トレンド

生態系の頂点にいるものは何?

生態系の頂点にいるものは何?

グリーンランド・シャーク

しず:「善ちゃん、『 グリーンランド・シャーク』って魚を知ってる?」

善:「あぁ、それって、サメか?」

しず:「すっすごい!」

善:「なにが、『すっすごい!』や、バカにするな!」

しず:「俺はてっきり、『 そんなもん知るわけないやろーボケー!』とか言うと思ったよ。」

善:「『シャーク』やからサメって言っただけ、全然なにも知らんよ」

しず:「それは、よかった、これで話を進めることができます。」

善:「グリーンランドと関係あるのか?」

しず:「そうそう、関係あるよ、どうもグリーンランド近辺に生息しているみたい。」

善:「で、そのよりによってそんな寒いところにわざわざ生活しているサメがどうしたん?」

しず:「いやー、このサメって、なにかとすごいらしいよ。」

善:「なんや、100年くらい生きるのか?」

しず:「このサメで、100歳って言ったら、人間で言うと小学生ぐらいかなぁ。」

善:「はぁ? 100年たってもそんなレベルにしか成長しないのか? じゃぁ、どこまで生きるちゅーねん!まさかカメよりも長生きするって言いそうな勢いやな。」

しず:「鶴は千年、亀は万年ってやつ? まさか、善ちゃんそれ信じてるの?」

善:「いくら俺だって、亀が1万年生きるはずないってわかるよ。 ただ、それぐらい長生きするってことやろ。」

 

しず:「確か、ギネスに登録された亀(ゾウガメ)が175歳やったはず。」

善:「175年前ってことは、・・・今が2017年やから1842年・・・それって・・・江戸時代?? 江戸時代から生きているって考えたらすごいな。」

しず:「ちょうど、幕末のころで、坂本竜馬が活躍していた時代やね。」

善:「まっまさか、またおまえ『ミドリザメの175歳はまだ、中年ですよ』とか、言うのか?」

しず:「ミドリザメって、なんかミドリガメみたいに言っちゃって。そうじゃないよ、グリーンランド・シャークね、正式にはニシオンデンザメって言うよ。 ニシオンデンザメの175歳は、ちょうど思春期のあたり。」

善:「マジでー!そんな生き物おるのか?」

しず:「今は、そんな生き物の話をしています。 冗談みたいに聞こえるけど、これはホント。 150歳ごろになってやっと、性的成熟期になるみたい。」

善:「150歳まで生きられなかったら・・・・・・かわいそうやな。」

しず:「そのほとんどが、150歳以上生きているから、絶滅せずに生き続けてるってことです。」

善:「なるほど! で、天敵はいなのか?」

しず:「今のところ、人間だけ。 なんせ、平均寿命は400歳なので、生態系の頂点にいるのは間違いなさそう。」

善:「今、さらっと400歳って言ったけど、それなら、ものすごく長い思春期があるってことになるな!」

しず:「うらやましそうなね。」

善:「だって、150歳~400歳って、250年も ○※?×△※○ 。」

しず:「不適切発言があったから、ピー音が入っているよ。」

善:「これが、不適切発言やったら、すでにおまえアウトやで。」

しず:「えっ、なんで?」

善:「だって、過去の記事で『う○こ』を連発している記事があるぞ。」

この記事のこと?

鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。

恋心は検便と共に消え去る

しず:「これは、小学生の男子児童向けにかいたつもりやから、セーフじゃないのか?」

善:「それだけじゃないぞ、こサイトの検索で 『う○こ』って入れて検索したら他にも出てくるぞ!」

しず:「それ、全部あなたのやらかした記事ばっかりですから。」

善:「俺もそんなに生きてみないなぁ。」

しず:「最長で、512歳のニシオンデンザメが確認されているよ。」

善:「そんなに強いの?ホオジロザメより強いのか?」

しず:「確かにホオジロザメは強いね、なんせ共食いするから強すぎるよ。ホオジロザメは共食いしているつもりはないみたい。目が悪いから確認せずに食べているみたい。でもニシオンデンザメは深海魚なので、出会うことがないと思う」

善:「なんか、深海魚ってせこいね、強そうな魚いなさそうやし。」

しず:「深海魚じゃなくても、人間以外に天敵はいないよ。」

善:「なんや、超早いスピードで泳いだりするのか?」

しず:「泳ぐスピードは、世界一!らしいよ。」

善:「ちなみに、どのくらいのスピードで泳ぐの?」

しず:「だいたい・・・時速・・・1キロちょい・・かな?」

善:「それ、世界一遅いってこと?」

しず:「だから、世界一って言ったんよ。」

善:「いやいや、逆に弱いやん!すぐに食べられてしまうやん!」

 

