考え方

止めたほうがいいクルマの習慣とは


据え切り


停車した状態でハンドルを回すことを「据え切り」と呼びます。
パワステが無かった時代では、腕力のある人しか出来なかった技で、とてもクルマに負荷のかかる動作です。
もちろん、人間の腕にかかる負荷も相当なものですが、クルマにかかる負荷は想像以上に厳しのです。
だから据え切りをしてしまうと、足回りの寿命が極端に短くなります。
最近では、ほとんどのクルマがパワステだから、女性でも楽に据え切りが出来てしまうので、とてもやっかいです。
軽自動車の重量は1トン以下ですが、コンパクトカーの重量になると1トンを超えます。
前後重量配分を無視して、コンパクトカーを1トンだとすると、単純計算すると1個のタイヤに250kgの荷重があることになります。
これだけの荷重がある状態で、無理やりタイヤを動かした場合、タイヤが消耗するのはわかりますが、サスペンションやステアリング系統も大きな負荷を与えることになり、確実に寿命を縮めることになります。
ハンドルを回すときは、ほんの少しでもいいので、走りながら切るようにしましょう。

クルマ止めに当てて駐車


クルマ止めが設置されている駐車場にクルマを停車させるとき、ほとんどの車がタイヤ止めにタイヤが当たった状態で停車しています。
でもこれ、止めたほうが良いです。
わずかとはいえ、タイヤとサスペンションに負荷がかかりっぱなしになります。
クルマ止めがある駐車場では、クルマ止めにタイヤが当たったら、少しだけ前に出しましょう。
それと、クルマ止めに勢い良く当てるのもサスペンションの寿命を縮めることになります。
こうやって、クルマ止めから少し離して駐車していると、知識のある人が見ると、賢い駐車をしていると思われるでしょう。

AT車の「P」レンジ


AT車の「P」レンジは、ギアを金属のツメで、機械的にロックする機構を持っています。
このため、サイドプレーキを引かなくても、完全にロックされて動くことはありません。
これを知っている人は、サイドブレーキをあえて引かない人がいるようですが、絶対に止めたほうが良いです。
ギアを「機械的にロックしている」ということは、逆回転の力がかかってしまうと、ツメがギヤに噛み込んでしまって、外れなくなる可能性があります。
走ろうと思って、エンジンをスタートしても「P」ポジションから動かせなくなるかもしれません。
この構造が理解できれば「P」レンジにいれるのは、完全に停車して固定してからってことが判ると思います。
正しい手順をおさらいすると・・・
1.ブレーキで停車
2.サイドブレーキで車を固定
3.「P」レンジに入れる

ハンドルを切った状態で駐車

駐車したとき、出来るだけハンドルの位置はデフォルト(元)の位置に戻すようにしましょう。
停車してから戻そうとすると「据え切り」になってしますので、上手に停車してみてください。
ハンドルを切った状態は、タイヤが曲がった状態で、ブーツと呼ばれるゴムの部品に負荷がかかりっぱなしになります。
すると、ブーツに亀裂が入り破れます。
これが破れると、グリスが流れ出てしまうので、タイヤのハブボルトが損傷します。
もちろん、車検も合格できないため、大きな出費になります。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

最近のクルマのフォグランプが黄色くない理由前のページ

家族が末期癌になったときの話 1次のページ

関連記事

  1. 考え方

    毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない

    今のように売り上げを上げることしか考えが及ばないようであれば、近い将来…

  2. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由

    今の自分のからだが、なにを求めているのかを見極める必要があります。この…

  3. 考え方

    予習より復習が大切な理由

    授業を受けて1時間経過すると、その授業の56%の内容を忘れると言われて…

  4. 考え方

    猫ちゃんからのプレゼント

    猫を飼ってたことがある方なら、必ず知っているエピソードの数々果たして、…

  5. 考え方

    ナメクジに砂糖をかけると死ぬ!

    費用対効果が悪すぎます。私の場合は、ビールをほとんど飲まないので、この…

  6. 考え方

    腹が立ったら横にしたらええ

    おばあちゃんの口癖むかし、おばあちゃんがまだ生きていた頃、誰かが「もう…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    アメンボから連想する大きな水たまりの話
  2. 方法、手法

    いろんなワインコルクの開け方
  3. 方法、手法

    大量にレモンを入手した場合どうしたらいい?
  4. 方法、手法

    新鮮な卵をゆでると殻がむきにくい理由
  5. 考え方

    いろんなモノの原価
PAGE TOP