考え方

毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない

毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない

民間給与実態統計

国税庁は、公式サイトにて「民間給与実態統計」を毎年公開し、最新の年収事情を明かしています。

国税庁が調査を行う背景には、収入を統計的に把握することで租税負担の参考にしたいという思惑があるといわれています。

調査結果(平均年収)
平成25年414万円前年比1.4%増加
平成26年415万円前年比0.3%増加
平成27年420万円前年比1.3%増加

あなたもニュースで、このような数字を見て、自身の年収と比較して肩を落とすことはないでしょうか?

安心してください、国民の60%は平均年収以下。

なぜなら、国税庁が発表しているのは平均値であって、中央値ではないからです。

年収の水準を調べるのに、平均値ではなにもわかりません。

下図の赤い棒が平均値となりますので、平均より低い人の数が大部分を占めているのがわかります。

 

 

平均値と中央値

平均値と中央値でどう変わるかを説明します。

判りやすくするために日本国民を9人にして説明するのでご覧ください。

年収月収
1人280万円23万円
2人850万円71万円
3人260万円22万円
4人800万円67万円
5人300万円25万円
6人500万円42万円
7人320万円27万円
8人250万円21万円
9人230万円19万円
平均値421万円35万円
中央値300万円25万円

これを民間給与実態統計結果として発表します。

平均年収 421万円

結果を見ても判るように、年収が421万円の国民はおらず、国民の67%が平均年収以下となっています。

なので、ほとんどの国民が自身の年収と比較したときに乖離があるのはこのためです。

これは平均値で発表するからであって、中央値で発表すれば違和感なく受け入れられることが出来ます。

 

例を中央値で見ると、平成29年 300万円

どうでしょうか、実際にはこの年収に近い人がほとんど占めているので納得感がありますよね。

では、なぜ国税庁に務めるような頭のいい方たちは平均値で発表するのでしょうか?

この調査の目的は、租税負担の参考。

もしかすると、税金を上げるための材料にしているのかもしれません。

たしかに、日本の借金を見ると火の車。

増税したい気持ちもよくわかります。

民間の会社経営なら、すでに倒産しています。

会社経営の観点で考察すると、売り上げはコントロール出来ないが、出費はコントロール出来るのが鉄則。

まずは、自分がコントロールできる出費を減らすことが簡単で即効性のある立て直しなんですが、なぜやらないんでしょうね。

ほとんど活用されていない、大赤字の施設運営を見直すとか、素人でもすぐにできそうなものがゴロゴロあります。

日本の国民は働きアリのようにまじめなので、リーダーシップを間違えなければ今からでも十分に立て直せる体力を持っています。

ただし、今のように売り上げを上げることしか考えが及ばないようであれば、近い将来破綻するのかも知れません。

ポートフェリオの分散(卵は同じ籠に入れるな)を考えると、日本円だけで貯蓄するのは危険と言えますね。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    洗濯機はカビの製造工場みたいなもの

    洗濯機はカビが爆発的に増えるすべての条件を満たしてしまっていることが多…

  2. 考え方

    自己肯定感を高めたいのに、それを邪魔してしまう習慣とは

    主体的な意図を持つことはとても大切ってこと。遠慮や謙遜をしないで、なん…

  3. 考え方

    ガス給湯器のエコジョーズはお得なのか?

    業者の中には、「ちょっと効率がいいだけで、機器の価格が高いのでおすすめ…

  4. 考え方

    車の内部循環と外気導入は普段どうするの?

    基本は、外気導入多くの車に搭載されている取扱説明書には、通常運転時は、…

  5. 考え方

    カップ麺の消費期限は?

    暖かい時期の保存は賞味期限内であっても、短めにしておくほうがいいのでは…

  6. 考え方

    ガソリンスタンドを上手に利用するコツ

    車のエンジンは気温が低く空気の密度が高い冬の方が、吸入効率が上がり燃費…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    電卓によって計算結果が違う理由
  2. 方法、手法

    使い捨てカイロの作り方
  3. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 通風編
  4. 方法、手法

    EWWW Image Optimizerでブログの画像容量を減らしてみた。
  5. 思い出

    忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。