しず:「それが、人間以外は食べることができない。」

善:「なんでやねん!」

しず:「肉に毒があるからね。」

善:「人間は大丈夫なん?」

しず:「人間は、フグの肝臓も食べる生き物ですよ。毒がなくなるように調理すれば食べられるけど、好き好んで食べる人はいないみたい。」

善:「それって、ものすごい武器やけど、エサはどうやって捕食するの?」

しず:「そこは、確かに疑問があるよね。遅いだけじゃなくて、目も見えてないからね。」

善:「写真で見る限り、しっかりした目があるように見えるぞ。」

 

しず:「あぁ、これね。アホな寄生虫が、宿主の目を食べてしまうんですよ。」

善:「泳ぐのは遅いし、目も見えないって、マジでエサはどうしてるん!?」

しず:「このサメは確か肉食です。でも死骸も食べるので、なんでもこい。」

善:「その、死骸を食べるやつって、絶対生き残るよな。」

しず:「だから、ある意味で生態系の頂点にいるのかもしれないね。死骸を処理するのは微生物だけじゃないってこと。」

善:「なるほどね!」

 

しず:「他に質問はある?」

善:「どこまで成長するの?寿命まで成長し続けたらクジラより大きくなる?」

しず:「だいたい1年で、1cmちょっとぐらい体長が伸びて、約1.5kg体重も増えるみたい。それも死ぬまでね。」

善:「400年生きたら・・・4メートルで体重が600キロぐらい?かな」

しず:「その中でも、よく成長するサメもいるので、体長が6メートル以上で、体重も1トン以上に成長するものも確認されているよ。」

善:「よーっく、このサメの事は理解できたけど、落ちは?」

しず:「『落ち』って、落語ちゃうねんから、落ちはいらんやろ。」

善:「いるよ、会話の構成として、落ちが欲しいな。」

しず:「すっするどいツッコミ!」

善:「ごまかすな、落ちは?」

しず:「じゃぁ、自由研究のネタにしてください! 生態系の頂点を探す!みないな感じ」

善:「じゃぁって言うな! 同じようにこのサイトの検索で『自由研究』って入れたら、いくつかヒットするな。」

しず:「善ちゃん、フォローしてくれてありがとう!」

 

最後のフロンティア

2016年 ニシオンデンザメの一種で、オンデンザメが静岡県の駿河湾で生きたまま捕獲されました。

体長は3メートルもあり、どうやって聞いたのかわかりませんが、100歳だそうです。

がんばって飼育してみたけど、とても珍しい魚で、なぞが多いこともあり、7日目に死亡しました。

推定年齢は100歳だったそうなので、確実に飼育ミスですね。

オンデンザメの場合でも寿命は同じくらい長いので、ちょっとかわいそう。

2017年 現在は、東京・上野の国立科学博物館で「深海2017」の目玉として標本が展示されています。

まさに、最後のフロンティアって感じ!

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. トレンド

    リン・チーリンが慈善カレンダーを発売

    このカレンダーは、リン・チーリンさんが代表をつとめる慈善団体によるチャ…

  2. トレンド

    今更聞けない仮想通過ってなに?

    仮想通貨がなにかを知らない人がたくさんいる間は、仮想通過で稼ぐことは可…

  3. トレンド

    詐欺ハガキ

    訴訟提起などの重要書類は、かならず封書です。誰でも確認できるハガキでで…

  4. トレンド

    2017年12月6日 NHKが裁判で負けました。

    つまり、NHKは敗訴しました。新聞やテレビ・ラジオの報道を聞いていると…

  5. トレンド

    再表示されないTwitterの『重要な改定』内容とは

    これらのパートナーシップにより、Twitterは測定および分析ツールを…

  6. トレンド

    高額医療費制度。2017年8月から上限額が変わっています。

    毎年、高額医療の制度を知らないことで、払い戻しを受けられない方が非常に…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 思い出

    子どもをくじく、大人の一言
  2. 考え方

    「ロッキー」って映画の話
  3. 考え方

    男性専用車両も作るべき理由
  4. トレンド

    ビットコインの歴史と流通する理由
  5. 考え方

    日本は破綻しなくて国民は借金などしていない事実
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。