方法、手法

ゴキブリによる住居不法侵入事件 第1回

ゴキブリによる住居不法侵入事件 第1回

住居不法侵入事件多発

彼らの不法侵入事件の発生件数は、圧倒的にあたたかい夏が多いことが特徴です。

その特徴は、金品を狙うわけでもなく、新鮮な食べ物を狙うわけでもない。

また、騒音被害もなく、部屋を汚すといった報告もない。

ただただ、ひっそりと隅に隠れ、髪の毛やフケといった、私たち人間にとては完全にゴミにしか分類されない物を、こっそりと食し、同居しているだけ。

一見、我々にとって、なんの不利益も与えないような彼らの行動ですが、なんなのでしょうか、人間のエゴとでも言うべきでしょうか、多くの人間にとって、彼らは非常に嫌われている存在です。

そう、彼らは、通称:ゴキちゃんと呼ばれる、とっても恐ろしいゴキブリのことです。

 

善:「ゴキちゃんって、それ通称なのか?」

しず:「善ちゃんは、なんて呼ぶの?」

善:「ゴキっち」

しず:「ふーん、なんかマブダチって感じ・・・ん?・・・あっ!

善:「あっ て、なんやねん!・・・あっ て。ちょっとーなにー」

しず:「おれー、用事思い出したから帰ります。」

善:「ちょいちょいちょいっ! たのむわー、なにー。なに見たん!なんか見たんやろ!」

しず:「百聞は一見にしかず、後ろのエアコンのある壁を見てみ」

 

善:「ん?ひっひぇ~

 

 

ゴキブリの侵入経路

 

エアコン

私の主観ですが、最も可能性が高いのがエアコンだと考えています。

後述しますが、私は、ここを対策してから、ほぼ家でゴキブリを見かけることはなくなりました。

 

ドレンホース

エアコンの冷房が運転されると、室内側の熱交換器には大量の結露(水)が発生します。

結露により溜まった水は、ドレンパンと呼ばれる受け皿に、回収されます。

ドレンパンから、オーバーフローした水は、室外に垂れ下がっているドレンホースより流れ出る構造になっています。

つまり、このドレンホースにより、室外と室内の経路が確保されてしまっています。

自宅のドレンホースを見ていただいたらわかりますが、まぁまぁ穴の直径が大きなホースです。

(内径φ16、つまり直径16mmの大きさ以下なら通過できます。)

ここから、侵入するのは、ゴキブリだけではありません。

ムカデやゲジゲジ、たまに蚊といった、絶対に入ってほしくないような虫がたくさん侵入してきます。

 

壁穴のすきま

エアコンの室内機と室外機をつなぐ配管を通している穴です。

気を付けていただきたいのは、配管に化粧カバーがついているタイプです。

これ、化粧カバーがあるからって、業者が手抜きをすることがあります。

善ちゃんからの報告によると、化粧カバーを外したら、パテが全く詰められていなかった物件をよく見かけるようです。

その家の人に話を伺ってみると、屋内にコウモリが居ることもあったようです。

善ちゃんの見立てでは、この穴からコウモリが出入りしていたと推測していました。

コウモリが出入りするぐらいですので、なにが出入りしているか想像しただけでも恐ろしい話です。

それ以外に、外側には入念にパテを付けていても、室内側はないことがあります。

壁の中は、外側と繋がっていますので、ここからも、ゴキブリの侵入経路となっています。

ここは、巣を作ることがあるので、とくに要注意部分です。

 

玄関のドア

ドア下は、常に隙間が確保されていますので、厚みの薄いゴキブリやムカデなら通過することが出来ます。

ドアポストがある場合、郵便物や新聞が挟まっているときは蚊やゲジゲジですら、侵入できる隙間になっているので要注意です。

 

窓のサッシ

サッシには、必ず隙間がありますので、厚みの薄い虫なら、通過することが出来ます。

次の項目からは、必ずではありませんが、家の構造によっては侵入経路になる部分です。

 

お風呂の排水口

最近の家では少ないと思いますが、トラップ構造ではない、排水口が存在しています。

トラップがあれば、トイレのように配管の途中で水が満たされているところがあるので少しはマシですが、トラップ構造のない排水口だと、ここが断トツで1番の侵入経路になります。

