考え方

実は身体に良い二度寝! 正しい二度寝の方法とは

実は身体に良い二度寝! 正しい二度寝の方法とは

善:「方法も何も、ただもう一回寝るだけじゃないのかぁ?」

瀧 :「違うよ二度寝にはポイントがあって、善ちゃんがいつもやっている二度寝は全然違うからね。」

善:「いーやっ俺の二度寝は最高や!」

瀧 :「いっいったい、どっどのようにぃー・・・最高なんでしょうか(゚д゚)! 」

善:「 『うわぁぁぁぁぁぁぁ遅刻や!』と思って起きたら『休み』って気が付いてもう一回寝る。これが何とも言えない幸福感に包まれる~(^◇^)」

瀧 :「ふーん、とっても安っぽい幸福…」

善:「やかましいわ!

瀧 :「二度寝にはね、寝る時間帯にポイントがあるんですよ。」

成長ホルモン

成長ホルモンは、子どもの時は骨をのばし、筋肉を発達させますが、代謝を促進させる働きがあります。
なので子どもだけでなく大人にも必要なホルモンなのです。
成長ホルモンは深く眠っている間に脳にある下垂体前葉から大量に分泌されて全身の細胞をメンテナンスする働きを持っています。
その非常に大切な成長ホルモンが、たくさん出る時間帯が決まっています。

22時から2時の4時間

単相性睡眠(単相睡眠)

成長ホルモンをしっかり分泌されて、全身の細胞をメンテナンスさせるためには22時(午後10時)から朝まで眠るのが良いのでしょうか。
このように一日の睡眠を一回で行うことを「単相性睡眠」とか「単相睡眠」といいます。
一般的には、この睡眠方法が当たり前のように思われていますが実はそうではありません。
若い人には理解しにくいと思いますが寝るためには体力が要ります。
それを「睡眠力」というのですが高齢になると「睡眠力」が衰えてきます。
このため一度に長時間眠れない人も世の中には大勢いるのです。
「睡眠力」が衰えると夜中に目覚めることが増えます。
そして再び眠ろうとしてもなかなか眠れなくなります。
こういった人たちは「分割睡眠」と言って二度寝をするのが習慣になるのです。

分割睡眠

睡眠は、夜にまとめて長時間眠ることが当たり前と思っていませんか?
実は「単相性睡眠」の習慣は1920年代以降に始まったものと言われています。
街灯や家庭内照明の発達によって、次第に「分割睡眠」が行われなくなり、人々の記憶からも消えてしまったようです。
現在では「分割睡眠」の研究も行われており、このような実験結果もあります。
毎日14時間、暗闇の実験室で1力月間生活する。
これは、電灯が普及する前の環境を再現した状況と同じになります。
すると被験者たちは、分割睡眠するようになりました。
被験者は4時間眠ると一度目を覚まし1~2時間起きていて、その後また4時間眠るというパターンを示しました。
江戸時代の文献を調べた歴史家が、昔の人が夜中に起きだして活動していたことを指摘しています。
トイレに行ったりタバコを吸ったりするだけでなく、近所へ出かけて友人に会うこともあったようです。

分割睡眠方法

こんな人に「分割睡眠」をお勧めします。
・夜中に目が覚めることに悩んでいる人
・夜の早い時間帯に眠くてしようがない人
このような人は無理をせず「分割睡眠」を実行してみてください。
冒頭にも触れたように22時から2時の時間帯に一回目の睡眠をとり、映画を見たりデスクワークをしたり2時間ぐらいするなど割り切って起きて行動します。
そして、夜明け前にもう一度3時間ほど就寝すれば良いのではないでしょうか。

最後に

実は分割睡眠こそが人間の本来の睡眠方法だったのかもしれません。
22時に寝るのはちょっと早い気がするかもしれませんが、この生活リズムはあなたの悩みを解決できる可能性があるとは思えないでしょうか。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

善ちゃんのテレビ出演前のページ

知ってるほうがいい、マスクの良いところと悪いところ次のページ

関連記事

  1. 考え方

    頑張るのに疲れたら

    この社会では、努力してもどうにもならないことの方が正直多いものです。努…

  2. 考え方

    ガソリンスタンドを上手に利用するコツ

    車のエンジンは気温が低く空気の密度が高い冬の方が、吸入効率が上がり燃費…

  3. 考え方

    日記を書き続けると知恵が発揮される理由

    いくら遅くなっても布団に入る前に一人で一日を静かに振り返ります。そして…

  4. 考え方

    ガス給湯器の交換を考える時期とは

    ガス給湯器というのは、生活必需品です。1日でもお湯が無ければほんとうに…

  5. 考え方

    『猫バンバン』のやりすぎで車が凹む?!

    車のメンテナンスをするためにボンネットを開けたら、鳥の骨がよくあったそ…

  6. 考え方

    事故の多い意外な家電とは

    意外に見過ごしがちなのが中古の家電。店頭や専門業者が売っているものなら…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    聞き流すだけで英語が話せるわけがない理由
  2. 考え方

    ソフトバンクの都市伝説
  3. 方法、手法

    車のオイル交換は上抜きと下抜きではどちらが良いのか?
  4. 方法、手法

    レンズから静電気を除去してほこりが付かないようにするには
  5. メモ

    昭和時代には、ほんとうにあった、今ではすごいと思う物
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。