考え方

サブリミナル効果って、今でも信じる人いるのかな?

サブリミナル効果って今でも信じる人いるのかなぁ

無意識に働きかけるメッセージの嘘

「映画の上映中、コンマ数秒のコーラの写真を紛れ込ませておくと、観客はコーラがのみなくなる」

この逸話で有名になったのがサブリミナル効果ですが、実は嘘でしたってことが証明されています。

サブリミナル効果は、アメリカの広告マンで、市場調査の専門家でもあるジェイムズ・ヴィカリーが1957年に提唱した説。

 

サブリミナル効果とは

ヴィカリーは、16週間の間、映画を見に来た4万5000人に、「コーラを飲め」と指示するフラッシュ映像を、紛れ込ませた映像を見せる実験を行いました。

この映像は、目では認識できないほど一瞬しか映らないものですが、「観客の無意識にはそのメッセージが刷り込まれ、購買意欲を促すことが出来る」というのが、ヴィカリーの主張でした。

実験の結果、コーラが18%、ポップコーンは57%売り上げを増やしたと、彼は発表した。

 

アメリカ国民の製造業者は狂喜乱舞

この結果に、アメリカ国民の製造業者は狂喜乱舞しました。

また、洗脳の危険性などを問う、議論が国内で白熱しました。

 

 

度々行われた再現実験

カナダ放送協会が「クローズアップ」という人気番組の中で、視聴者に、局に電話するように訴えるフラッシュ映像を400回も流しましたが、電話をかけてくる者は1人もいなかった。

ヴィカリーと同様の実験を、アメリカやカナダの大手テレビ局が行いましたが、ヴィカリーと同様の結果は得られませんでした。

 

サブリミナル効果の信頼性がゆらぐ

サブリミナル効果の信頼性がゆらぎ始めた頃、ある心理学科の大学生が、ヴィカリーの実験に使われた映画館を訪ねた。

実際に映画館に訪れてみると、実験の期間内にその人数を収容するのは不可能なほど、小さな映画館だったことがわかりました。

そこで、映画館の館主にも話を伺ったところ、「そのような実験は行われていなかった」とあっさり認めたから驚き。

 

ウソの告白

1962年、ついにヴィカリーは、今までウソをついてきたことを、広告専門誌のインタビューで語りました。

「実は、実験などは行っていません」・・・と。

つまり、サブリミナル効果なんてものは、存在しないと、はっきりと告白しました。

 

 

ヴィカリーがウソをついた理由

当時、ヴィカリーが経営していたコンサルタント業の会社の業績が悪化していました。

なんとかそれを回復させるために思いついた苦肉の策が「サブリミナル効果」だったと告白。

ヴィカリーがウソをついた理由は、自ら経営していた会社を守るためでした。

 

サブリミナル効果は信じ続けられた

ヴィカリーがウソだと告白した後でも、サブリミナル効果は信じ続けられました。

提唱者である、ヴィカリーがウソだったと告白したにもかかわらず・・・

2006年に行われたアメリカの調査結果によると、国民の80%以上の人がサブリミナル効果を信じているという結果がでました。

その中には、心理学者や広告業者も含まれているのが驚き。

 

サブリミナル効果は信じ続けられた理由

なぜ、こんなことになるのか?

答えは簡単、世間の多くの人は権威のある者のいうことを信じ込みやすい傾向にあります。

サブリミナル効果の悪用と戦うアメリカの作家で、ウイルソン・ブライアン・キイは、社会の中で利用されているサブリミナルメッセージと戦うことを使命としていました。

キイのように、たとえ誤りであると証明されている説であっても、権威ある者がその存在を認めてしまえば、世間にそれが誤りであることをわからせるのは、非常に難しいようです。

 

オウム真理教でも利用された

日本でも1995年に、日本を震撼させたオウム真理教の教祖の写真が、教団とは関係ないテレビやアニメの中で、肉眼では捉えきれないほどの短い時間映っていたことが騒がれたことがありました。

オウム真理教が、テレビを利用して、サブリミナル効果を使って信者を増やそうとしているのでは?

当時はそのように危険視されました。

当時の郵政省が、テレビ局に厳重注意を行うまでの問題に発展。

嘘か本当かわかりませんがこの騒動は、アニメ制作会社のいたずらだったと判明したようです。

でも、この当時でも、たくさんの国民がサブリミナル効果を信じているからこそ、このような騒ぎに発展したのが原因だと思います。

 

睡眠学習

サブリミナル効果より以前に、睡眠学習といった、潜在意識に働きかけるものとして話題になったものがありました。

これは、1956年に否定されて、消えてなくなっていたのですが、サブリミナル効果の出現により、息を吹き返しました。

1970年代には日本でちょっとしたブームにまでなりました。

もしかすると、今でもこのような潜在意識に働きかけるような悪しき副産物が現代に残っているのかもしれません。

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    自分と相手を大切にする表現技法

    人間は、自分の気持ちや考えを表現したいと思い、希望を聞いてほしいと願う…

  2. 考え方

    入学祝いに贈りたいもの

    人生において、学びとは最高の贅沢だと、私は思っています。小学校の教育が…

  3. 考え方

    電卓によって計算結果が違う理由

    簡単な計算なら、100円ショップで売っているような電卓でも問題なく計算…

  4. 考え方

    受託と請負の違い

    請負(うけおい)とは、受託(じゅたく)に含まれるものですが、契約の内容…

  5. 考え方

    居酒屋やレストランには、このサービスを取り入れて欲しい

    デートサイトで知り合った相手が、サイト上のプロフィールと違う?なんだか…

  6. 考え方

    【狙われる!】もしも家の鍵がこれだったら、20秒で開けられます

    ドアに付いているのぞき窓は、外から簡単に外すことが出来てしまいます。で…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    処方箋の説明書を拒否して情報提供料の100円を節約する
  2. 方法、手法

    カニの足は、特別な道具がなくても綺麗に食べることができます!
  3. 考え方

    エアコンの引越しは単独で依頼するべき
  4. 考え方

    『適量のお酒は健康に良い』は嘘だって話
  5. 思い出

    「ワシントンの斧」の話はどこが逸話なのか?私の心の叫びを聞いて欲しい
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。