ガスが室外機に回収されるまで待つ

6.ガス回収が終わったら受け側の太い配管のバルブを閉める。

7.エアコンの運転を停止。

冬期や周囲条件により冷房運転ができない場合は、強制冷房運転で行う。

探せば、必ず室内機のどこかにこのスイッチがある。

キャップの締付け不良・忘れは冷媒漏れとなる可能性があるので注意が必要。

 

なぜ冷房運転でないといけない?

冷房時:蒸発器(低圧)

暖房時:凝縮器(高圧)

ポンプダウンは圧力差で冷媒を引っ張っることになるので、低圧(冷房運転)からでないと引っ張れないのです。

 

 

ポンプダウンができない場合

ポンプダウンができない場合は、必ず二方弁および三方弁を両方全閉にしてから、接続配管の取り外すこと。

このとき、室内ユニットと接続配管に残っているフロン類を冷媒回収機で回収するよう努力しないといけない。

ちょっとした知識と、工具があれば自力でも出来そうだと思われると怖いのですが、素人に工事を指導するために記事にしているわけではありません。

よく、簡単そうな作業だと思われることがあるので記事にしています。

他に、計測器や専門工具、なにより知識と経験がないと危険な作業ですので、ご自身で作業することはオススメいたしません。

実は、エアコンは、取付けよりも、次に使えるように外すときのほうが難しいと職人たちは言います。

破棄する場合でも危険なことがありますので、必ず工事業者に依頼ください。

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 方法、手法

    あなたの鼻毛は大丈夫ですか?

    実に大切な役割を果たしている鼻毛。とても必要なものですが、見えるとめち…

  2. 方法、手法

    固形石鹸を液体石鹸にしてみる

    固形石鹸をハンドソープにすれば良いだけです。固形石鹸をハンドソープに変…

  3. 方法、手法

    壊れてしまったファスナーは簡単に直る!

    手芸が得意な人なら、ファスナーを新品に交換したりするのかもしれませんが…

  4. 方法、手法

    Googleの検索結果は、あなた専用だったんです。

    私も人に、「“○○ △△”のキーワードで検索したら一番初めに出てくるよ…

  5. 方法、手法

    ブレインストーミングと10個のチェックリスト

    通称ブレストと呼ばれています。これは、会議方式のひとつで集団思考、集団…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    へこんだ畳の修復方法
  2. 考え方

    依存のすべてが悪いものばかりではない
  3. 考え方

    掃除機選びのコツ
  4. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!
  5. 方法、手法

    スマホの便利な機能 パート1
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。