だって、下水道にはこんなにも大量のゴキブリがいますから。
※閲覧注意

キッチンの下部分

キッチンの下にある、収納扉を開けて、一番奥の壁を少し手で押してみてください。

この壁が、うんともすんとも言わず、動かなければ問題ありません。

しかし、少しでも歪むようであれば、建物と基礎の間に隙間があることになります。

この隙間から、薄い虫なら侵入することが出来ます。

これ、私の感覚では設計ミスではないのか?と思いますが、あとからの修正が非常に困難な場所なので、修正はできないと考えたほうが良いです。

 

通風口と換気扇

これも、通風口と換気扇の種類によれば、十分な侵入が確保できるものがあります。

 

トイレの排水口

トイレの排水口から、水のトラップを潜り抜けてくる強者もいると聞きます。

この動画は、ネズミですが、ゴキブリも同じように潜り抜けてくるらしいです。

 

 

対策方法

 

エアコン

エアコンのドレンホースの先端に、専用のキャップがありますが、ご自分で対策するなら、排水溝で使用するような網をかぶせて、結束バンドで縛るのがいいでしょう。

ただ、耐久性がなく、ドレンホースも劣化しますので、専用のキャップを装着することをお勧めします。

エアコンがポコポコなるようでしたら、おとめちゃんをオススメします。

これであれば、虫の侵入に加え、ポコポコと部屋の気圧による音もなくなりますよ。

取り付けも簡単ですので、安心して購入してもらってもかまいません。

エアコンの室内側の穴は、本体に隠れているときは、個人では対策出来ませんが、その穴までアクセスできるとすると、エアコン用パテで塞げば問題ありません。

使い方は、粘土を扱うように、穴をふさげば良いです。

玄関のドア

ドアの隙間に関しては、隙間テープで対策は出来ますが、ちょっとカッコ悪いですよね。

ですので、その他の対策出来ない場所にはトラップを仕掛けましょう。

私の一押しは、バルサンまちぶせスプレーです。

スプレーした場所を虫が通過すると、死にます。

効果の持続期間は1ヶ月ですので、コストパフォーマンスは良いです。

お風呂の排水口

これは、出来るものと出来ないものがありますが、対策可能です。

後付けで、トラップを付けることが出来ますので、リフォーム会社に見積もりを依頼すればいいかと思います。

リフォーム会社は、悪質なところが多いため、注意が必要です、私たちの近くにお住まいでしたら、優良会社を紹介いたします。

 

善:「うん、それはな、侵入する前の話やろ?すでに不法侵入している奴はどうするねん!」

しず:「あ、それ、大丈夫!今から対処方法を言います。」

善:「俺は今、そっちのほうが気になるぞ。早く教えてー」

しず:「まず、ティッシュを1枚手に取ってから・・・」

善:「それから?」

しず:「直接、捕まえます。それだけ」

善:「そんなことしたら、ぬるっていう感触がモロに伝わって、気絶するわ!」

善ちゃんが言っているように、勇者でもない限り、出会ってしまった時の対処方法は非常に難しいです。

その対処方法については、第2回に続きます。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    使い捨てカイロの有効利用方法

    電気カイロのように、ONとOFFのスイッチがあったら、結構長持ちします…

  2. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)基本操作ガイド編

    CADというのは、意外に最低限のオペレーション機能だけで実は業務をまか…

  3. 方法、手法

    交渉では絶対に相手を倒してはいけない理由

    人というのは、仲間にしてもあまり得することがありませんが、敵にしてしま…

  4. 方法、手法

    あなたの鼻毛は大丈夫ですか?

    実に大切な役割を果たしている鼻毛。とても必要なものですが、見えるとめち…

  5. 方法、手法

    メガネがないときの緊急処置方法

    視力の悪い人の世界は、視力に不住していない人からすると想像も出来ない状…

  6. 方法、手法

    ドイツ特許庁から特許公報・公開公報を参照する方法

    ドイツ特許庁のホームページでは、世界の登録公報データ・公開公報データが…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 思い出

    あなたは、オバケを見たことがありますか?
  2. 方法、手法

    ゴキブリによる住居不法侵入事件 第2回
  3. 思い出

    生涯で一度しか笑ったことがないニュートン
  4. 考え方

    洗濯機はカビの製造工場みたいなもの
  5. 思い出

    鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。