考え方

コーヒーの最適な飲み頃をキープするカップ

妻への今年のクリスマスプレゼントはこれで決まり!

コーヒーを飲むルーティン

まずキッチンで、お湯を沸かします。

カップにコーヒーの準備をして、お湯が沸くまでしばらく待ちます。

お湯が出来上がったところで、カップに並々と注ぎ、テーブルまで運ぶ。

ここからがカウントダウンとの戦い。

すぐに飲みたいところなんですが、そんなことをしたら舌がやけどする。

コーヒーが冷めるのを見計らって、飲みごろまで待つ・・・

 

この空き時間に何かするのは非常に危険、下手すると温め直しから振り出しになることも!

そして、飲みごろの温度で、味わいながら且つ勢いよく飲みます。

ここで、ぜんぶ飲み干すことができれば、全ておいしく飲めるのですが、なかなかそうはうまくいかない。

作る量にもよりますが、約300ml近く作った場合、だいたい30~50%ぐらいのコーヒーは、ほとんど冷たくなってから渋々飲むことになります。

コーヒーが一番おいしく飲める温度は約58℃

そう、意外にコーヒーをおいしく飲み干すには忙しいしコツがいるんです。

こんなことを意識して飲む人はほとんどいません。

コーヒー好きな私でもこんなカウントダウンに付き合いません。

だから、150mlぐらいの量で作るのが良いのでしょう。

冷めた嫌なコーヒーを二度と味わわなくて済む方法があるなら、それは何にも代えがたい満足感をもたらしてくれると思っていました。

ハイテクマグカップ

ものすごく良いマグカップを見つけました。

コーヒーがとても好きな私にとって、これほど最適なものはない。

マグカップと考えると少々高価ですが、それなりの価値はじゅうぶんありそうです。

私たちは、舌をやけどするほど熱いコーヒーやぬるすぎるコーヒーが、どれほどまずいのかをよく知っています。

通常、マグカップのように大きなコップに入れれば、300mlぐらいのコーヒーが入ります。

でも、おいしく飲めるのはせいぜい半分くらいではないでしょうか。

できればコーヒーを、ゆっくりと最後まで飲みごろの温度で飲むのが理想。

ハイテクマグカップ「Ember Ceramic Mug」があればその理想が手に入るかもしれません。

このマグカップは約300mlのコーヒーを、望むだけ好きな温度に保ってくれる優れモノ。

専用アプリを使えば、コーヒーの温度を細かく設定することもできます。

そんなことをしなくても、デフォルトでいくつかの温度が準備されているので選べばよいだけ。

ちなみに、初期設定は57℃

 

飲むときの最適温度

あらゆる飲み物には、飲むときの最適温度があります。

先ほども記載したようにコーヒーなら約58℃

舌を火傷することもなく、最適な温度でコーヒーの風味を十分楽しみながら最後まで飲むことができる。

さらに、このマグカップは設定温度を何時間でも保ってくれる。

ちなみに、白湯も同じような温度が一番良い

考えてみると、他にも利用方法はいくつもありそう。

 

マグカップのテクノロジー

私の仕事は、研究開発なので、このマグカップのテクノロジーがいかにすごいのかが想像できます。

何かを温めたり冷やしたりするのはとても単純で簡単。

でも、保温はかなり難しい技術なのです。

ちょっと、ピンとこないかもしれませんが、液体を保温するためには、循環をコントロールしないと実現できません。

液体は、温かくなると上に移動し、冷めると下に移動する性質があります。

この製品には、対流をつくる技術があることが想像されます。

そして、家電に一番求められることはデザインです。

バカでかくて、かっこわるいマグカップになってしまうと、いくら性能が良くても買う人は極端に少なくなります。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    バイクにスクリーンと屋根があると快適な理由

    屋根付を乗るようになってからは、これ以外考えられないというのが職直な感…

  2. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くない

    気象庁の、気温上昇予測によると、年間平均で3℃あまり気温が上がり、10…

  3. 考え方

    ナメクジの駆除方法・・・塩?いや砂糖?

    費用対効果が悪すぎます。私の場合は、ビールをほとんど飲まないので、この…

  4. 考え方

    月までおよそ38万km。身近な物が月まで到達する距離になる

    答えは、約70万km地球と月の距離はおよそ38万kmなので、月をはるか…

  5. 考え方

    ガソリンスタンドを上手に利用するコツ

    車のエンジンは気温が低く空気の密度が高い冬の方が、吸入効率が上がり燃費…

  6. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由

    今の自分のからだが、なにを求めているのかを見極める必要があります。この…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法
  2. 方法、手法

    T字のカミソリを通常よりも長く使うためには
  3. メモ

    Search Regexのエラーについて
  4. 方法、手法

    車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?
  5. 方法、手法

    三相交流が理解できる話
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。