考え方

手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要

手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要

 

 

 

 

 

 

 

手帳型スマホケース

しっかりとガードされていて、傷に対しては死角がないように思います。

多くのスマホケースと違って、液晶画面まで保護されているので、非常に安心できます。

 

私が使っているスマホケースは、チェーンストラップも付いていますので、持ちやすさもよい感じといえます。

この手帳型のスマホケースには、ほとんどの場合にカード入れがあったりします。

 

ここに、電子マネー系のカードやクレジットカードを入れておけば、スマホだけもってコンビニなどの、ちょっとしたお出かけにも気軽に行くことができますので、非常に便利です。

 

 

 

 

注意点

閉じる機構が、マジックテープやホックなどが存在しますが、圧倒的に多いのはマグネットタイプだと思います。

このマグネットは見過ごされがちですが、まぁまぁ、磁気の強度が強いです。

 

しかも、閉じたときには、丁度カード入れの近くにセットされています。

ご自身のクレジットカードを確認してほしいのですが、黒い線がないですか?

 

これを、「磁気ストライプ」といいます。

この、磁気ストライプに磁石を長時間近づけると、磁気不良が発生する可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

クレジットカードを入れる場合

 

基本的に磁気ストライプのついたクレジットカードはいれないことが懸命です。

まぁ、厳密に言えば、磁気ストライプのないクレジットカードも存在しますので、その場合はいいと考えます。

 

どうしても、クレジットカードを手帳型スマホケースに入れる必要がある場合は、マグネットを取り外すか、マグネット以外の固定方法の手帳を選択するべきかと思います。

 

 

FeliCaなどの非接触ICカード

FeliCaは、磁気に影響されることはありません。

同じように、他の接触ICカードも影響されることがありません。

 

IC部分は問題なくても、磁気ストライプと併用されている場合は、結果的に磁気はNGとなります。

iD、Edy、QUICPay、鉄道系などの電子マネーも気になるところですが、これらも問題ないと考えてよいです。

 

私が個人的に思うのは、日本のお札は磁気インクで印刷しているので、お金に対する影響はどうなのかなぁと思ったりはします。

 

 

スマホにも磁石が入っている

スマホのマイクとスピーカー部分にも磁石が内臓されていますが、そんなに強くないので気にしなくてもいい程度だと考えられます。

 

スマホには影響ないのり所区ですのでご安心ください。

 

 

まとめ

多くの方が知っている情報です。

しかし、磁気ストライプのあるカードを昨日も見かけました。

 

知っているのかどうかわかりませんでしたが、もしかして知らない人もいるかもしれないと思ってこの記事を投稿しました。

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    自動販売機に1円硬貨や5円硬貨が使える!?

    ガソリンの自販機で1円硬貨と5円硬貨が使えるのは、経営者側のメリットが…

  2. 考え方

    自分と相手を大切にする表現技法のすすめ

    人間は、自分の気持ちや考えを表現したいと思い、希望を聞いてほしいと願う…

  3. 考え方

    演算(えんざん)って何? 計算とはどこが違うの?

    演算と計算は目的が同じであることがわかります。「演算」は、数値を処理す…

  4. 考え方

    セミの人間と似ているところ

    オスは、メスを見つけると、速いリズムで鳴きながらメスに近づいていきます…

  5. 考え方

    メガネをかけたときの、鼻の痛みを改善できるかもしれない!

    メガネを掛けると鼻が痛い人私もその一人です。フィッティングが少しでもお…

  6. 考え方

    インターネットを使って稼ぐ方法  注意編

    楽して稼ぐことは出来ません!当たり前です、楽に稼げるなら、みんながやっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    ガラス越しに写真を撮るとき、ガラスに映り込むのを防ぐ方法
  2. 方法、手法

    怒りの気持ちと上手に付き合う方法
  3. 考え方

    依存のすべてが悪いものばかりではないのかもしれません。
  4. 思い出

    告白はどこへいってしまったのか
  5. 方法、手法

    冬のバイク生活に必要なグリップヒーターの自作
PAGE TOP