考え方

コラーゲンを飲むよりビタミンC!

肌の弾力を保つならコラーゲンを飲むよりビタミンCを摂取しましょう!

コラーゲンの量が減り質も低下

年齢を重ねるとともに、コラーゲンの量が減り質が低下する。
だから、肌の弾力がなくなってきたり、骨が弱くなるんです。

だからといって、コラーゲンのように分子が大きいものは皮膚から摂取することは出来ません。
これは結構有名な話です。

だから、コラーゲンは飲んで体内から摂取しましょうって話もあります。
ちょっと、冷静に考えてみましょう。

コラーゲンを飲むとどうなる?

コラーゲンは、たんぱく質の一種。
たんぱく質が体内に入ると、消化酵素によってアミノ酸に分解されます。
アミノ酸を材料にしてタンパク質を生合成します。
ですが、その種類や量はこっちが思っているようにコントロールすることはできません。

毛や爪、血液のヘモグロビンもタンパク質の一種

毛や爪を構成しているケラチン、血液の中で酸素を運ぶヘモグロビンもタンパク質の一種
分解されたアミノ酸が、どの程度コラーゲンになるかはコントロールすることはできないってこと。
さらに、運よく思ったようにコラーゲンになったとしても、そのコラーゲンが「骨」になるか「じん帯」になるか「皮膚」になるかは必要に応じて人体のメカニズムに委ねられています。
この理屈から考えると、人間の身体は不足しているところに、必要なものを補われるように出来ている。
それなら、コラーゲンが不足している人の体内では、コラーゲンに生成される可能性は高いのですが、そんなにうまくいくかどうか・・・

コラーゲンは肉や魚と同じ

結局、コラーゲン配合のサプリメントやドリンクを飲むことは、肉と魚を食べることとなんら変わらないってことになります。
だって、コラーゲンって、言い方を変えれば「ゼラチン」だからね。

コラーゲン = ゼラチン

コラーゲンの原料は想像できると思いますが、動物の皮膚や魚の骨とかうろこから抽出されます。
これは、ゼリーの原料であるゼラチンと製法が全く同じ。

コラーゲンはゼラチンとも言える

つまり、「コラーゲン1000mg配合」は「ゼラチン1g入り」とおなじ同じってことになります。

肌の潤いを保つには?

肌の張りや潤いを保ち、骨や間接を強くするにはどうすればいいのか?
それは、体内のコラーゲンを増やせばいいことになります。
体内で、コラーゲンが正合成されるために必要な栄養素が「ビタミンC」
つまり、ビタミンCを積極的に摂取するといいでしょう。

ビタミンCを多く含む食材

(左から多い順に記載)

野菜

ピーマン・キャベツ・パセリ・ブロッコリー・ケール・ゴーヤ・じゃがいも・さつまいも

フルーツ

アセロラ・グァバ・ゆず(果皮)・レモン(全果)・柿・キウイ・いちご・オレンジ・デコポン・パパイヤ・レモン(果汁)・バナナ

乾物類

緑茶(茶葉)・焼き海苔・乾燥わかめ

効果的にビタミンCを摂取するために

体内で、コラーゲンが正合成されるために摂取するなら、コラーゲンの材料になるタンパク質と同時に食べるのが一番効果的。

ビタミンCが不足すると壊血病になる

壊血病とは、体内でコラーゲンの生成ができず、血管がもろくなり各器官で出血性の障害が起きる病気で、大航海時代には海賊よりも恐れられていた病気。
また、コラーゲンは紫外線で破壊されることもわかっています。
日焼け対策も重要な要素となります。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

時代を超える普遍的なメッセージとは前のページ

値引きなどにも使える交渉ノウハウ次のページ

関連記事

  1. 考え方

    素数が強い理由

    素数は、大きくなればなるほど強いと感じています。身近な自然に関係ある素…

  2. 考え方

    食い逃げが無罪になる理由

    食い逃げは刑法上無罪になることがあっても、民法上の支払い義務は残るので…

  3. 考え方

    地球温暖化は悪くない

    気象庁の、気温上昇予測によると、年間平均で3℃あまり気温が上がり、10…

  4. 考え方

    寂しいと感じる理由

    寂しいと感じるのは「自分が誰かにとって必要な存在だと思えない」から。…

  5. 考え方

    考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

    事実とは、多くの皆が認識しておる事柄のこと。真実とは、多くの皆の認識と…

  6. 考え方

    カップ麺の消費期限

    暖かい時期の保存は賞味期限内であっても、短めにしておくほうがいいのでは…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    ファックスをメールで受信する方法
  2. 考え方

    アルバイトのサボりは損失にならない
  3. 方法、手法

    集中力を高めるための環境づくり
  4. 方法、手法

    加工硬化とは
  5. 考え方

    Web記事をコピペされないようにする方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。