考え方

地球温暖化は、それほど悪くない

地球温暖化は、それほど悪くないのかもしれない

地球が温暖化になればよくなることも多い

「二酸化炭素が増大したことによって、温暖化ガスが大気圏に溜まり、地球は温暖化する。」

温暖化は、そんなに恐ろしいのか?

「二酸化炭素の排出は減らさなければいけない」

今となっては、これは誰だって知っている常識となっています。

地球は、本当に温暖化しているのか?

IPCCは、「地球は今後温暖化する。その犯人は人間が排出する二酸化炭素だ」と断言しています。

これに対して、多くの科学者たちが言っているのは、地球が温暖化するかは、わからないと言っていることです。

 

寒冷化しているのでは?

実は、温暖化しているとする学者よりも、逆に、寒冷化になると予想する学者が多いと言われています。

 

地球が温暖化になったらどうなるのか

案外、ここを理解している人は少ないのかもしれません。

まず、本当に温暖化しているかは、学者たちでも意見が分かれているので、棚の上に置いておきます。

善:「おれは、寒冷化がめっちゃ、気になってたぞ!」

しず:「確率で言うと、寒冷化してる。でも、まだ結論は、出てないから私も保留。」

善:「おーっ、めずらしく、逃げたな」

しず:「いや、どっちでもいいと思ってて、ただ、温暖化を悪者にするのはちょっと、おかしい気がする。」

善:「温暖化は、あかんやろぉ」

しず:「そうなん・・・、で、なにがそんなに温暖化だと悪くなるの?」

善:「すいません、続きをおねがいします。」

 

気象庁の、気温上昇予測によると、年間平均で3℃あまり気温が上がり、10月~4月の寒い冬は気温が高く、7月~9月の夏の気温はあまり上がらないと発表しています。

これは、日本が四方を、海に囲まれている環境にあるので、気温の変化が少ない立地だからです。

つまり、夏は、あまり気温が上がらずに、寒い冬が温暖になるということ。

北海道や冬の豪雪地帯にとっては、全くありがたい変化となるわけ。

気候はあくまでも、自然現象なので、多くの要因が複雑に絡み合って、異常気象が起こる可能性はあります。

でも、温暖化が原因で起こる降雨や水害、積雪などは微々たる物と予測されている。

台風という異常気象に、毎年何度も見舞われている日本にしてみれば、温暖化による降雨や積雪などは、さほど問題ない量と判断することができます。

 

 

温暖化による主な悪影響

水稲:コメの収穫量は、現在より3℃までの気温上昇では増加、それ以上の上昇では北日本を除き、減少します。

果樹:今世紀に2℃上昇するシナリオだと、ウンシュウミカンやリンゴの栽培に有利な温度帯は、年を追うごとに北上します。

病害虫・雑草:水田の害虫・天敵の構成の変化、病害の増加します。

死亡リスク:夏季の熱波画像化し、死亡率や罹患率に関係する熱ストレスの発生が増加します。

熱中症:熱中症発生率の増加。特に北海道、東北、関東で大きいです。

 

熱中症リスクよりも脳卒中緩和のメリットが大きい

温暖化による、生活や健康へのリスクは、政府や国立の研究所などから多くの報告が出ています。

しかし、どれもこれも、科学的な根拠が全くないものばかり。

生活被害として心配されるのは、熱中症ですが、これらの報告を確認すると内容は・・・

「猛暑の中でも、かまわずに野外で運動するようなケース」となっています。

そんな危険な状態で、何の手も打たないことなどありえないのではないでしょうか。

2℃ほど気温が上がるだけで、それを根拠に、熱中症の恐怖をあおるような報告も、どこか歪んでいるように思います。

 

温暖化することにより、助かる命もある

それよりも、温暖化により、冬の気温が2~3℃上がると、血管や心臓の循環器系の疾病、それよりも、命に直結する病気が緩和されるとされています。

見方を変えれば、その状況の方が、いいことだと私は思います。

狭心症や心筋梗塞を、引き起こす廃血性心疾患なども、暖かい地域と寒い地域で死亡率に大きな差があります。
この話題から、想像が付きますが、圧倒的に、寒い地域が高いです。

くも膜下出血や脳卒中なども寒い時期に多く、高血圧の人や持病を持つ高齢者には、暖かい冬の訪れは歓迎される。

 

温暖化の影響で、日本はコメ作りが問題となる

稲という植物は、もともと熱帯性のものだったのです。

それを、日本では寒冷地でも美味しいコメとして収穫できるように、品種改良を加えているのです。

ですから、基本的には温暖化になってもよく育つはずです。

でも、農林水産省からは、気温が上がると稲の収穫が減少する報告ばかり出てきます。

報告書の内容は、温暖化になっても農家や農業試験場が何の対策もしないで、ただただ、今までどおりの寒冷地に適した稲を植え続けたら収穫が落ちるといったものです。

もし、これが本当なら、温暖化といった自然現象が原因ではなく、政府の怠慢による収穫量の減少とにしか見えません。

それが証拠に、農業環境技術研究所では、稲の生育と気温についての正確な計算をし、温暖化によって水稲の収穫量は18%から24%くらい増大するといった報告が出ています。

水稲ばかりではなく、他の農産物にしても、熱帯地方があまり収穫が増えず、温帯地方では増え、亜熱帯地方では、大きく増えると予想されてた発表がありました。

地球レベルで考えても、温暖化は食糧危機を救う可能性のほうが大きいのです。

 

マラリア

温暖化によって、日本では、マラリアが大量発生すると報道されています。

マラリアは、蚊の媒介によって発病し、死亡することもある、けっこう怖い感染病です。

東南アジアの蔓延の主な原因は、下水道が行き届かないことと、衛生面にあります。

日本のように、衛生状態が整っている国で、恒久的にマラリアが蔓延するのは、あまり現実的ではありません。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    暑い夏に、長袖シャツはどうなのよ!

    生地が冷たいです。汗が出ると、さらに生地が冷たくなります。そのまま、コ…

  2. 考え方

    電卓によって計算結果が違う理由

    簡単な計算なら、100円ショップで売っているような電卓でも問題なく計算…

  3. 考え方

    おすすめの標準電卓 機能編

    電卓なんてどれも同じだと思っていませんか?私は、何も知らないときは同じ…

  4. 考え方

    ダイオキシンは、そんなに有害じゃない

    善:「じゃぁ、俺がよく行っている、焼き鳥屋って、どうなるんやろう」しず…

  5. 考え方

    あなたも知らない間に仮想通貨を使っている

    「Tポイント」なら、提携してい企業であればどこでも1ポイントを1円とし…

  6. 考え方

    専業主婦には休日がない

    その家で生活している者が家事をするのは当たり前です。出来ることは率先し…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    自動車の給油は必要な分だけ給油する方がメリットがある理由
  2. 考え方

    あの、カビキラーの噂は、本当なのか?
  3. 方法、手法

    コンビニ払いが出来る「バーコード付納付書」は、クレジットカードで支払える
  4. トレンド

    ヒヤリハットのヒアリ発見
  5. 考え方

    ネズミ講とマルチ商法の違い
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。