方法、手法

Excelのバックアップファイルを上書きするたび自動作成

Excelのバックアップファイルを上書きするたび自動作成

Excelの自動保存設定

Excelでは定期的に自動保存するモードがあります。
今回紹介するタイトルの方法ではありませんが、知らない人のために簡単に説明しておきます。
1.Excelを起動し、メニューバーから「ツール」→「オプション」の順にクリック。
「フィアル」→「オプション」の場合もあります。
※Excelのバージョンによって「オプション」の呼び出し方が違いますが、「オプション」を見つけてクリック。
2.「自動保存」または「保存」タブをクリック

「次の間隔で自動回復用データを保存する」にチェックして時間を設定。
3.最後に「OK」ボタンをクリックすれば完了。

上書きする度バックアップファイルを自動作成

この設定を有効にすると、Excelファイルを上書き保存する度にバックアップファイルと別に自動作成します。
Excel保存している同じ場所に「(ファイル名)のバックアップ.xlk」というファイルが自動作成される。
ですので先ほど紹介した機能とは違います。
初期設定では無効になっているので有効にしたい場合は設定してください。

設定方法

1.新規でExcelを起動させる。
2.新規の「Book1」のまま「ファイル」 → 「名前を付けて保存」 をクリック
3.「ツール」 をクリック
保存先を指定すると、ウィンドウの下部に「ツール」ボタンがあります。

4.「全般オプション」をクリック

5.「バックアップファイルを作成する」にチェックをする。

6.最後は、「OK」をクリック
7.「Book1.xlsx は既に存在します。上書きしますか?」と聞いてくるので「はい」をクリック
※フィアルを上書きしないと、バックアップファイル作成の設定変更が反省されませんので注意してください。

不本意な自動作成がある場合

Excelには、誤って上書きしてしまった場合のために上書きするまでの状態を自動的にバックアップする機能があります。
何らかの原因で、意図せずこの機能が有効になると上書きしたタイミングで元のファイルと同じ場所に「(ファイル名)のバックアップ.xlk」というファイルが自動的に作成されます。
もしも、思い当たる(この設定がうっとうしい!)場合は設定方法を参考に自動作成しないように設定してください。
実は、「この自動作成されるファイルをなんとかしたい!」って問い合わせが多いんです。
だから、この記事を書こうと思ったのですが、必要な人もいるかも?って思いました。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

Excelでよく見るエラーと便利なSUBSTITUTE関数の紹介前のページ

誘いや頼まれごとを4つのステップで上手に断る方法次のページ

関連記事

  1. 方法、手法

    有線のネットワークしかない場合に、Wi-Fi機器をネット接続する方法

    今の時代になっても、Wi-Fi環境がなく、有線LANしかないビジネスホ…

  2. 方法、手法

    黒ずんだ銀食器を磨かずにピカピカする方法

    銀は、確かに酸化しにくいのですが、硫化や塩化はします。銀が黒ずむ原因は…

  3. 方法、手法

    ボルトやナットを締付け過ぎたらダメな理由

    ボルトの締めすぎによる問題締めればいいってものではありません。締め付け…

  4. 方法、手法

    血糖値を下げる対策とは!

    健康診断で「hba1c」の数値に異常があり、糖尿病予備軍と診断されたか…

  5. 方法、手法

    自分でエアコンのクリーニングを行う方法

    エアコンは自分でクリーニングできます。エアコンを、取り外すことがない簡…

  6. 方法、手法

    ドイツ特許庁から特許公報・公開公報を参照する方法

    ドイツ特許庁のホームページでは、世界の登録公報データ・公開公報データが…

役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

  1. 方法、手法

    Windows10でブルーライトを100%カットする方法
  2. 方法、手法

    ルームエアコンのメンテナンス方法
  3. 考え方

    精神的に追い込まれて病院を探す時
  4. 考え方

    「形容詞」を「動詞」に変換すると話し方に角が立たない
  5. 思い出

    『備忘録』 阪神・淡路大震災の記憶
PAGE TOP