考え方

リモコンにアルカリ乾電池を使ってはいけない理由


久しぶりにエアコンを稼動させようと思って、リモコンを操作してみると動きません。
「あれ電池切れ?」と思って、電池を確認してみると液漏れをしていたり、白い粉が付着していたりするような経験はないでしょうか。
最悪の場合、液漏れが原因でリモコンが壊れていることだってあります。
だいたいの家電製品では、電池ケースは密閉されていません。液漏れをすると基板に流れ落ち、電気回路がショートして壊れることがあります。

液漏れの発生原因

乾電池というのは、化学反応で電気を発生させているのですが、使用中も使用していない放置期間でも化学反応が起きています。
これにより、電池内部では、ほぼ常にガスが発生しています。
一流メーカーでは、電池内部で発生したガスを吸収するための構造を設けたりしている乾電池も存在します。
しかし、異常に発生したガスが、電池内部の圧力を上昇させ、電池が破裂するような危険な状態を回避するため、安全にガスを抜く機構があります。
この安全機構が作動したとき、ガスと同時に電解液が一緒に放出されるのは宿命です。
今の技術力では、未使用の乾電池に関しては高確率で液漏れが発生することはなくなりましたが、使用中であれば、この機構は変わりませんので、液漏れのリスクは考えておかなければいけません。

互換性のある乾電池

アルカリ乾電池とマンガン乾電池は、サイズも電圧も完全に一致しているため、どちらを使用しても問題ないように見えますが、実は使い分けが必要です。
機器には「必ずアルカリ乾電池を使用ください」などの案内がある場合は、わかりやすいのですが、なにも案内がない機器だってあります。
マンガン乾電池の最大の特徴は「しばらく休ませると出力が少し回復する」特徴があります。
容量は、アルカリ乾電池よりも劣るのですが、この特徴を生かせる家電製品に使うと、アルカリ乾電池より安全に長く使用することができます。
例えばリモコンや時計など、そんなに大きな出力を必要としなく、比較的長く使うものに向いています。
あと非常用の懐中電灯なら、マンガン乾電池の方が良いでしょう。
液漏れに関しても、特性に合った乾電池を使用していると確立は低くなります。
アルカリ乾電池の最大の特徴は、電流の流れやすい電解液を使用しているため、大きな電流を取り出すことができることにあります。
例えばラジコンの本体側の駆動モーター用なら、絶対にアルカリ乾電池でしょう。
あと、普段から頻繁に使う懐中電灯ならアルカリ乾電池が良いでしょう。

乾電池の保管

一度でも使用したことがある乾電池(中古)は、液漏れをする可能性が高くなりますので、未使用の電池と別に保管し、確実に判別ができるようにしておきましょう。
使うときは、中古から使い切るように心がけましょう。
本当は、中古の乾電池は使わないようにしましょうって言いたいのですが、使える資源を使わないのは環境負荷になりますので、きれいに使い切ってほしいと思います。

液漏れした場合

アルカリ乾電池の場合、水酸化カリウムなどの電解液で、非常に強いアルカリ性です。
マンガン乾電池は、塩化亜鉛の水溶液で弱酸性です。
マンガン乾電池の方が少しマシですが無害ではありませんので同じ処置をします。
液漏れした液や白い粉を触ってしまって、誤って目に入ったときは、緊急事態になります。
もしも、目に入ってしまったら、すぐに大量の水道水で洗い流しましょう。
この時、絶対に目をこすってはいけません。
化学火傷が発生するため、目なら失明する可能性がありますので、病院に行かれることをおすすめします。
肌や衣類に付着した場合は、大量の水で洗い流すだけで問題ないでしょう。

3本以上の電池を使用する機器

3本以上の乾電池を使う場合、1本ぐらいなら逆に挿入しても家電が動きます。

善:「それは無いやろー」

瀧 :「あるよ。全部の家電じゃないけど、動作する機器は多いと思うよ。」

機器に逆接続防止の構造がない場合、動作します。
どうなるかと言うと、逆に挿入された電池に他の電池から充電されるような電気回路になります。
もちろん、こんな使い方をしていると、本来の使用時間よりもかなり短くなります。
あと、出力が低くなるため、モーターなら回転速度が遅くなったり、照明なら暗くなったりします。
このように使えてしまう機器は問題で、逆に挿入した乾電池から液漏れが発生します。
これは、アルカリ乾電池やマンガン乾電池が充電される構造じゃないのに充電しようとするため、電池内部でガスが異常に発生するからです。

さいごに

ガスを抜く機構は、おおよその乾電池でマイナス側に備わっています。
マイナス側とは、凸ではなく、平らになっている側です。
特に、これを知っていても対応はかわりませんが、初期不良でない限りマイナス側から液漏れしているはずです。
あるシーズンしか使用しないエアコンなどのリモコンなら、シーズン以外は取り出しておくことが一番確実です。
あと、電池を挿入する方向が逆になった場合も、液漏れが発生することがありますので乾電池の装着は慎重に行ってください。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

クルマへの飛び石を避ける方法前のページ

ios11の便利な機能 10選を紹介次のページ

関連記事

  1. 考え方

    打ち水は効果なし!たとえ雨水だとしても意味がない理由

    打ち水への使用を止め、植物への水やりとして使用するのが、環境に一番やさ…

  2. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 3

    病気になれば病院に行きますが、病院に行けば、たくさんの病気が治る時代に…

  3. 考え方

    悪意のあるコメントを書かれた時の対処方法

    そのような悪意のあるコメント送信者は、「スパム」として登録し、今後のコ…

  4. 考え方

    自動車の給油は必要な分だけ給油する方がメリットがある理由

    メリットとデメリットを書いてみましたが、実際のところは程度によります。…

  5. 考え方

    実は身体に良い二度寝! 正しい二度寝の方法とは

    実は、分割睡眠こそが、人間の本来の睡眠方法だったのかもしれません。22…

  6. 考え方

    時代を超える普遍的なメッセージとは

    この神話を通して伝えたいこと大切な家族がこのような状況に遭遇したとき、…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    掃除機選びのコツ
  2. 方法、手法

    インスタントコーヒーがおいしくなる作り方
  3. 考え方

    腹が立ったら横にしたらええ
  4. 考え方

    アイドリングストップは無意味
  5. 方法、手法

    とにかく蚊にさされたくない!
PAGE TOP