考え方

視覚障害の方のことを考えて、ブログ記事を見直します。

視覚障害者の方々との出会い

私は、知的障碍者や身体障害者の方々とはボランティアを通じて何人か知っていたのですが、視覚障害者の方々との出会いはありませんでした。

でも、実はすでに知り合っていたのです。

それも、2人の視覚障害者の方々と。

恥ずかしながら、私はその障害に長い間、気が付くことが出来ませんでした。

なんとなく、おかしいなぁと思ったことはあったのですが、恥ずかしながら気が付きませんでした。

いやね、それくらい健常者の人と変わりなく動いたりするんです。

スマホやガラケーも操作できるし、時間だってちゃんと把握されています。

昔、私がNHKのプロジェクトXに出演しているのを知っているから、動画を探してるとも言っていましたから。

目が見えないのに動画って・・・?

定期的に通っている整形外科には、リハビリテーション科があり、そこにでは機械だけではなく、手技療法(しゅぎりょうほう)やはりと灸も行ってくれる先生が常駐しています。

1月に一回訪れていれば、カルテを残してくれるので、気が向いたら通うようにしています。

そこで手技療法をしている常駐の先生が十数人いらっしゃるのですが、上手だなぁって思う先生が3人います。

いつも、その3人のうちの先生で指名するのですが、そのうちの2人が視覚障害者だと最近知りました。

 

 

ベッドの脇に、赤いラインの入った白い杖が置いてあるのを見つけ、「あれ?」って思いました。

 

「忘れ物?」

 

そう思いましたが、白い杖を忘れる人なんているはずありませんからね。

きっと、先生のものだろうと思いました。

そういえば、鉄道忘れ物市で、車椅子を見たことがありましたね。

きっと、電車に乗っている間に不要になった・・・なわけありません。

すいません、話が逸れましたが、白い杖を見てから先生の行動を注意して見ていたら、視聴覚障碍者だと気が付きました。

それくらい、わかんないんですよ。

とても自然で、身なりもきれいだし。

 

先生に確認

しず:「先生は、目が悪いのですか?」

先生:「はい、重症です。」

しず:「今は、笑うところですか?」

先生:「はい、私の鉄板の持ちネタですよ」

こんな感じで、はっきりと答えてくれたのでやっと吹っ切れて、いろんな質問をしました。

 

時間は、どうやって把握しているのか?

触読式の時計があるようです、腕時計でも、セイコーからガラスの蓋が開いて触れる腕時計もあるようです。

読み上げてくれる時計もありますが、他の方の迷惑からといって、触読式を使っているようです。

 

スマホはどうやって操作しているのか?

iPhone限定になるようですが、視覚障害者でも使えるように画面を読み上げてくれる機能が標準装備されているようです。

調べてみると、確かにありました。

iPhone SEで確認してみると、「VoiceOver」という画面読み上げ機能がありました。

おそらく、iPhone4以降ならすべて標準装備されています。

 

設定方法

「設定」 →「一般」 →「アクセシビリティ」 →「VoiceOver」で読み上げ機能を「ON」にすれば完了

 

ただこれ、PDFファイルは読み上げないようです。

たまに、バスの時刻表とかがPDFファイルであることが多いみたいで、非常に困ると言っていました。

さっそく、私の近隣のバス会社2社には、改善要望を出させていただきました。

私もブログ記事で良く使いますが、「百聞は一見に如かず」と思って、画像などで、説明をわかりやすく書いているつもりでも、視聴覚障害のある人にとっては、理解しにくいってことでした。

 

メールは使えるのですか?

受けるのは読み上げるから問題ないのですが、文字を打つときは、スマホでもできるのですが、はやりガラケーのハードボタンが操作しやすいそうです。

ですから、ガラケーがなくなることに少し不安を抱えているようでした。

その他には、実際のキーボードをブルートゥース接続して、リアルブラインドタッチ!

確かに、ガラケーは製造コストがスマホの2倍ほど要りますし、売値も安いですから儲かりません。

メーカーとしても作りたくない商品かもわかりませんが、カシオが電卓を残したように、富士通さんにも最後までガラケーを生産し続けてほしいと願います。

 

まとめ

私は、過去の記事を振り返り、文面だけで理解できるように、句読点の位置にも気を付け、少しずつ修正していきます。

そして、これからの記事もし聴覚障害者の方を意識した表現を心がけるようにしようと心から思いました。

まさに、そういった人たちには、ぜひ読んでほしいと思うからです。

そして、駅やバス停で、白い杖を持っている人を見かけたら、勇気を持って座れるようにサポートしてあげてほしいと願います。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    洗濯機はカビの製造工場みたいなもの

    洗濯機はカビが爆発的に増えるすべての条件を満たしてしまっていることが多…

  2. 考え方

    ボウリングとカーリングの違い

    なぜブラシで氷の表面をこすると狙った方向に曲げたりしてコントロールでき…

  3. 考え方

    清潔に見える「ジェット式の送風タオル」が不潔な理由

    あなたは普段、トイレで手を洗った後のタオルはなにを使用していますか?使…

  4. 考え方

    意外に後悔する室外機の設置場所

    室外機は外に設置するので、施工時は案外気にならないものです。しかし、い…

  5. 考え方

    自動車の給油は必要な分だけ給油する方がメリットがある理由

    メリットとデメリットを書いてみましたが、実際のところは程度によります。…

  6. 考え方

    「形容詞」を「動詞」に変換すると話し方に角が立たない

    「形容詞」には、感情が入るのに対して、「動詞」には、感情が入らない特徴…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    バイクにスクリーンと屋根があると快適な理由
  2. 考え方

    家族が末期癌になったときの話 4
  3. 方法、手法

    血糖値を下げる対策!あなたはすでに糖尿病の予備軍かもしれない。
  4. 方法、手法

    あずき枕の作り方! 小豆(あずき)の不思議な効能を紹介します。
  5. 方法、手法

    プレゼンのコツ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。