思い出

究極の選択は突然に訪れる

究極の選択は突然に訪れる

工事現場

善ちゃんに話を聞くと、電気工事の現場と言うのは、常に危険と隣り合わせのようです。
高所で作業をするための2段はしごを使っている時でも、両手を離した状態で作業することはよくあるみたい。
慣れとは恐ろしく、はしごが少々ぐらついていても全く気にならないようになってくるものだと彼は言う。
それは、はしごがきれいに使える現場ばかりではないから。

ある現場で、はしごが異常に傾いていても気にならないようになるほど、順応していた。

いつものことです。

普段と変わらない作業のなかで事件は思いのほか突然に訪れた。

彼の天然レーダーはふわふわした感覚をビビッっと察知した。

しかし、時すでに遅し、はしごが壁から離れてる。

そして、とっさに掴もうとした雨どい…

しかし、雨どいはそんなに丈夫に作られていない…

このまま掴んだら雨どいを壊してしまう。

しかし、掴まないことは死ぬことさえ覚悟しないといけない。
(お客さん宅で死ぬのも大迷惑な話)

時間にして1秒もない時間

この1秒もない時間で人生の究極の選択を迫られることになるとは彼は災難。

しかし彼はポジティブ

なんの根拠も無く「死ぬことはないだろう」と思ったそうです。

彼は雨どいを掴むのをやめ、流れに身を任すことを決断した。

九死に一生を得たと言えば大げさな話ですが、幸いにも軽傷で済み、倒れたはしごで何かを破損することはなかった。

正義感にあふれる熱血派の彼ならではのエピソード。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない前のページ

特定ページを個別に、記憶したIDやパスワードを削除する方法次のページ

関連記事

  1. 思い出

    善ちゃんのテレビ出演

    善ちゃんの同級生には、エバンゲリオンの飛鳥の声優をしている人が居ます。…

  2. 思い出

    レストランのアルバイト マニュアル編

    100回 同じ事を言っても、その答えは100回共同じ同じことを何度も言…

  3. 思い出

    「UPがHOT」?これって英語だったんですか!

    一呼吸置いて落ち着いた様子で彼の説明は続くのだが、第一声に「UPがHO…

  4. 思い出

    子どもをくじく、大人の一言

    私にも、救われた一言と、心をくじかれた一言があります。たった一言、言っ…

  5. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  6. 思い出

    告白はどこへいってしまったのか

    何故に、わざわざ呼び出されて告白を受ける立場だった私が、頼んでもいない…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?
  2. 考え方

    冷え性の原因はエアコンの冷房?
  3. 方法、手法

    エアコンを自分で取り付けする方法
  4. 考え方

    受託と請負の違い
  5. 方法、手法

    幸せになるための方法
PAGE TOP