方法、手法

教科書にはない機構設計ノウハウ コスト編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスト(原価)を下げる設計

設計者は、モノづくりの観点を考慮しないで設計すると、大幅に原価が増えることになります。

原価が増えれば、売価も上がってしまいます。

 

価値以上に売価が上がれば、誰も買ってくれません。

コスト(原価)は、重要な要素になりますので、設計者は絶対に意識しておく必要があります。

 

モノづくりを考慮しない設計をすると、どのようにコスト(原価)が増えるのでしょうか?

 

例えば、100の長さを公差±0.03で作成と図面を書きます。

設計者は、図面で書くだけですから問題ありませんが、これ実際問題、作れるのか?ってことになります。

 

答えは、作れます。

しかし、同時にたくさんの不良品も作られます。

 

だって、100分の6しか許容がないので、機械の誤差範囲を考えれば、狙える範囲ではありません。

ですから、不良率は90%ぐらいになってしまいます。

 

つまり、10個 作成して、やっと1個納品できるレベルの製品が完成となるわけです。

 

この製品を、10個発注するとします。

不良率が90%あるとすると、100個つくって、やっと10個の部品が完成となります。

 

なら、90個はどうするのか?

破棄です。

 

ただ破棄されるのではなく、製品の材料費などに含まれます。

製品の原価を見てみます。

 

材料費:100円/個

加工費:100円/個

 

10個作成するために使用する材料費用

100円 x 100個 = 1万円

 

10個作成するために使用する加工費用

100円 x 100個 = 1万円

合計 2万円

 

本来なら、運搬費や管理費などの諸経費がありますが、便宜上なくしています。

この場合、1個の製品単価は2千円となります。

 

それなら、もっと精密な加工ができる工場に依頼すればいい?と思いますか。

工場の加工精度は、ほとんど変わりませんので無駄です。

 

失敗するのは加工者の責任だから、ロスする分を請求するのはおかしい!

そんなことを言うと、作ってくれる工場は、まずありません。

すぐに、工場が経営破たんしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

モノづくりの精度を知る

設計者は、モノづくりの精度を知っておくことが必要です。

どうやって?

 

基本的なノウハウはありますが、加工業者に直接聞くのが一番確実です。

例えば、加工業者が、「100の公差を±0.5にしてくれたら、不良率は0.01%になります。」と言えば、この公差なら問題なく作れますって言っているようなものです。

これは、ほぼ失敗しないってことですよね。

 

それは、機械の精度の範囲で十分狙える範囲であって、この公差で不良が出ると言うことは、加工者のミスなので、材料費にはカウントされないってことです。

これで、図面を書けば、200円/個で部品が作れることになります。

 

もちろん、加工業者によって多少のバラツキはありますが、そんなに大きく変わることはありません。

 

 

 

 

設計ノウハウを蓄積する

このように、加工業者からの情報は、設計において非常に重要な情報となります。

もちろん、教科書には載らないし、本にも書いていません。

 

これらの情報は、貴重なノウハウとなりますので、自分の設計ノートを作って、蓄積していくことで、いちいち加工業者に聞かなくても設計できるようになります。

ただ、加工する機械の精度も日々向上していたりしますので、定期的に情報は入手してノートを更新させておく必要もありそうです。

 

 

 

 

そんなに公差を大きく許容出来ない!

公差を大きく許容すると言うことは、それだけのバラツキがあっても、問題なく製品として成立する設計を行う必要があります。

設計者からすると、出来るだけ精密に作ってほしいところですが、現実はそう簡単には理想通りにモノづくりできません。

 

次回は、この公差をどのように意識するのか?をテーマに記事にしています。

 

 

教科書にはない機構設計ノウハウ 公差解析編←リンク貼っています。

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 方法、手法

    買い物依存症を克服するには

    すでに同様の物を持っているのに、たくさんの物品を購入してしまいます。ま…

  2. 方法、手法

    XML サイトマップ作成方法(Google XML Sitemaps)

    Googleへのサイトマップ送信は、Search Console(旧ウ…

  3. 方法、手法

    しゃっくりをすぐに止める方法 善ちゃんのレポート付き

    4.飲み物を口に含んだ状態で10秒カウント5.カウント終了後、吸いとっ…

  4. 方法、手法

    使いかけの接着剤(シリコンなど)の保存方法

    注意点としては、付箋紙にもなるような、紙の包み紙ではなく、キラキラした…

  5. 方法、手法

    美味しいインスタントラーメンの作り方(スープは自作)

    インスタントラーメンって使い方によっては、いろんな調理が出来ます。しか…

  6. 方法、手法

    パソコンにWindowsムービーメーカーがないときの対処法

    2017年の初めに、Windowsムービーメーカーのサポートが終了しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    ダイオキシンは、そんなに有害じゃない
  2. 考え方

    冷風扇とミストファンはどちらが涼しいのか?
  3. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 輻射熱退治編
  4. 方法、手法

    Googleの検索結果は、あなた専用だったんです。
  5. 考え方

    地球温暖化は、それほど悪くないのかもしれない
PAGE TOP